2012年05月24日

カクゴカクシゴ完了!*和ビスク「ねねちゃん」

お顔の汚れ落しから始まって、テンションゴムの交換にお洋服のお洗濯と、人形コレクションのメンテを徹底的にやってしまったオバサンです。


すっきり!


ず~っと自慢したかった隠し子1号、新入りの和ビスクの修理も完了したのでUPします。(見せられる状態にするまで大変だったの)






ドレスも当時のものに着せ替え

内藤ルネ氏が名付けて、著書で紹介されて知られるようになった和製ビスクドールの「彦ちゃん」、その女の子版の「ねねちゃん」です。


ウチの子が一番カワイイ!(親バカ)


「ねねちゃん」って誰が名付けたんだろう?

元々は「彦ちゃん」らしくて描き毛のボウズ頭、でも頭部に割れやヘアラインがある(当然だが、目の飛び出るような完品の高額品ではナイ)せいか、後から長いモヘアを適当にくっつけた、女の子にしてはひどすぎる髪型をしていました。

それを取って、代わりに適当に手持ちのモヘアの天パーウィッグを着けたら、あらカワイイ。寝起きのくしゅくしゅ髪の赤ちゃんっぽくラブリーになったので、そのまま引き続き「ねねちゃん」として過ごすことになりました。


赤ん坊のくしゅくしゅふわふわ髪って、抱っこすると丁度鼻の位置で、
くすぐったくてクシャミが出た。子育て時代を思い出すなあ



ヘッドマークは「FY」、瀬戸辺りの和ビスクメーカーか?うなじや耳のぼかし具合がリアル


モリムラドール同様に、ドイツの人形を模して作られた日本製ビスクドールですが、西洋アンティークドールっぽいバタ臭さが無い。表情が柔和で、目の大きさが控えめで、彫りも深くない。平たい顔族の子ですね。


彦根城近くの骨董店で見つけたから「彦ちゃん」だそうな


内藤ルネ曰く「今にもよだれがたれそうな口」

ブログ村の昭和レトロカテゴリーに登録していますが、これは大正ロマンの方みたいで、昭和初期のサクラビスク達より少し前の素敵なお人形です。




  


Posted by いたのり at 21:59Comments(2)

2012年05月05日

寺町猫町*本因坊発祥の地

御苑の前から寺町通を下がっていた時に見つけた物件。




神の一手!



本因坊と聞いても、オバサン、囲碁の知識はほとんど全部「ヒカルの碁」由来だもんで、藤原佐為が消えてからつまんなくなったよなあ~・・・。






ベンチというかモニュメントというか、ここで対局は・・・大理石まんまだとケツが冷えるから、やはり座布団はいるよな~・・・。


前の家もいい味わい

日当たりも良くて、ここに猫がちょこんと座っていたら大いに萌えるんですが、この日は道路工事のおじちゃん達の、格好な荷物置き場になっているみたいでした。



日本棋院の萌えキャラ(?)ヨンロは無理でも、三月書房の隣の船はしや総本店の看板猫ちゃんズが、御近所のよしみで昼寝にでも来て欲しいです。

日本棋院・囲碁パズル「黒猫のヨンロ」






エミリーちゃん


レジの向こうにシロちゃん


毛布も猫

エミリーちゃんとシロちゃんの2匹を確認しましたが、お店の方の話だと4匹飼っているとか (*´Д`)ハアハア


店頭に里親募集の貼り紙


金平糖入りの「福だるま」とあられが美味しい!


  


Posted by いたのり at 02:22Comments(1)