2010年02月28日

春萌ゆる京大看板、でもってタケシの頭のはイシツブテかなやっぱ

昨日に続き折田先生タケシですが、今日は豚児を引き連れてしっかり見てみました。で、頭のアレはやっぱり「イシツブテ」じゃねーの?という結論となりました。丸いのが見えますが、イシツブテの頭と握り拳じゃないかな~と・・・。

良く見えない

これじゃね?

イシツブテの頭と拳っぽい


折田先生像とともに、京大に春の訪れを告げる「萌え立て看板」も色々あったのでUPします。

撫子は?

化物語人気あるなあ。

東一条通にて
手描きです
看板製作は活動の一環

アニメーショ同好会「KUALS」の看板が毎年目を引きます。昨年登場した「ひぐらしデイブレイク」は北大路の博物館前で、全学連のそれと仲良く並んでいました。

昨年登場

ひぐらしとゲバ文字が何故か合う


漫研はオリジナル性で勝負!

生活感が出ていて面白い

熊野寮のは、モーニングかIKKIにありそうな絵です。

熊野寮もがんばってる

正門には、ある種の方々には十分「萌え」を感じさせるらしいカイジがいましたが、ステキに似てない。浅草中央町会こども会のポスターに負けるな!

ふくもとをここまで崩すのも難しい
子ども会のお楽しみが一転して?!
異様に上手い子ども会ポスター

オニイチャンナラデキルヨ

目がすべる上に「急かす」看板が・・・ケシカスくんの「カスカスラップ」が脳内に鳴り響きました。

カスカスラップを歌おうぜ!

昨日の折田先生見物記事はこちらへ
「今年の折田先生はニビジムのタケシ!行けっ!イワーク!!!」


昨年の萌え看板はこちらへどうぞ
「瀬戸のナギ様はパンツじゃないから!*京大萌え看板」



  


Posted by いたのり at 22:14Comments(3)

2010年02月27日

今年の折田先生はニビジムのタケシ!行けっ!イワーク!!!

旧三高正門は登録有形文化財

京大の早春の風物詩、折田先生像(ハリボテ折田像)が今年も南部キャンパス旧三高正門に「出た」そうなので行ってきました。(25日に出現したらしいが、25、26日は入試で関係者以外立入禁止。)

↓折田先生像の詳細(歴史、歴代折田像)についてはこちらにどうぞ
公式(?)サイト「折田先生を讃える会」

公式(?)サイト「折田先生を讃える会」


ライダーマン同様の地味キャラなのに大出世

今年は初代ポケットモンスターの
ニビジム ジムリーダーのタケシだッ!!!

昨日の雨も全然ヘーキ

せっかくだからBGMにどうぞ!「ポケモン言えるかな」
次世代ワールドホビーフェアでイマクニとレイモンドを見たのは良い思い出




わ~い!

看板の文言がイイですねえ。つか、イワークが書いたんかい。京大とタマムシ大学は学術提携しているのだろーか?

ヒトカゲを選んだ時の難易度ったら

「わざマシン34」って何だったっけ?「ひでんマシン01」は、カモネギに覚えさす「いあいぎり」だけんど。(くだらんことばかり覚えていてスマン。「わざマシン34」はタケシに勝つと貰える「がまん」でした。)

名所

既に現役受験生にとって初プレイのポケモンは、GBの「赤・青・緑・ピカチュウ」や「金・銀」ではなく、GBAの「ルビー・サファイア」か、リメイクの「ファイアレッド・リーフグリーン」なのかもなあ。ゲームもアニメも10年以上経ってるよ。ポリゴンの回の録画テープを処分したっけ・・・。


頭に何か?

頭の上に何か載っているけれど、これがわからない。イシツブテなのか?メタルスライムのようにも見える。

メタモンではないし・・・

何故か看板の裏には「きれいなお姉さん」がいました。ポケモンとほぼ同時期に、「スターフォックス64」のCMに出ていたからでしょうか?(アニメ版のタケシは年上のきれいなお姉さん好み。惚れっぽいが、幼い弟妹の世話をする「ポケモン界の左門豊作」なのだ!)

何故ヒロスエ


「金銀出るのが、すっげえ楽しみだったよねえ~。」
「母は、色違いのゴールデンイシツブテをゲットしたぜい!」
「モバイル通信のクリスタルを忘れないでください・・・」
「アニメのタケシの作るゴハンは美味しそうだよね!」
「ジムリーダーよか、やっぱ四天王戦だよな。ウ~ッ、ハ~ッ!」
「シバかよ。ウ~ッ!ハ~ッ!」

辞書と見紛う分厚い攻略本では無い、薄~いAPE(@糸井重里)の任天堂公式ガイドブックに親しんだ、ポケモン懐古厨親子の会話は続くのであった。

鴨川ホルモーロケ地

追記
今日のオヤツは、帰りがけにベーカリー白川で買った「ライチュウの手」みたいなハニーバターでした。大きなコッペパンもあるけれど、すぐ売り切れるの。

オーキド博士「わしゃ、このコッペパンみたいな手が好きでのう・・・」

白川製パン最強!

  


Posted by いたのり at 22:29Comments(0)

2010年02月24日

善行堂のグレちゃん

パンを買いがてら古書店「善行堂」に行きました。

賑わっていました

店頭に、コーラルピンクがかった茶色で、可愛いらしい形の木製均一台が置いてあります。

大抵は普通のワゴン什器なのに珍しい

これは、以前訪ねた時にお聞きしたのですが、店主が御懇意にしていらっしゃる、「しぶちん京都」や「もっさい中学生」の作者として知られるグレゴリ青山さんの旦那様のお手製なんだそうです。(その時はお天気が悪くて、均一台は店内に置かれていた。)

文学系が多い印象

御店主が仰るには、オバサンが来る直前まで御夫婦で様子を見にいらっしゃっていたそうで、ししし、しまった!!!途中のベーカリー白川で、コッペパンとハニーバター買っているんじゃなかった!ああ、でも、あそこ焼き上がり時間に行かないと、すぐ売り切れちゃうし!!!

大きくてふかふかのコッペパン

個性的なファッション(何て言うのかな、京芸デのファッションコース風と言うか、手作り市出店者風)の男女二人連れを、入れ違いにチラッと見ましたが、それがそうだったのか!惜しいことをした!(ほとんど珍獣扱いでスミマセン)


状態の良いサイン本

実は前来た時に、ここ善行堂で「ブンブン堂のグレちゃん」を購入して、コレが何とサイン本。

古本にはハタキ

いらっしゃることを予め知っていたなら、それを持って待ち構えて、「ブンブン堂~」での仏文学者の生田耕作氏とのエピソードよろしく、サイン部分に『○○(オバサンの名前)さんへ』とだけ書き加えてください!と、激しくお願いしたかったです。

おんなじ

店の奥、御店主が指さす先には、ハタキを持ったグレちゃんが隠れていました。

わかりやすい場所


  


Posted by いたのり at 00:01Comments(4)