2010年02月28日

春萌ゆる京大看板、でもってタケシの頭のはイシツブテかなやっぱ

昨日に続き折田先生タケシですが、今日は豚児を引き連れてしっかり見てみました。で、頭のアレはやっぱり「イシツブテ」じゃねーの?という結論となりました。丸いのが見えますが、イシツブテの頭と握り拳じゃないかな~と・・・。

良く見えない

これじゃね?

イシツブテの頭と拳っぽい


折田先生像とともに、京大に春の訪れを告げる「萌え立て看板」も色々あったのでUPします。

撫子は?

化物語人気あるなあ。

東一条通にて
手描きです
看板製作は活動の一環

アニメーショ同好会「KUALS」の看板が毎年目を引きます。昨年登場した「ひぐらしデイブレイク」は北大路の博物館前で、全学連のそれと仲良く並んでいました。

昨年登場

ひぐらしとゲバ文字が何故か合う


漫研はオリジナル性で勝負!

生活感が出ていて面白い

熊野寮のは、モーニングかIKKIにありそうな絵です。

熊野寮もがんばってる

正門には、ある種の方々には十分「萌え」を感じさせるらしいカイジがいましたが、ステキに似てない。浅草中央町会こども会のポスターに負けるな!

ふくもとをここまで崩すのも難しい
子ども会のお楽しみが一転して?!
異様に上手い子ども会ポスター

オニイチャンナラデキルヨ

目がすべる上に「急かす」看板が・・・ケシカスくんの「カスカスラップ」が脳内に鳴り響きました。

カスカスラップを歌おうぜ!

昨日の折田先生見物記事はこちらへ
「今年の折田先生はニビジムのタケシ!行けっ!イワーク!!!」


昨年の萌え看板はこちらへどうぞ
「瀬戸のナギ様はパンツじゃないから!*京大萌え看板」



  


Posted by いたのり at 22:14Comments(3)