2011年06月29日

ちくしょう、歯医者ばかりではないか*京都のお医者さん

「テニス肘」なんてまるで遊んでいるようなムカつく名の病魔に取り憑かれて(「保健室の死神」打ち切りだよ~!)、左腕が痛くて痛くてどーにもならんオバサンです。



つげ義春の「ねじ式」のメメ(本当は××)クラゲに刺されたアンちゃんみたいに、左腕を押さえて京都を彷徨うわし・・・。


門跡!由緒ありそう!

ねじ式ごっこしながら歩くせいか、色々な医院が眼に入って面白いです。しかし、歯医者が多い・・・中京区は特に多いのか?やけに目に付くんですけど。


町家カフェ風


イイ味出してる丸太町通の医院(開いてるとこ見たこと無い)


三条通の近代建築ビルとともに目を引くレトロな歯科医院

妙に古めかしかったり風情があって、元々和洋折衷の医院建築が好きなので楽しいです。痛いのは治らないけど。





焼き小籠包

そんな歯医者の中で、特に乙女ゴコロをくすぐる可愛さをかもし出すのはここ。新京極アーケードのMOVIX京都の向かいにあります。(一軒置いて隣の焼き小籠包は熱々で美味しいが移転するそうな)


診療時間等の案内も何も無い。開業しているのか?



一見何の変哲も無い歯科医院ですが、よく見るとドアに可愛い歯のキャラクターが!


この指・・・じゃないこの歯パパ!って感じ

窓ガラスも!



外灯も!


ドアと同じデンタルな一族が!当院のオリジナルキャラか?

とにかく「歯」をモチーフに!というポリシーが感じられます。もしかすると「顔の家」ぐらい大胆にやりたかったのかもしれません。どこまで歯にこだわっているか医院内部が気になりますが、焼きおにぎり食べてて取れちゃった詰め物は、先日入れなおしてお掃除もキレイに済んだとこなのだ。


ライトアップされたとこが見たいねえ

しかし腕が痛いな。イシャはどこだ!?


三条の歯科医院前の自転車の仕出し屋さん。クウネル2010年7月号に載ってた人かな?


  


Posted by いたのり at 23:30Comments(3)