2013年06月22日

こどものゆかた20*金魚と水草リターンズ

やっぱり、水草のある金魚柄が良いよね~と、「子供 浴衣 金魚」で画像検索したら、ここのブログ画像※注がゾロゾロ出てきたもんで、

ネットは狭小だわ!!!

と、草薙素子をdisっているオバサンです。

そんな中で見つけて、入手した金魚水草生地。




ペパーミントグリーンの水草がオサレ

ちゃんと普通に可愛い生地ですが、商品名が「教材用子供浴衣地」。教材つったって、あ~た、萩尾望都の「小夜の縫うゆかた」みたいに、家庭科の授業で仕立て実技があったのははるか昔・・・和裁士さんの学校用か?

ヤフオクや楽天ショップなんかを見ると、こういうレトロ金魚柄の子供浴衣や甚平は結構根強い人気があって、自分より少し年配の御婦人が、「昔あったような白地の涼しげな柄の(孫用の浴衣)が欲しい。」と、呉服店で仰っているのを目にしたこともある。


すっきりした着付けが多く、ミロリ姫は金魚の子供浴衣。中原淳一と昭和再評価?

教材用だなんて販路を自ら狭めないで、手ぬぐい等雑貨展開して、懐かしくステキな「日本の夏」を、もっと広めて欲しいです。

和風総本家、注染の取材はよ!



※注・・・一時期アクセス解析をしていたことがあって、ある日、「子供 浴衣 柄」みたいな検索ワードで任天堂からアクセスがあった。「どうぶつの森」の衣装に、金魚柄があったら嬉しいな。

  


Posted by いたのり at 01:25Comments(2)

2013年06月17日

こどものゆかた19*金魚と水玉ふたたび

ドーモ、先月からずっと人形やレトロ物コレクションの縮小(老前整理?)に勤しむオバ=サンです。

「こち亀」に、時間ができたら作ろうと思っていたが、面倒くさくなって目も悪くなって・・・という積みプラモの話があったけれど、ハンクラ趣味もこのクチで、グッズ、材料(主にアンティーク着物生地)を大量処分しました。

でも、何か作る為ではなくて、眺めているだけで楽しい品は取っとく!筆頭が昭和レトロ子供浴衣生地です。



反物まるごとどーすんだ?とツッコまれても困るが、呉服店のデッドストックどころか、リサイクル店でも絶滅危惧種。見かけたら捕獲!



メインの金魚に、水草も描かれた図柄の方が断然カワイイのですが、ちょっと古くさい、田舎くさい感じも否めない。上の2点は平成に入ってからの品ですが、水草の無い分、デザインがシンプルでオシャレな感じがします。

竺仙がレトロな白地のてんとう虫柄の子供浴衣生地を出していますが、金魚の方が需要あるのでは?と思っています。
  


Posted by いたのり at 20:05Comments(0)