2013年01月16日

田道間守命は餅屋を見守る*たまこまーけっと小道具

連休中、桝形商店街は早速、たまこまーけっと聖地巡礼の人々で賑わっていたらしいです。できればJ( 'ー`)しカーチャンも連れてって、商店街の売り上げにダイレクトに貢献してください。喜んでお買い物をして、好物を作ってくれるはず!

・・・と、訪れる信者にお願いしたいオバサンです。市内の銭湯もどんどん廃業しているから、錦湯以外のとこも入浴しに行ってください。


商店街の丸っこい鳥と言えば三条と~り、餅っぽくて可愛い



てっきり「喋る鳥だ!」と追いかけられて、こういう店に逃げ込んで・・・だと思った


背景になってた角の黄色いカラアゲ屋さんより、こっちのが好みの味



せっかくだから、京の銭湯フォルダから何店かどうぞ。下宿生のオアシス














アニメの舞台の特定の早さを競うようになっていて、オバサンの出る幕は既に無いですが、1話を見ていて注目したのがコレ。


京菓子資料館にて

北白川家の居間の床の間の掛け軸に、お菓子の神様田道間守命(たじまもりのみこと)が描かれていました。さすが餅屋てゆか、おまんやさんか。(京都ではお茶席の高級生菓子を手がけるのが和菓子屋さんで、そうじゃない店は「おまんやさん」だそうな。)

以前行った京菓子資料館の入り口に掲げられたのに良く似てたから、京アニからロケハンついでに資料を見に行ったのかなー。枡形商店街から歩いて行ける距離です。

京菓子資料館HP

吉田神社でも祀られているお菓子の神様で、手にするのは不老不死の果物、非時香菓(ときじくのかくのみ)=橘。おお、山岸凉子。


雛祭りシーズンの出町ふたば、菱餅がカラフル

次回はバレンタインネタだそうだから、その次は雛祭りネタで菱餅を作るのかな?ひちぎりは上生菓子だから違うか。


京都の雛菓子の定番「引千切(ひちぎり)」、宮中で忙しくて引きちぎって作ったからとか

  


Posted by いたのり at 02:09Comments(2)