2010年05月28日

計ったな!シャア!(2)*島津製作所創業記念資料館

前回からの続き・・・

島津製作所創業記念資料館HP


引き続き、計測器がよりどり見どり、特に「ダイアナ号」「ニューオーロラ号」「愛国号」「桃山号」「桂号」といったレントゲン装置のネーミングにグッときた島津創業記念資料館です。

何とはなしにバイオハザード

レントゲン装置のキャビネットに優雅な彫刻が施され、仕上げは漆塗装という辺りが、頗る「京都」です。国産マネキン第1号の肌は膠で溶いた胡粉塗りで、御所人形や雛人形、市松人形と同じ伝統的製法が使われています。

ビクトリアンなムード

日本きってのハイテク機器メーカーの島津製作所ですが、「和」の心と技術に培われていることを知ることができます。

ノーベル化学賞を受賞した、当時研究員だった田中耕一氏の理論もどこか和風で、くっつくお団子に粉をまぶすとバラバラになるってのが発想の元で、色々試薬を混ぜて・・・だったかな・・・忘れた。(違っていたらごめんなさい)

スッキリした庭

「源遠流長」とある

当時の製品カタログや教科書も展示してあり、「明治時代の教科書って難しい~」と、「ゆとり」の豚児が見入っていました。う~ん、漢字だらけだ。

硬質な図版が美しい

何が何やら

クラフト・エヴィング商會か、野中ユリのイラスト装丁に使われるような、木版図版とその版木の線の細かさ、美しさにうっとり~。

細密な挿絵の版木


まっとうな用途があるにも関わらず、どこか怪しさを感じる計器類を見ていたら、ふと自身の経験上、最も「怪しい」どころか「胡散臭い」計測器のことを思い出したぜぃ。

それは、何年か前に行った某化粧品メーカーの、お客様商談会で登場した波動測定器なるものだッ!

この手の「錯覚」ものは大好き

どう見ても掌の圧力を測っているのでは?というオペレーターの動きに加え、「波動が13だから健康状態は良好」「ナントカマットを敷いて寝ると、波動2の人が11に!」などと、ワケのわからない説明だったな。

怪しい毒キノコモデル

「計測できるなら、単位は何なのか?例えば1hadoなら、何か(エネルギー値とか)に換算できるのか?」と、と学会ファンとしては聴衆の面前でツッコみたかったが、そこのセールスレディーをしている子供の同級生のお母さんに連れられて行ったので、ぐっと堪えたオレ偉い!!!

(病気が治ったとか、水やマヨネーズが美味しくなるとか、今思い出しても薬事法違反スレスレのイベントだった。)

何かホッとした~

ちなみに、BLEACHの「破道の三十三!」てのは、死神が体得する「エネルギー衝撃波」の一種だと思っております。

ツツジやイソギンチャクの構造

液浸標本


毎度のように脱線しましたが、「理科オブジェ萌え」とでも言うのでしょうか、理科準備室のガラス戸棚にひっそりしまわれた液浸標本や、実験機器の数々に魅かれ感じた「未知なるものへの好奇心」「少年の心」が蘇る、ある意味、疲れた大人を癒すパワースポットでした。

光るといいのに・・・

実験コーナーもある

場所は、ガイドブックなんかでおなじみ過ぎる、高瀬川の「一之船入」のすぐ近くです。


お食事は資料館向かいのがんこ寿司がオススメ

ガイドブックでおなじみ

川が浅くて座礁状態

  


Posted by いたのり at 01:10Comments(2)

2010年05月26日

計ったな!シャア!(1)*島津製作所創業記念資料館

池波正太郎と歩く京都」を読んだとは言え、いきなりここの方向性が変わるワケも無く、例によって趣味丸出し、興味本位で親子で行ってまいりました!

島津製作所創業記念資料館

島津製作所創業記念資料館HP


初代、2代目の住居で店舗だったそうです

至る所に丸に十の字、ステンドグラスがステキ

まず結論から。

理科の実験が好きだった人、バイオハザードファン(但し5、6を除く。特にパズル要素が強いGC版1リメイクファン)、Mystファン(ゲームのミスト。スティーヴン・キングの小説や映画ではナイ)、クラフト・エヴィング商會の本「どこかにいってしまったものたち」&稲垣足穂的「一千一秒物語」風メカニズムとオブジェが好きな人には、超オススメ!!!



懐かしいマグデブルグ半球

何に使うのか・・・

見覚えのあるものもありますが、一ノ谷博士(@ウルトラQ)の研究室にあるような、用途も使用法もサッパリなブツも多いです。とりあえず、文明科学の発展、生活の上で、「計測する」ことの重要さは良~くわかった。



「計る」ものの他に、分子モデルや天体運行モデル等の自然科学の理論説明用の模型、おなじみ人体模型と色々。標本もありました。

夏至とか冬至の太陽の高度とか習ったなあ



骨格標本は並んでいませんでした

未来創造堂」に登場した、標本部が開発した「国産マネキン第1号」があった~!マイキーの御先祖様だ!

1/1スケール可動式

日本美人

「和」の技術が生きている


古いレントゲン装置のレトロなメカメカしさがイイ!

古めかしさがたまんない

バイオハザ~ド~

「計器パネルの数字を合わせると、どこかの隠し扉が開くはずだ!」と、ノーテンキ親子は見学(?)して歩くのであった。

つづく

お食事は資料館向かいのがんこ寿司支店の「高瀬川二条苑」がオススメ

目の前


  


Posted by いたのり at 00:55Comments(4)

2010年05月08日

Hとハレ晴レユカイの狭間*京都オトナの修学旅行お土産編(後)

前回からの続き・・・
今回は大分エロ薄めです。ご安心を。

左隣はお花屋さん

御店主奥様双方に、「何でここを知らはったんですか?」と聞かれたので、「雑誌で。」と答えたらアッサリ納得されました。

全国誌にタウン誌と様々

京言葉の解説もしてくれました

多くの雑誌や本、ラジオやテレビに紹介され、有名人も多数訪れることが御自慢らしく、陳列什器の下段には、ここが紹介された書籍が山積みで、こちらは奥様が一冊ずつ手に取り説明してくださいました。最近買わなくなっちゃったけれど、杉浦さやかの本にも紹介されていたんだ。へえ~。

カワイイ系の書籍も

沼田元氣さんも来はったんです。」

え!?沼田元氣が!?
オバサン、ファンです!写真と装丁が大好きです!確かにこの商店街は彼好みの雰囲気。

いやいや、小沢昭一こそが訪問しているべきだなやっぱ。マンガ家だったら横山まさみちが来て、なんぞネタにしていて欲しい。でもって記念にオットセイ型貝型のチョコを作って欲しい。(で、タコシェでも売るの) あと、笑福亭鶴光希望!サンデースペッシャル!(映画「鴨川ホルモー」の実況役で嬉しかったっす)


「壹銭洋食の店」は南座の近く

雑誌「ワンダーJAPAN・京都特集号」では、やはり小沢ワールド的昭和エログロナンセンス全開の「壹銭洋食の店」と並び紹介されていました。ナイスなセレクトだ。

気になるブツ

さて、「おとなのお遊びコーナー、夜のお菓子」はひと段落して、オバサンはその誌面写真で(正直商品よりも)気になってしょうがなかった、店の奥に小さく写ったモノを確認させていただきました。

問題のブツ

これ!!!

お菓子屋さんでハレハレユカイ

ひょっとして、そうかなあ?と思ったが、やっぱりハルヒだったwww

「売り物ですか?」と訊ねたら「違う」とのこと。色々と商売熱心に説明してくれるお二人ですが、これに関しては何も言及してくれない。つーか、言葉を濁す、歯切れが悪く、むしろ「その件については訊いてくれるな」ムードが老夫婦間に漂う。何があったんだ?一体誰が飾ったんだ?

もしかして、ここに至って新境地!2次元と3次元の「萌え」と「エロ」の融合を図っているのか?と期待したんだけどな~。デラックスな東寺もだけど、世界観は違えども「求めることはほぼ同じ」だもの。

誰が飾ったのか?

ここは一丁、人気絵師を起用して商店街の町おこし美少女キャラを作り、一緒に「萌え男火気」、その名も「オレの嫁」、「最終日東館壁際」ってのを発売して、京都に来るオタを狙い撃ちってのはどうだろう。

そして、四条のアニメイト・・・は未成年者が多いから、メロンブックスのレジ横にも置く。基本はもちろんカード各48枚だが、色々増やして「ヴァイスシュヴァルツ」に参戦もアリだな。(油が滲みないよう、別封にするのはゆーまでもない)

自サイトも運営

ここ「むらを東三堂」はホームページもあって、ネットで販売もしています。

むらを東三堂HP


HPですが、管理人はかなりのオタクと見た!(3代目に当たる息子さんか誰かかもしんない。ハルヒを飾ったのも。歯切れ悪いのはそのせい?) これはマジで、将来的に「萌え男火気」が期待できるかもしんない。ひとつ是非!

以上、ちょっと寂れたムード(だがそれがいい!)の商店街で見つけた、お父さんにオススメの京菓子、京土産のお店でした。

地下鉄東山駅のすぐ近く

古川町商店街は、平安神宮方面から東山~八坂神社方面への近道で、周辺は白川一本橋信三郎帆布鈴木古道具店といった見どころも満載です。


追記・・・むらを東三堂HPは、その後オタク色の無いフツーのHPになりました。ちぇ。

HPの他に楽天でもお取り寄せ可
↓詳細はコチラ



  


Posted by いたのり at 21:33Comments(0)

2010年05月07日

千代古礼都もR18指定!京都オトナの修学旅行お土産編(中)

前回に引き続き、GWの家庭サービスに疲れたお父さん方に捧げるネタです。

もちろん「R18指定」だかんね!!!

むらを東三堂

奇譚クラブ」ほどマニアックでは無いものの、同梱カードが昭和レトロなエロティシズム満点のおかき(男火気)の「おのろけ」「浮世絵」ですが、他にも充実の商品ラインナップの「おとなのおあそびコーナー」でございます。

その名も「DokiDokiタッチあられ」と「千代古礼都(チョコレート)」!

見た目は普通

水森亜土か内藤ルネのパチモン風パッケージイラストの「タッチあられ」は、先の「男火気」より小さめのあられと一緒に、やはりミニカードが同梱されています。(おかきとあられの違いは、その大きさだと思っていますがどうなんざんしょ?)

ファッションもメイクも古い

これがまた極めて昭和な男性週刊誌のグラビアっぽいヌードで、著作権は?なブツです。これとちょっとポップな単純なイラストのものが入っている。ハズレか?ダブリも多かったし。

やっぱり油でシミになってる

しょっぱくてウマー

味はしょっぱくて、ほんのりイカにエビといった海鮮風味でした。


クエッション?

辛いものばっかりやん、甘い物も欲しい!と企画された品なのかどうかわかりませんが、今回最大の問題作が、この「千代古礼都」でございます。

直球すぎるし

う~む、一部はバレンタインデー用のジョークチョコっぽいが、ダイレクトすぎるだろコレ!ってのがある。(モザイクかけましたw ) 色々ある中でも、「?クエッションチョコ?」という中の見えないパッケージのものが、特に問題作でした。

味は・・・香料が利いて、もしかして何か「効く」成分(ガラナとか)が入っているかと期待させる。ここの隣は普通の薬局ですが、オレ的に「あかひげ薬局」だったらと惜しまれます。

普通の薬局

これら夜のお菓子群がレトロな商店街とあいまって、一昔前の観光地や温泉の土産物店にあった「裏返すとどうにかなっている姫ダルマやらの置物」や、「お湯を入れるとどうにかなる湯のみ」とか、海外ミヤゲの「ひっくり返すとヌードになるボールペン」的な、あれと同じニオイが全体に感じられてたまりません。

(「キラキラした目が飛び出る般若のキーホルダー」ってのは今もあるのかな?今度新京極で探してみよっと。)

レトロな商店


元々は雑誌で知った店ですが、そこには「男火気は二代目店主(嬉しそうに説明してくれたおっちゃん?)が考案」とありました。チョコは誰の考案だろう?

テレビ取材も多数受けていると仰っていましたが、「トゥナイトなんかで、とっくに紹介済みじゃないの?」とパパ。うんうん、藤本義一が「ボクはこの・・・バストに触れる手まであるのに、作った人の洒落っ気を感じるね。」とか言ってそう。ルポは山本晋也監督で是非。

アソートHチョコレート

あと、夫婦揃ってオタク的発想ですが、「チョコってことは型に流して作るんだから、やっぱ、発注を受けた原型師がアレやらコレやら作ったんだよね。」と・・・。

ワンフェスで売ったらどうだろう?彼の地だと、こんなんどーってことないって言われるかなあ?


つづく!


実は楽天でも売っていました。
夜のお菓子業界では、うなぎパイ並みに確固たる地位を築いているようです。
↓詳細はコチラ


  


Posted by いたのり at 02:27Comments(0)

2010年05月04日

今回もR18指定!京都オトナの修学旅行お土産編(前)

問題作の前回からのつづき

引き続き「R18指定ネタ」だかんね!!!
要注意!!!


しかも前中後編の大作。お土産ネタだけで。




デラックスな東寺とは反対方向ですが、京都は東山周辺の散策後のお土産、「オトナの修学旅行ミヤゲ」にうってつけの品を商うお店を御紹介いたします。

幅が狭いから立ち止まると迷惑

山村美紗シリーズや京都サスペンスでおなじみ、先だって豚児と「相棒正月スペシャル、杉下・神戸ごっこ(単に橋の上で横並びで立ち話するだけ)」をしたら、案の定、他の通行人のジャマになった白川一本橋(行者橋)の近くの、古川町商店街にある「むらを東三堂」という菓子店でございます。

昭和レトロムード漂う商店街
京都地検の女」ロケ地で名取裕子が着物で買い物してるのはココ

間口が広い店舗

見た目はごくごく普通のお店で、小売店というより、名古屋の菊井町辺りのお菓子問屋っぽい感じ。京都のお店に似せず、間口が広いからそんな印象なのかな?多分、卸もしているのではないかと。(この商店街は通路は狭いが、間口の広い店が多い)

謎の「チャーム」

まず、看板に悩みました。珍菓、珍味はわかる。「チャーム」って何???

♪箒に乗ってや~って来た、ちょっとチャーム~な女の子、サリ~サリ~・・・いや違うし。

メガテンだと、肉体の解放(敵全体にチャーム)とか~」(豚児談)

調べたところ「乾き物の突き出し」を指す、主に水系の業界専門用語らしい。昔のスナックの定番は、アラレやピーナッツといった乾き物と、グラスに挿したポッキーだね!


飴が可愛い

で、米菓子や飴菓子の並ぶ見た目ちょっと懐かしい感じのする店舗の隅に、このような夜のお菓子(@浜名湖名物うなぎパイ)的「おとなのおあそびコーナー」がある。

結構売れ筋商品なのか大きく扱っている

やっぱりちょっとアレだから「ぼかし」入れます

男火気」と書いて「おかき」と読む。「よろめき」「浮世絵」の2種有り。「よろめき」なんて久しぶりに目にする、日活ロマンポルノっぽい単語だよなあ。

作者の解説付きで購入

なんかもう「これが生きがい!」とばかりに、御店主が実に熱心に説明をしてくださいました。

カードの見本付き

袋には、おかきと一緒にミニカードが封入してあり、外側に見本が貼ってありますが、これがもう「パパったら、いやん」「ウッフ~ン」という小沢昭一の声が聞こえるような逸品。

世間で言うところの「なんじゅうなん手」というやつですが、タモリ倶楽部によると、フランスは「40」、日本は「48」、インドは「64」で・・・

・・・これ以上書いて自らの品位を貶める真似は止めておこう・・・。

珍ちんおつまみ

「よろめき」は駄菓子屋の「点取り占い」みたいな絵と、添えられた艶笑川柳(?)がナカナカ趣深い。

点取り占い

「浮世絵」はかなり達者な絵で、結髪有り、昭和レトロアイテム「ガーターベルト」着用有りで、ちょっと前に三月書房で見た「奇譚クラブ」関連の本に載ってた絵みたい。

知らない単語がいっぱい

そもそもチャームって、「人を引きつける」という意味合いだから、まあ、お楽しみの前に一杯呑むのに当たってツカミはバッチリ!ってことですか。


今に通じる「エロに対する日本人のマメさ」を感じる

店主手書きらしき一覧表が、ご丁寧に什器に貼ってありました。当然フルコンプすると48枚なのか!?

「どれがレアカードですか?」と、遊戯王ファン(いや~、ここ最近のアニメ「5D‘s」は王道展開で最高!)のオバサンは、ついバカな質問をしてしまいそうです。シンクロ召喚に必要なのどれ~?

だって、要は「仮面ライダーカード」や「ビックリマン」や「神羅万象」みたいなお菓子のオマケなんだもの。中にはレアカードがあって、コレクターがいて互いにトレードしてて、「まぼろしのナントカ」って呼ばれる物があるかもしんないじゃん。キラカードで「攻撃力3000」とか、「トリプルブレイカー」だったらどうしよう。


風情のある名称

後でパパ(同い年のオタクの夫)とあれやこれや論評しつつ、美味しく楽しくいただきました。二十歳過ぎていても子供は不可だ!

残念なことに、おかきの油分がカードに滲みちゃって、「これじゃコレクション価値が落ちるってば!トレカは別封にすべきだ!」とは、オタク夫婦共通の見解なり。

オタクは微細な汚れやスレにも敏感なのだ

突き出し用のせいか塩味が効いてイケます。が、手作業でまぶすのか時折トンガラシがかなり辛かったりして、もしかするとこれはゲーセンプライズの「カイジ飴」みたいに、「4人に一人は堕ちる!(12個中4個が激辛)」的な辛いのがわざと入っているのか、それとも「ごめんなさい。今日はアレなの」的な「ハズレ」なのかと、パパが深読みしまくっていました。や~ね。男のひとって。

カモカのおっちゃん(@田辺聖子)風の「なんや、親方日の丸かいな。」って台詞が頭に浮かんだわ。古いなあ。(ある年代を境に使われる専門用語だと思われ・・・)

つづく!

後で他の荷物と一緒に送ったから割れちゃった


  


Posted by いたのり at 23:10Comments(6)