2010年07月18日

こどものゆかた14*小鳥と猫

大雨から一転して油照りの京都です。あっつ~。祇園祭宵山巡りについては、後ほどまとめてUPする予定です。

さて、偶然にもほぼ同時期に、同じテイストの浴衣地を入手したので先にこちらを。





猫は名古屋のアンティークフェアで、レトロ好き、アンティーク着物ファンにはお馴染みのLUNCOで購入。小鳥は鈴木道具店で譲っていただいたもの。どちらも目の粗い綿素材で、肌触りがガサガサ。(竺仙の綿コーマ地とは雲泥の差)

LUNCOショップHP
(オモシロ柄のハギレ掲載ページがお気に入りです)




戦前の物資が不足しがちになった頃?それとも戦後間も無いまだまだ豊かではない頃?どちらかの時代の品のようです。でも、この色柄!モダンで可愛い!可愛すぎる!(MGS2の雷電の心の声風)



先日、土用干しを兼ねてバアちゃん(母)のタンスの整理を手伝いましたが、彼女が娘時代の昭和20~30年代初頭の着物は、色柄は今と違ってアールデコっぽくて秀逸だが、素材がどれもイマイチ。(銘仙やモスリンはまだマシな方で、合繊が大半) 浴衣もこれらと同じガサついた綿生地でした。


  


Posted by いたのり at 18:18Comments(4)