2016年11月27日

わたしやっぱり気になります!*あの場所が見える場所

錦繍の京都という言葉に誘われて、嵐山を訪れました

観光客が行き交う道を、ひとつ外れただけの

そこはガイドブックには載らない静かな寺の境内

苔むした石仏の後ろ、紅に染まった地面に近寄り

ひたむきに紅葉(もみじ)の葉をかき分ける白い指先から

かそけき音がする午後のひだまり

彼女(あのひと)が探しているのは一体何?

過ぎ行く秋の名残?それとも……

そんな背中を見つめる僕に気がついたのか、

振り向いて静かに語りかけるあなた……




「ここが殺害現場ね。」


……ごきげんよう。内藤剛志、じゃない、細川俊之です。

(BGM ジャン・ミシェル・カラディック「愛の世界」)


「現場写真」じゃあんまりだから、「京都地検の女」の成増さんちのお寺

久々に秋たけなわの京都を訪れることができましたが、素人のフリー素材みたいな紅葉写真をUPするのもアレなので、帰宅して今までの写真を整理して、ようやく見つけ出したコレ出します。




目印としてここから捜せば早い

例の屋上。向こうから見えるのならば!発想を逆転するのよ!なるほどくん!ってことで、京都タワーに行ったオバサン。人物の特定は無理でも、レフ板持ったスタッフぐらいはわかりそうですね。(とんだピーピングオバサンだぜ)

タワーの入場料は大人770円ですが、望遠鏡は全部無料で、童心に返って京都中色々眺めることができるので、十分お釣りが来る感じ。もっとも「おおっ!」と真剣に見ている最中に、「カチャリ!」とコインが切れて真っ暗になる、あの感覚も捨てがたいですが。



画質上げて写真撮って拡大してみました。お庭になってるのはこっち側だけみたい。(因みにもっと安直にグーグルアースでも見えます。)






あ、ココに行った主目的は「覗き」じゃなくて、京都タワー(正確には展望ルームの1階下)が『刑事853〜刑事・加茂伸之介』のロケ地なんで、5年ぶりに上ってみたのでした。気になるとこが確認できてスッキリしたぞい。


梅雨時の降水確率が高い日はアメちゃんプレゼント特典がありました


わあい♪


地下のユザワヤもダイソーも閉店してちと淋しい

おまけ

グランドファッションのワールドがお送りするワールド・オブ・エレガンス~(na 小原乃梨子)



家事やってる時にコレかけると、「もの凄い使命感を持って働く」感して捗る(気がする)



「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する


  


Posted by いたのり at 21:38Comments(2)