2010年02月24日

善行堂のグレちゃん

パンを買いがてら古書店「善行堂」に行きました。

賑わっていました

店頭に、コーラルピンクがかった茶色で、可愛いらしい形の木製均一台が置いてあります。

大抵は普通のワゴン什器なのに珍しい

これは、以前訪ねた時にお聞きしたのですが、店主が御懇意にしていらっしゃる、「しぶちん京都」や「もっさい中学生」の作者として知られるグレゴリ青山さんの旦那様のお手製なんだそうです。(その時はお天気が悪くて、均一台は店内に置かれていた。)

文学系が多い印象

御店主が仰るには、オバサンが来る直前まで御夫婦で様子を見にいらっしゃっていたそうで、ししし、しまった!!!途中のベーカリー白川で、コッペパンとハニーバター買っているんじゃなかった!ああ、でも、あそこ焼き上がり時間に行かないと、すぐ売り切れちゃうし!!!

大きくてふかふかのコッペパン

個性的なファッション(何て言うのかな、京芸デのファッションコース風と言うか、手作り市出店者風)の男女二人連れを、入れ違いにチラッと見ましたが、それがそうだったのか!惜しいことをした!(ほとんど珍獣扱いでスミマセン)


状態の良いサイン本

実は前来た時に、ここ善行堂で「ブンブン堂のグレちゃん」を購入して、コレが何とサイン本。

古本にはハタキ

いらっしゃることを予め知っていたなら、それを持って待ち構えて、「ブンブン堂~」での仏文学者の生田耕作氏とのエピソードよろしく、サイン部分に『○○(オバサンの名前)さんへ』とだけ書き加えてください!と、激しくお願いしたかったです。

おんなじ

店の奥、御店主が指さす先には、ハタキを持ったグレちゃんが隠れていました。

わかりやすい場所


  


Posted by いたのり at 00:01Comments(4)