2010年05月26日

計ったな!シャア!(1)*島津製作所創業記念資料館

池波正太郎と歩く京都」を読んだとは言え、いきなりここの方向性が変わるワケも無く、例によって趣味丸出し、興味本位で親子で行ってまいりました!

島津製作所創業記念資料館

島津製作所創業記念資料館HP


初代、2代目の住居で店舗だったそうです

至る所に丸に十の字、ステンドグラスがステキ

まず結論から。

理科の実験が好きだった人、バイオハザードファン(但し5、6を除く。特にパズル要素が強いGC版1リメイクファン)、Mystファン(ゲームのミスト。スティーヴン・キングの小説や映画ではナイ)、クラフト・エヴィング商會の本「どこかにいってしまったものたち」&稲垣足穂的「一千一秒物語」風メカニズムとオブジェが好きな人には、超オススメ!!!



懐かしいマグデブルグ半球

何に使うのか・・・

見覚えのあるものもありますが、一ノ谷博士(@ウルトラQ)の研究室にあるような、用途も使用法もサッパリなブツも多いです。とりあえず、文明科学の発展、生活の上で、「計測する」ことの重要さは良~くわかった。



「計る」ものの他に、分子モデルや天体運行モデル等の自然科学の理論説明用の模型、おなじみ人体模型と色々。標本もありました。

夏至とか冬至の太陽の高度とか習ったなあ



骨格標本は並んでいませんでした

未来創造堂」に登場した、標本部が開発した「国産マネキン第1号」があった~!マイキーの御先祖様だ!

1/1スケール可動式

日本美人

「和」の技術が生きている


古いレントゲン装置のレトロなメカメカしさがイイ!

古めかしさがたまんない

バイオハザ~ド~

「計器パネルの数字を合わせると、どこかの隠し扉が開くはずだ!」と、ノーテンキ親子は見学(?)して歩くのであった。

つづく

お食事は資料館向かいのがんこ寿司支店の「高瀬川二条苑」がオススメ

目の前


  


Posted by いたのり at 00:55Comments(4)