2014年10月06日

昔、豹は「雌の虎」だと考えられてた(これ豆な)*新日吉神宮

京都変なものフォルダ」入り物件。


正しく読めなかったですスミマセン

智積院近くの新日吉神宮(いまひえじんぐう)の山門におわす随臣の腰掛けに描かれたゆるキャラ


水玉模様がカワイイ豹


もふもふしててカワイイ虎





豹は「雌の虎」だと考えられていたんだそうで、この雌雄セットは襖絵や屏風で時々目にします。ここの見どころは狛犬ならぬ狛猿だそうですが、こっちのが断然ウケる。


ケージに入ってる所が猿らしいウキー!
御所の鬼門の猿同様、抜け出して悪さをするのか?



待ち受けにすることを促している。撮影自由


なんとなーく徳弘正也(ジャングルの王者ターちゃん)テイストなヒョウとトラ。大変味があるので、猿に次ぐお守りマスコットにして欲しいです。





でっかい看板に「すだじい」とあって、田舎の小学生ネーミングの「須田さんちの因業ジジイ」を思い浮かべましたが、「スダジイ」という椎の大木でした。

新日吉神宮HP






人いない・・・


神社の更に先、京都女子大の横の坂道をどんどん登って行くと、只今「軍師官兵衛」で絶賛ディスられまくり中の秀吉が眠る豊国廟です。階段メッチャ長いし日が暮れてくるし人全然居ないし、リアルに山村美紗サスペンス。撤退~。


この先は有料。人っ子ひとりいない


ここだけで300段以上ある突き落とされたら絶対アカン階段


レトロファンには、近くの東大路沿いにある「レトロ京都」がオススメです。




実際安い

昔懐かしい駄菓子屋グッズや、昭和チックな京都土産が溢れる店内には、しっぽの先が蕨みたいに巻いてるから「ワラビ」と名付けられた猫ちゃんがいました。






グレゴリ青山御来店


店頭のマッチ箱。全部欲しかった

  


Posted by いたのり at 23:52Comments(2)