2010年03月24日

北白川桜通信*卒業、新入学新生活のシーズン…は色々品薄で注意

ナントカ通信なんて、普通の観光とか京都暮らしブログみたいなタイトルじゃ~ん。
チータスじゃ~ん。(cv.高木渉)

冗談はさておき、昨日今日と連続で雨です。寒いです。桜も開花ストップ。

雨もまた良し

銀月アパートメントの枝垂れ桜には、雨の中メジロが何羽もとまっていました。ラブリ~。

あんまりたくさんいるので雀かと思ったらメジロだった

今日は「ネタの宝庫」こと京大の卒業式でしたが、そこ(今年から場所が京大体育館からみやこメッセに変更)まで出かける気になれない。昼のニュースを見たら、去年、学長がアカラサマに不愉快さを表明したせいか、恒例のコスプレ卒業生は例年に比べて少なかったようです。

で、「卒業シーズンだな~」としみじみ感じさせるのは、花束を持つ袴姿の女子大生でも、蓋を取ると気持ちの良いスッポン音がする筒(卒業証書入り)を持つスーツの男子学生でもない!!!あちこちのスーパーマーケットで45リットル用の大型ゴミ袋が売り切れていることだ!!!

「哲学の道」より「北白川疎水」の桜並木のがオススメ

下宿を引き払う時です。「立つ鳥跡を濁さず」です。

でもって入れ替わりに来週ぐらいから、電化製品や生活用品、収納用カラーボックスとかを買いに、新たに下宿生活を始める学生とその親(大抵はカーチャンが一緒に泊まり込んで、あれこれアドバイスしながら買い揃える)の姿が、そこかしこで見られるようになります。


実家からトラックで荷物を運んで・・・というオバサンの時代とは違い、今はほとんどネットで注文配送できて、引越し作業自体は楽です。

我が家の場合、とりあえず新生活初日に必要だったのは、布団カーテン(これは絶対)、湯わかし道具(鍋でも電気ポットでも)、湯のみ(お茶はパックでも湯のみだと忙しい中ホッとできる。紙コップだと癒されない)、暖房器具(春とはいえ京都は寒い)、照明とそれを取り付ける為の椅子か三脚、そして京都市指定ゴミ袋で、これだけあれば入居数日で生活用品が一通り揃うまでは何とかなりました。

農学部グラウンド前の北白川疎水道

京大周辺ガイドブック」があれば、掲載された飲食店、銭湯やコインランドリー、コンビニを利用しつつ、百円ショップや大型店舗で徐々に買い揃えられて便利です。特に京都での学生生活の必需品は自転車ですが、サイクルショップも載っています。今年も「ルネ(京大生協)」の書籍部で買ってこなくちゃ。(26日から店頭販売、京大生でなくても購入可)

御蔭通にて。今日は雨の中引越しが多い

但し大学が多い学生の街故、手頃な大きさのまな板やフライパンや鍋、クィックルワイパーやトイレシャットといった「一人暮らしサイズの必需品、便利グッズ」は、この時期軒並み品切れ。実家の方で購入してまとめて送ることをオススメします。ゴミ袋だけは指定の(しかも高い!)を買わねばならないけれど。

  


Posted by いたのり at 22:18Comments(5)

2010年03月22日

銀月アパートメントの桜 2010

ナカムラ(スーパーマーケット、北白川店が新しくなってオープン)にお買い物がてらブラついてみたら、上終児童公園の桜がこんなに!

21

上終児童公園

日曜日の公園

も少し足を伸ばして「銀月アパートメント」の枝垂れ桜を見に行くと・・・まあ、ステキ!三分咲きってところですか。

銀月アパートメント

枝垂れ桜

そう言えばガケ書房に「銀月アパートメントの桜」というタイトルの本があって、桜の写真がいっぱい掲載されているかと期待して見たら、全然そうじゃなかった件。(詩人の方のエッセイでした)

探偵小説の舞台的

一年通してこの桜を撮り続けたら、それだけでステキな写真集になると思います。誰か作って。

住んでみたい

アパートメント脇の疎水の桜はまだまだです。駒井家住宅が向こうに見えます。

ちらほら程度

すぐ向こうは「駒井家」

その後の銀月の枝垂れ桜・3月24日
その後の銀月の枝垂れ桜・3月29日


  


Posted by いたのり at 03:32Comments(0)

2010年03月17日

田舎少女のケータイグッズ*わたなべまさこ大和和紀のメモ帳

春先の押し入れ整理を兼ねて出しました。

ベニスのスクールメモ!

持ち歩く用は特に無かった

わたなべまさこ大和和紀の絵だ~。

わたなべ先生の方は「マーガレットスクールメモ」とあり、雑誌「マーガレット」のロゴが入っています。大和先生の方の「カトリーヌ」って何だ?そんな名前の主人公の作品ってあったか?

ロマンティック

(もちろん自分で書いたんだが)小汚い字で名前と学年クラス小学校名が書いてあって、昭和45~46年頃の品だとわかります。

おしゃれなイラストがいっぱい

この頃は既に高橋真琴のブームは過ぎていて、いわゆる少女漫画家のイラストが人気でした。(この後に内藤ルネのファンシーグッズ、パンダブームが来た。)

ドルって硬貨があるのか?

単なる小銭入れ部分なのに「ステキなドル入がついています」と謳っています。死語です。「ドルショック」ってのもあったなあ。(その後「石油ショック」ってのもあった。オバサン達がトイレットペーパー買い占めに走り、新聞が薄くなり、テレビは深夜は砂の嵐。修学旅行で訪れた銀座の街は、ネオンが消されて暗かったです。)

書くことがない(泣)

肝心のメモ部分はほとんど真っ白で、40年前の田舎の少女の「これといった予定の無さ」が垣間見えて泣ける。


  


Posted by いたのり at 23:42Comments(4)