2012年07月13日

ちくしょう××医者ではないか*まだまだ京都のお医者さん

ここ1年以上「テニスじゃない肘」の痛みをかこつオバサンです。関係無いが、アレはもうテニスじゃないよな新テニプリ。

久しぶりに京都だったりしますが、そんな自分の目に入るのは、やはりお医者・・・。


錦市場の近く、麩屋町通にある医院

まず、ここ!
レトロ洋館マニアに広く知られる存在です。せっかくだから薔薇のシーズンに撮った写真の方を。







川島じゃなくて「革」島ってとこ、でもって外科ってとこが頗る探偵小説的です。白衣の下にチョッキと吊りズボンスタイルのお医者さんが、診療鞄を持つ看護婦さんを連れて往診してくれる世界。ケビントは黒で決まり。

中も思い切りレトロだそうで、どっかケガしたらここにかかりなさい!と豚児に言い聞かせております。カーチャン付き添うから!









柳馬場通の京都ハリストス正教会まで足を伸ばせば、探偵小説的妄想が更に膨らむこと請け合い!


虫太郎の「聖アレキセイ寺院の惨劇」を髣髴とする


次にここ!



バスで良く見る河原町通にある内科小児科医院。看板に「ナントカ屋別館」とあっても不思議じゃない佇まいです。




そしてここ!



ここも老舗旅館みたいな趣。待合室はきっと畳敷きだろうな。


これは柊家別館。和風医院建築と旅館建築は外観があんまり変わらない気がする

子供の頃通っていた地元の医院は、大きな火鉢がある畳の間の待合室でした。ほのかに漂うクレゾール、キリキリパキン!とガラスの首を折る注射液のアンプル、赤い薬のガラスの小瓶・・・うむ、懐かしい。





・・・が、大変申し訳ないが、できればあんまりお近付きになりたくない診療科目が・・・。

(と言ってるが、先日まで主婦湿疹でかかっていた地元の医者も「皮膚科肛門科」なんだよなあ。相性が良いセットに組みやすいジャンルなのか?)


おまけ・・・バアちゃんが通う地元の眼科。検査室の天井から二股ソケットの電球が下がっているステキ医院。





  


Posted by いたのり at 22:05Comments(6)