2010年04月28日

今回はR18指定!京都オトナの修学旅行

京都駅新幹線口(八条口)駅前周辺は、京都の正面と言うか北側(ローソクタワーの方)と違って、なんとな~く侘しいです。

建設中

それでも歩いていたら、かつてSF作家の平井和正がどうこうで、一時ウルフガイシリーズファンの間で有名だった某教団、オバサンが高校ぐらいまで「総科学会」という学術団体だと勘違いしていた教団、続いて公益社のセレモニーホール、建設中のイオンモールとそれなりに色々あります。

セレモニーホールの駐車場前にいた警備のおっちゃんが、「そこのイオンは6月オープンですわ~」と親切に教えてくれました。

京都に来たら天一


天下一品ラーメンの脇を通り、近鉄の高架下から更に路地を東寺に向かって歩くことしばし・・・。








・・・到着いたしました。

こっからR18指定タイムだ!!!
(@今週のジャンプの銀さん)

普通過ぎる街並み

東寺は東寺でも、デラックス版の東寺でございます。

デラックス・・・良い響きです。「スーパーマリオブラザーズデラックス」とか、「大乱闘スマッシュブラザーズDX」とか、「デラックスジャンボマシンダー」とかな!「星のカービィ」なんか「ウルトラスーパーデラックス」だ!

デラックスです

で、東寺DXヴァージョンについては、御存知小沢昭一※注と宮腰太郎の共著「小沢昭一的東海道ちんたら旅」の京都の項において、寺院内と御祈祷、参詣人の様子、拝観の作法などがコト細かに描写されていますので、御興味のある方は御一読をお勧め致します。

(女菩薩様の詳細に関しては「珍奇絶倫 小沢大写真館」がオススメ)

たまらん

入口に掲げられた大入り看板が、万国旗と共にイイ味出しまくってて、「全日本ヌードファン一同」ですよー。オトーサン感涙!

遥か昔、ジジイ(父)にストリップの前身である「額縁ショウ」の何たるかを聞いた覚えがあるなあ・・・。(子供相手に何を教えているのか!?ちなみにどんなモノなのかは、バロン吉元の「昭和柔侠伝」で後年ビジュアルとして知った。)

GWももちろん営業

「ヌード」で突然思い出したけれど、何でマスコミの報道は「メード」表記なのだろうか?アキバやポンバシにあるのは「メイド」喫茶で、いらっしゃるのは「メイド」さん。マンガアニメの世界では「メイド」が一般的なのに。

(調べたら、発音記号だと「メイド」って読むのが正しいが、「ei」発音は「ー」と伸ばして表記する慣例が新聞なんかだとあるんだそうな。)

入口でもって楽屋脇にお社

商売の神様

入口脇(楽屋口前)にお社があったり、拝観のお作法を説明する立看板がありましたが、オバサンだって「恥」はありますから、これ以上は近寄りません。(カメラ最大ズームにして、更にパソコンで加工したの!)

それでも、今時の「萌え」と「エロ」満載の二次元世界とは相容れない世界観を、ひしひしと感じました。

イオンがバッチリ見える

DX東寺周辺の雰囲気がどこか懐かしいのは、昭和レトロムードが色濃く残っているからだけではなく、かつて勤めていた会社が、中部地方ではつとに有名な「銀映」の近くにあって、似たような感じの街並みを毎日通勤していたから。

ソコに入り浸ってる殿方を、地元では当時「吟遊」ならぬ「銀映詩人」と風雅に呼び慣わしていましたが、今はどうなんでしょうかね?

岡崎市にあった支店(?)は無くなって久しいけれど、名古屋は「ライブシアター銀映」として健在らしいです。なんで知ってる(笑)

わりとこじんまりとしている印象

「銀映」はその名の通り元映画館だと聞きましたが、ここの外観は寺と言うより南座の建物っぽくもあり、銭湯っぽかったりもする。

銭湯っぽい

京都南座のまねき


天一、宗教施設、セレモニーホール、ストリップ劇場、お寺・・・どこかにこんな並びのとこあったよな。あ、北白川から一乗寺のイロイロ人生を考えちゃう一角だ。天一、医者(透析センター)、セレモニーホール、ラブホ、お墓、お寺と揃っているからなー。

デラックスな五重塔

西に向かって歩けば大宮通に出て、向こうに普通の東寺。弘法市ではない日の東寺は、がらんとした印象でした。

静かでした

人生の根源と深遠さを考えさせられる、京都駅南側散策でございました。

オトナの修学旅行、お父さん必見の京都土産は明日のココロだあ!
(R18指定ネタ続きます(/▽*\)~♪イヤーン)

つづく


※注・・・別宅ゲーオタブログでも記していますが、ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」が終わる時、母の昭和は終わると子に言い聞かせています。

2012年12月10日追記・・・本日、小沢昭一氏が死去されました。御冥福をお祈りいたします。できればラジオの方は、このまま傑作選を放送し続けていただきたいものです。

  


Posted by いたのり at 02:41Comments(5)

2010年04月25日

八重桜が終わると井之頭が来るのか?

京都は八重桜が只今満開です。

京大は八重桜が多い
京大生協ルネと体育館の間にある八重桜

花びらがはらはらと川面に散っていて風情がある
四条高瀬川沿い

満開
京都市役所

入学式、卒業式、運動会なんかで作った薄ピンクのふわふわの「ちり紙の花」を思い出します。コレを作る紙は「はな紙」という商品名だったけれど(手芸屋さんや文房具店に売っている。PTAで買いに行った。)、この「はな」が果たして「花作り専用」を指す「花」なのか、「鼻をかむ」方の「鼻」なのか未だにワカラン。

寒いせいか長く咲いている

「ハンカチ、ティッシュ持った?」と聞くより、「ハンカチ、はな紙(ちり紙)持った?」と玄関先で家族に聞く方が、今でもしっくり来る昭和なオバサンでございます。

ぽってりしたポンポン状の八重桜は美しいですが、雨に濡れて地面に落ちた花は、見た目が鼻をかんで丸めて捨てたティッシュがビタビタになってるのと、あんまり変わらないのが興醒めなり。


何もこんなに・・・

さて、ちょっと用事があって市役所方面に行ったら、地下鉄御池駅同様に市役所前駅も「紅桜」が満開でした。

似てる

サンガのポスターとなんとなく似ている気がする・・・。

台紙

台紙

台紙

劇場版銀魂 新訳紅桜篇スタンプラリー」の台紙をもらいましたが、駅はともかく他がなんだかビミョウな場所だなあ。琵琶湖疏水記念館とかさあ。

GWの目玉

安彦良和も!

でも、谷口ジローが来るんだぜ!隣のカフェの壁に今度は井之頭五郎を描いてください。単に我が家がお高い所に入らないだけだったりするが、京都は「学生の街」で、「B級大盛りグルメの街」です。 

うおォン!

京都国際マンガミュージアムHP

「グリルアローン」のカツカレー


  


Posted by いたのり at 00:44Comments(4)

2010年04月21日

昭和レトロ洋風建築にはソテツかシュロ!

桜が散って新録のゴールデンウィークまでの、束の間の静かな「哲学の道」でございます。修学旅行生と観光客がチラホラ程度。

空いています

さて、レトロなお薬ネタが続いたから、せっかくだから丁度良いからこれ。

長く空き家らしい

銀閣寺キャンデー」の裏手にある「三丁目の夕日」テイストな医院。玄関先の枯れたシュロの木が「空き家」を強調しています。

江戸川乱歩的でもある

自分が子供の頃、お医者さんと言うとこんな洋風の建物か、もしくは「待合室が畳敷き」という「代々お医者」のお屋敷ぽい和風の建物かどちらかだった。

見覚えあるような雰囲気

大正から昭和にかけての医院建築は、こういう洋風スタイルが主流だったらしい。京都では、現役の医院でも結構良く見かけます。レトロ~。

猫は堂々と出入り


北白川の京大の東アジア人文情報学研究センター(旧・漢字情報研究センター)もですが、この手の洋館の入口際には、何故か必ずソテツ(蘇鉄)かシュロ(棕櫚)の木が植えられている。

バイオハザード的ステキ洋館

ソテツは二条城の庭園でも見ましたが、当時は珍しい南方の植物で、以後も「エキゾチックな新しさ」が喜ばれ、加えて生育が遅く強健で手間がかからないので、装飾樹として重宝されているとのこと。

ソテツが鬱蒼としている

洋館にシュロが似合う


寺院とかなら問題は無さげですが、「普通の家にシュロやソテツを植えるのは家相的に凶」だそうな。

特に「シュロはそこんちの息子が極道になる!」と、中部の田舎限定の伝承かどうか不明ですが、うちのバアちゃんが昔から良く言っています。

ソテツとシュロ両方がある青雲寮

そんな「極道になる」エライ言われようの木ですが、京大総合体育館の裏手にある京都府警の寮「青雲寮」の前にもきっちり植えられていて、昭和レトロなビル建築(昭和6年築)とベストマッチングしています。

昭和初期らしい装飾が見える


  


Posted by いたのり at 23:27Comments(2)