2012年12月31日

「科捜研の女」年末スペシャル!?*京都府警科学捜査研究所分室

地元で「科捜研の女」の再放送をしているもんで、京都サスペンス聖地土産を買いがてら、確かめてみた所。


新町通から見た府警察本部。ドラマで使われるのは裏の府庁側入り口

地図で京都府警察本部界隈を見ると、府警隣に京都府警科学捜査研究所分室という表記があって、すっごい気になっていました。



通りから見ると、普通に2階建ての建物がある。ひと気もある。





府庁側から近寄ってみると・・・(特に立ち入り禁止の表示等無かった。)





おおっ!ある!!!



でも、分室。メインの研究所は署内ってことか?


ドラマだと科学捜査研究所は、S.R.I(Science Research Institute)という略称になっています。(沢口靖子らが着るS.R.Iブルゾンがカッケー!)怪奇大作戦リスペクト?S.R.I分室と言うと、白衣の牧さん(岸田森)が黙々と分析をしているイメージだ。



京都府警察HP・科学捜査研究所の活動(※現在このページはありません)

府警HPを見ると、スーパーインポーズ法やポリグラフといった、ドラマでおなじみの捜査鑑定方法が並んでいます。不謹慎だけどちょっとワクワク。





府庁、警察本部は、かつて京都守護職上屋敷のあった場所で、府庁正門の右側に石碑が立っています。うん、今も守ってる。



「科捜研の女」のロケ地の記事はこちらへ

京都府警察土産(ポリスまろん)についてはこちらへ

2015年1月追記・・・「京都府警察HP・科学捜査研究所の活動」のページが削除されているので、こちらをリンクします。

京都府警察・京都府警察のしくみ

科捜研は刑事部所属。京都府警刑事部捜査一課特別捜査係(@スペシャリスト)ドコー??


マリコさんのケータイストラップも、キョッピーからポリスまろんに変えたのかしらん?


「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する


  


Posted by いたのり at 01:39Comments(0)

2012年12月29日

京都サスペンス土産を買いに行こう!*京都府警察職員福利厚生会売店

歳末特別警戒中です。何かと物騒な世の中、警察グッズを身に付ければ、御利益あるかもしんない。


ドラマでは府庁側のこの入り口が専ら映る

・・・てことで、能天気なオバサンは、師走の京都府警察本部を訪れました。南禅寺の水路閣白川一本橋祇園巽橋と並ぶ京都サスペンス聖地だ!お土産買うどー!


南禅寺境内の琵琶湖疎水水路閣、過去の告白をしたり人質の交換場所になったり


白川一本橋(行者橋)、「おみやさん」では梅沢富美男がこのデッキでラーメン屋台を出してた


巽橋、大抵舞妓さんがセットで映るが現実は観光客しかいない

とりあえず、通りに面した入り口ではなく、ドラマでおなじみの看板のある府庁側から入らねば。


グッズを買う「警察沙汰」



で、ここに入るには、目的用件を申請せねばならないとある。門衛のお巡りさんに、「売店に用があります。警察のグッズ、できれば『科捜研の女』のマリコさん(沢口靖子)がケータイに付けているキョッピーストラップが欲しいんですが!」と言ったら、「キョッピーはもう無いかもしれませんなあ。別のキャラクターに変わりましたから。」ですと。ええええ!?

しかも売店は署の内部じゃなくて、近くの別の場所にあるそうな。あ~、もしかしてあそこ?「ミンボー相談の看板のあるとこ?」と聞けば、「よくご存知ですね。そこです。」

親切なお巡りさんに、お礼を言って移動。


府警から下立売通(しもたちうりどおり)を御苑方面に歩いてすぐ

売店の存在は知っていたが、一般利用OKだとは知らなんだ。


いかにもな売店

そして、入り口から真正面に、いきなりオリジナルグッズの並べられた什器が!お巡りさんが教えてくれた通り、キョッピーではありません。

その名も!

ポリスまろん!!!


キョッピーに代わってこの春新登場!

なんか栗を使った新作土産物スイーツみたいだな~。ポリスまろ(麻呂)じゃダメなのか?お雛様の右大臣左大臣みたいな武官スタイル(設定だと検非違使)だから、殿上人っぽい「麻呂」はアカンのんか?と、色々考えつつストラップとクリアファイルを無事購入。


麻呂


顔の形が栗(まろん)に似ている+人名の「まろ」・・・なんだそうな

京都府警HP「シンボルマスコット・ポリスまろん」

店内にはパンやおにぎり、飲み物、お菓子、衣類や日用品、文具、慶弔のし袋と色々並んでいて、以前行った海員組合の生協売店みたいな、コンビニじゃないレトロな「売店」そのものでした。


特筆すべきは書籍コーナーで、ざっと背表紙を見ただけでも、

「新訂・死体の視かた」
「現場警察官のための死体の取り扱い」
「覚せい剤Q&A 捜査官の為の化学ガイド」
「実況見分調書記載要綱」
「供述調書プロフェッショナルガイド」
「新・犯罪事実の書き方」
「解決!交番での法律相談」
「海事犯罪~理論と捜査~」
「新版・対話で見る公務執行妨害罪」


等々と、一般書店では見かけない専門書ラインナップ。読みてえええええええ~!!!「君は一流の刑事(デカ)になれ」ってのが特に!!!

※当然ですが購入できるのは警察関係の方のみ

漫画や雑誌等、娯楽方面のものはあんまり見当たりませんでした。カタイなあ。(「脅威の杜仲茶健康法」なんていつの時代のよ?ってのはあった。)「鬼平犯科帳」や「小説版・相棒」なんか置いたら、それなりに需要あるかもしんない。観光客向けには山村美紗作品を揃えて、購入者にはサービスで巻末に、ポリスまろんをあしらった記念スタンプを押してくれるとかさ。


こんなグッズも。名前例を「狩矢荘助」にして欲しい

売店の方が仰るには、全国でも珍しい署外にある一般人でも気軽に入れる警察売店で、観光や家族連れで訪れる方も結構いらっしゃって、ポリスまろんグッズは売れているそうです。ヨカッタネ。

営業時間は、午前8時から午後5時まで、土・日・祝休みです。

よ~し!京都サスペンス聖地土産、ゲットだぜ!!!


まゆまろよりずっとカワイイ。着ぐるみを作って防犯交通安全アピールして欲しい


福利厚生関係の貼り紙も色々


先日の「赤かぶ検事」では、隣の府庁旧本館1階廊下がロケに使われてた

京都府警察本部周辺についてはこちら

追記・・・平成25年度の京都府警察官募集ポスターにも、ポリスまろんが登場しました。




錦市場でお買物して貰ったステッカー

2016年、再び売店に行ってみました。
「再び京都サスペンス土産を買いに行こう!*ポリスまろん&ポリスみやこ」



「科捜研の女」を始めとする、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する

  


Posted by いたのり at 18:03Comments(2)

2012年12月24日

進化する錦のあの店

すっかり萌え商店街も認知されたのか、夏場に続いて商店街小売市場京都でお買い物!キャンペーン中だった錦市場です。



例によってここ、池鶴果実が萌えていました。つか、行く度にパワーアップしとる~。


尻尾は仕事の邪魔になるから付けないそうな

店主の猫耳は、脳波で動くタイプと普通のと2種確認!!!


店名入りのタペストリーが目を引く

萌え寺で有名な了法寺のグッズが増えとる~。

了法寺HP



友人かお客さんからのプレゼントなのかなー?と思ったら、店主自ら参拝に伺ったそうで、その日に限って寺の主が留守だったと、残念そうに話してくれました。筋金入りです。


パパが欲しがってたFate/Zero セイバー&セイバー・モータード・キュイラッシェも!

来年も何が店頭に登場するのか目が離せないお店です。ガールズ&パンツァーのPOP付きで、大洗産の干し芋を売ってください。


錦市場から四条通りに出たら、マツモトキヨシの前で何やらカメラを回してる。ローカル番組(やのぱんの生活情報部辺り)の四条ルポかな~と思って近寄ったら、加山雄三さんでした。




福寿園の本店に入っていった

団塊からジジババ世代にとっては「ぼかー幸せだなあ~」の「若大将」の人ですが、わしらゲーオタ親子にとっては、鈴木史朗氏と双璧を成す「バイオハザードが凄い上手い70代!」です。6の感想を聞きたいなっ。


全然関係無いが、小川コーヒーのロゴってガンダム00だよね

  


Posted by いたのり at 23:10Comments(2)