2010年08月31日

荒木先生と記念写真!*幕末維新ミュージアム霊山歴史館

歴史物大好きなパパ(歴男?)の要望で、幕末維新ミュージアム霊山(りょうぜん)歴史館に行ってきました。



どんがまの近くの酢屋の2階にも龍馬関係の展示がありますが、「入場料を考えれば、絶対霊山でっせ!!!」との、タクシーの運転手さんの推薦でこちらに。

大龍馬展(何だかデパートの物産展みたいなネーミング・・・大京都展とかさあ)」の第Ⅱ期を開催中でした。

すごい坂道

去年までは、高台寺前のねねの道に続く急勾配の坂の前を通っても、あんまり歴史館方面に行く観光客は見なかったのですが、今年に入ってからの盛況ぶり。何だかんだ言ってテレビの力は大きい。

幕末維新ミュージアム霊山歴史館HP

館内は一部を除き撮影禁止なので、詳細はHPを見ていただくとして、レキジョじゃない普通のオタクにとっても、なかなか楽しめる展示内容でした。そして、例によって変なものを探すオレ。

売店にて。海洋堂製ではない。原型師は誰だ?



同人グッズかとオモタ

2階の幕末維新シアター上映の、池田屋、寺田屋、近江屋各事件の解説が、どう聞いても竹内順子の声だったり、売店で売られる龍馬一筆箋が、月刊Asukaの硝音あやのイラストだったり。


龍馬は身長173cm

新選組コスプレ可


いかにも観光地らしい記念写真コーナーでは、荒木飛呂彦先生に似ている(逆か?)ことで有名な土方歳三と肩を並べることができたり。「銀魂京都ツアー」にもオススメな場所です。

トッシーは身長163cm

荒木先生のいつものアレ


地元の吉浜人形の「紫峰人形美術館」並みのを期待していたので、目玉の龍馬暗殺シーン再現模型が、思ったより小さかったことがちょっぴりガッカリ。あと、1階の館内BGMが「美しく青きドナウ」なもんで、幕末維新の遺物を目の前にしながら、頭ん中は映画「2001年宇宙の旅」の、月への宇宙旅客機エアリーズ号が再生されてヘンな感じでした。



東京裁判のパール判事の顕彰碑も。太平洋戦争の戦没者も祀られている。

京都霊山護國神社HP

眼前の山一体には、幕末維新の志士達の墓所がありますが、暑いから登るのはまた今度にして、高台寺の前から石塀小路を通って、「相棒」ごっこをして、平和をどっぷり享受しつつ帰りました。


四条界隈の龍馬関連の地についてはこちらへ






  


Posted by いたのり at 01:08Comments(0)

2010年08月26日

京大病院に行ってみた3*バイオハザード・SIREN編

前回からの続き。





ピカピカの最新病棟「積貞棟」の向こうにある、恐怖の人体改造研究所めいた京大病院の研究棟です。近くで見ると建物全体を鳩除けネットが覆っていて、ちょっとムードを壊しますがホラーです。







鳩はイカンが人間もイカンとは書いてなかったので、帰り際にまっすぐ廊下を突き抜けてみました。(見ていると事務や白衣の人が結構出入りしている)



はびこる蔦が「屋上緑化」とか「緑のカーテン」なんて生易しいもんじゃないせいか、エアコンはかかっていなくても、中はひんやりじっとりした空気・・・。う~ん、想像以上に妖怪病院だ。アンブレラ保養所(洋館)地下研究所だ。






ガラス戸を割って蔦が進入しそう

エレベーターの前に自転車が並んでいたり、両脇に並ぶ古びたドアには「肝臓Gコールドルーム」とか「18研」とあり、友人が「夜な夜な灯りがぽつぽつ点る」と言う通り、一応使われている感じがしました。「AM2研」は無かったです。

脳改造手術の前に脱出だ!


特に怖さを演出していたのはコレ!




壁に書かれた番号がそれっぽくてイイ!

廊下に設置された妙に存在感を誇示する黒電話は、「内線電話の番号をゲットしたのち、電話を鳴らして近くにいる屍人(しびと)を誘導し、その隙に向こうに行く」為の、重要アイテムだと思われます。(@SIREN攻略)

GC版バイオにこんなとこあったな




御近所の吉田寮同様に、「バイオハザード」「SIREN」物件として認定させていただきました。


本館は京都らしさを演出している

  


Posted by いたのり at 23:00Comments(2)

2010年08月21日

京大病院に行ってみた2*恐怖の人体改造研究所編

前回の続き・・・

任天堂会長じゃない現相談役の山内溥氏の寄付で、新しく京大付属病院に建った積貞棟の向こうに、怪しすぎる建物発見!



これ。一般病棟からも見えるんすけど、あの光華寮さえ凌ぐ、ツタに覆われた廃ビル風でホラーそのものです。



院内マップに「ウィルス研究所」という、バイオハザードファンにとって胸ときめく建物名がありましたが、残念ながらそれじゃなくって、友人が看護師さんに聞いたところだと、外科の旧研究棟なんだそうな。(案内図やグーグルマップには「旧外来研究室」とある。)


アルバート・ウェスカーとウィリアム・バーキンがいても不思議じゃない。


一応まだ使われていて、夜な夜なぽつんぽつんと灯りが点るさまは、いよいよ怪奇ムードに拍車がかかるそうな。こえ~。



友人は整形外科で手術を受けましたが、その手術痕は「糸で縫合」ではなく、ホチキスと言うよかガンタッカー(壁とかに打ち込む工具用大型ホチキス)で「撃たれまくった」状態(豚児曰く「ナルトのペインか!?」)で、間違いなくショッカーデストロンあたりに拉致られて、この怪しい建物内で人体改造手術を受けたと推察されました。(大蛇丸による改造も可。)

本人も、中学生の息子にそう説明するそうです。

脳改造される前に脱出だ!

つづく


ワンダージャパン的建造物


  


Posted by いたのり at 19:09Comments(0)