2010年02月11日

節分ツアーに行こう!5*きらりと光る涼しい目・須賀神社

八つ橋のお店は多々あれど、聖護院大根の畑は全く無いことを確認しつつ、熊野神社から最大の目標の須賀神社に向かいました。

大文字との位置関係はこんな感じ

途中の聖護院門跡でも節分行事(鬼が登場する追儺式と豆まきがあるらしい)をしていましたが、既に終了間際。やることが各々違っていて、しかも今日一日午後からの2~3時間に集中しているから、どこに行こうか迷うのよ。

修験者さんがいっぱい

護摩木を盛大に燃やし中(「採燈大護摩供・さいとうだいごまく」と言うらしい)で煙たいの何の。本堂で音吐朗朗と唱えられているのは、真言経かしらん。

火の粉は飛ぶの煙たいの

地元では節分に近くの御嶽講で「火渡り神事」というのをしていますが、同じ山伏関連でもここは流派が違うらしい。ほら貝の音が盛大にしましたが、特に小判や経験値は稼げません。(@戦国BASARA)

鬼踊り・・・

「鬼踊り」って、諸星大二郎の漫画の稗田礼二郎のアレですかい!?

準提観音像と不動明王像が祀られる

「準提堂、須賀神社へ通り抜けできます」の看板に従い、本堂前から隣の積善院準提堂(せきぜんいんじゅんていどう)に抜ければ、道の向こうが目指す須賀神社。(聖護院のはす向かいになる)


目立たない

思ったより地味で小さな神社でしたが、境内には烏帽子に水干ファッションで覆面をし、梅の枝を担いだ胡乱ないで立ちの男性が二名。これが今回一番見たかった「懸想文(けそうぶみ)売り」です。

正面

側面

岡本綺堂の「半七補物帳」の挿絵や江戸の風俗を、美しく細密な筆致で描く三谷一馬の「江戸物売図聚」で知った大層風雅な商いです。

包みもゆかしい

売り物の「懸想文」・・・昔のラブレターのことですが、ここでは符札をそう称します。付け文の形の御札を、タンスや鏡台の引き出しに人知れず入れておけばアラ不思議!見目麗しくなって、良縁に恵まれ、着物が増えて、更に視力が上がって、成績もアップ、背がグングン伸び、試しに宝くじ売り場でスクラッチくじを買ったら大当たりが!え~っ!うっそ~!(一部ウソ)

効能書き

背面

わりと近年まで、虫除け(のマジナイを)兼ねて、年寄りがタンスに入れていた玉虫と同じ効用だな。「人知れず」って、ここでWWWに発信しちゃったら意味無いか・・・。

ポスターもコレ

「江戸物売図聚」では元旦の朝(旧暦だからつまり立春)から15日まで売り歩いたとあり、武家の奉公人の中間(ちゅうげん)スタイルで顔を出していますが、京風は顔を隠しています。貧しいが書道のたしなみのある公家のアルバイトでもあったとかで、それで顔を隠すようになったのかな?

付け文状の御札もゆかしい

目元だけ出してるってのが、「きっとイケメン!」という想像力をかき立てられてイイっすね。写真を撮られるのも慣れていると見え、きりっとポーズを決めてくださいました。

ステキっす

境内には焚き火。聖護院門跡もですが、今日は京都中の寺社で火がバンバン焚かれているようで、道路には消防署の車がしっかり待機していました。

幸い恵まれた天候でした

待機中

さて、最後は吉田神社にレッツらゴー!

6につづく

  


Posted by いたのり at 18:44Comments(2)