2015年04月28日

京都サスペンス「地裁枝垂桜ナンバープレートの謎!桜の下には何が埋められたのか?以下略…

京都地方裁判所周囲の枝垂桜ですが、街路樹+場所柄故か、それはそれは整然と並んでおります。しかも1本1本裁判所の名入りのナンバープレート付きで、「司法のもとでガッチリ管理されてる」感がみなぎってます。

京都地方裁判所ストリートビュー(昨年のお花見ができます)


「55」


貸金請求事件のものが多かった。(消費者金融カリヨーゼ@逆転裁判3思い出したー)

東側には公示送達が掲示されており、(裁判員選任と逆転裁判のプレイを除き)できる限り関わりたくない「裁判沙汰」の一片が伺え、浮かれた花見気分が幾分削がれます。

Wikipedia 公示送達(こうじそうたつ)とは



丸太町通を臨む「75」

桜は丸太町通に面した裁判所の三方を囲んで植えられており、西側の柳馬場通側の1本めが「75」だったので、単純に「あ~、75本植わってるのねー。すごいね~。きれいねー。」と、ぐるりと歩きながら数えたら62本でした。そして反対側の最後の1本が何故か「24」。なんかモヤモヤするー。


何故「95」がある?

もう一度1本1本プレートを見て歩いたら、あってしかるべき「1」から「23」までが無く、「24」から始まって、何故か「36」の次が「86」で順に「95」まで並び、裏手に廻って竹屋町通側は「37」~「54」、東側の富小路通も「55」~「75」と順当に並んでいる。(但し「69」はプレート無し) う~ん、なんかイライラするー。


縁起をかついで「42」や「49」が避けられているわけでもない


「36」


いきなり「86」


「37」は離れている


もしかしたら他にも同種の桜が植わっているのかと、駐車場の守衛さんに尋ねましたが、紅しだれは街路樹だけだそうです。さっきから裁判所の周りをぐるぐるウロウロしてるわ、変なこと訊くわで、オバサン思いっきり不審者です。

しかし、単なる管理番号にしても、枯れた、樹勢が良くないから入れ替えたにしても不自然じゃんね?突如現れる「86」、消えた「1」から「24」、「76」から「85」の行方は?うーむ、何か匂うわ・・・これ、主婦のカン!




裏手には御所南小学校がある

ということで、2時間ドラマ地裁発京都ミステリー「枝垂れ桜のナンバープレートの謎!桜の下には何が埋められているのか?古都の花の名所を結ぶ点と線!渦巻く愛と葛藤!忌まわしき言い伝えに隠された真実が今明かされる!そして事件は意外な方向へ!やっぱり崖と温泉!?」脳内炸裂でした。



夏は涼しげな桜並木

※注・・・最近このパターンがあんまり無いので、「赤い霊柩車」の再放送ぐらいしか楽しみが無い。相棒最終回は「犯人はヤス」だったしさあ(´・ω・`) 

  


Posted by いたのり at 18:04Comments(2)