2009年12月28日

うん!これはいい!はふはふ*喜み家銀閣寺店の京風白味噌雑煮

喜み家の京風白味噌雑煮が、すご~く美味しいんだ!」

豚児に教えてもらって、是非とも食べたいと思っていたのですが、これ、季節商品(お店のHPだと11月中頃から4月上旬とある)で、冬場のメニュー。「が~ん・・・だな。」と、秋口に甘味屋の店先で井之頭五郎よろしくガッカリしていたオバサンでしたが、ようやく行って味わうことができました。

銀閣寺喜み家HP

塩昆布付き

湯で柔らかくした丸餅に生麩、すりおろした柚子、鰹節の糸削りが載っています。極めて上品な見た目で、お正月のお雑煮は、これにふかした八つ頭が加わるわけだな。

白味噌のおつゆが、上質のポタージュみたいななめらかな舌触りで、

ウンマーーーイ!

病気は嫌だが病床で啜りたい

「これって特にさ、風邪ひきとかで具合の悪い時に食べたい!」
「うんうん、わかる。これぞ滋味溢るる味わいって感じ。」

親子で孤独のグルメモード全開。気がつけばすっかり外は暗く、銀閣寺界隈はひと気の無い寒い師走の夕暮れでしたが、お腹の中はほこほこで、親子で歩いて帰りました。

日が短い

去年は錦でお節用に「花こんにゃく」を買って煮ましたが、今年は白味噌を買って、自宅で京風のお雑煮を作ってみよう。

冬場は人がいない

  


Posted by いたのり at 00:15Comments(2)

2009年12月27日

鴨川ホルモーロケ地11*荒神橋~鴨川公園~鴨川デルタ

喫茶・ラウンジ「リバーバンク」のある荒神橋から上流の鴨川西岸が、映画「鴨川ホルモー」の17条臨時ホルモーの試合場です。

リバーバンクから上流の公園

リバーバンクの向かいから降りることができる

場外乱闘になって、市内のあちこちをワープしまくりますが、最初はここいらで「ゲロンチョリー」とやっていたわけだ。

鴨川公園

京大病院が近い

公園、遊歩道、テニスコートと整備されていますが、スガ氏がいた茂みの辺りに「スズメバチ注意」の看板が!あっぶね~。

出たんだな

鴨川デルタ同様に飛び石があって、向こう岸に渡るのが楽しい。

飛び石

亀はあるが千鳥は無い


もう少し上流に行けば鴨川デルタ

デートスポット

カップルが良くいる

映画ではホルモーの練習場に、文庫版では表紙と目次イラストになっている場所です。

救護班の凡ちゃんがボヤく

ここで安倍(山田孝之)と高村(濱田岳)がオニ遣いの練習をしていて、それを眺める凡ちゃん(栗山千明)にリーマン風の男(誰?)が話しかけるシーンがあり、「おっ!ホルモーを知る一般人(OB?)の登場か!?」と期待させましたが、凡ちゃんに人生の不条理さを語るだけで、何の伏線にもなりませんでした。

ここは飛び石に「千鳥」がある

「鴨川ホルモー」以外では「けいおん!」の重要な巡礼拠点でもあり、山村美紗作品を始めとする京都サスペンスにも良く出て、色々な宗派の信者(ファン)が行き交う、ある意味エルサレムみたいな聖地です。

  


Posted by いたのり at 00:48Comments(0)

2009年12月26日

鴨川ホルモーロケ地10*荒神橋「リバーバンク」

この界隈では唯一のホームセンターの元「川端ニック」こと現「ケーヨーデイツー」には、新入学時にせっせと生活用品の買い出しに行き、今も時折行きますが、そこから先はあんまり用が無いので、すぐ先の荒神橋は渡ったことがありませんでした。

こうじんばし



で、その橋のたもと(西側)にあるのが「喫茶 ラウンジ リバーバンク」。映画「鴨川ホルモー」では店名は「リバーサイド」になっています。

橋のこちら側は広い

「ミュー」同様散らかってるけど妙に居心地イイ系

ラウンジ・・・あ~、夜はお酒を供する、つまりはスナックってことやね・・・納得納得・・・という作りのお店でした。

常連客でないとちょっと引くムード

安倍チーム発足は窓側の席で

なんていうか、「散らかってるけど上がってって~。お腹空いてない?何か食べる~?」的な友達んちに来てる系のお店。つまり映画通りにゴチャゴチャしていて、それが気楽な居心地の良さをかもし出す、白川温泉の近くの喫茶「ミュウ」ほど凄まじくは無いが、オシャレ系ほっこりカフェとは、激しく対極をなすタイプです。

ちょっと入るのに勇気がいるが京都の有名喫茶らしい

五山送り火の夜と、17条ホルモー安倍チームが集まるシーンに使われました。映画と同じ角度で大文字が見えますが、映画ほど近くに大きくは見えません。ちなみに湯川秀樹の随筆「旅人」によると、昔はこの辺から京大の時計台が見えたようです。

角度的には正しいが・・・

普段銀閣寺の近くで見ているからすごく遠く感じる

入り口脇にワンコがいて、マスターに尋ねたら名前は「ラブちゃん」。(雑誌「京都CF」の喫茶店特集では「ラちゃん」とある) 

ラブちゃん

らくたび文庫の「京のお散歩 鴨川上ル」では、昭和34年の創業とあったから、オバサンとどっこいの年の店な訳だ。ほえ~。

(京都CFには、1953年に京大の学生デモ隊と警官隊が衝突した「荒神橋事件」の数年後に開店とあった。大森一樹監督の「ヒポクラテスたち」の撮影に使われたとも。)

正しい喫茶店

自転車漕いで喉が乾いたから(行ったのは11月中旬の汗ばむ陽気の日)、レモンスカッシュを注文。こういう喫茶店では、レスカかバナナジュースかミックスジュースを頼まないとね。

できれば灰皿兼用の100円入れてガチャガチャ回す卓上星占いマシーンか、円錐形のピーナッツ販売機があって欲しかったっす。(知ってる?)

普通のお家

追記・・・リバーバンクは2015年6月30日に閉店しました。

  


Posted by いたのり at 00:15Comments(0)