2009年11月25日

鴨川ホルモーロケ地7*農学部前石仏~百万遍~京大正門~時計台

鴨川ホルモーロケ地探訪(聖地巡礼?)」と称して、京大とその周辺を散策しているオバサンです。

で、安倍(山田孝之)君の通学路ですが、前日、早良さんに好意を持たれていると確信(?)したからか、ウキウキ気分で大学まで相当な大回りをして自転車を走らせています。

安倍君の下宿先

シサム工房の事務所がある外玄関、ステンドグラスが可愛い

最初のカットでは農学部の前の今出川通を、何故か京大の反対方向に走って行きます。下宿の銀月アパートメントから来たとは到底思えないコースで、次のカットの百万遍へはどう行くものやらの舞い上がりっぷりです。

志賀越え街道沿いになる

要は「絵になる」カットを繋いだらアリエナスな通学路になったという、十七条ホルモーバトル時の市内テレポート状態と同じですが、地理がわかると「んなバカな!」と、色々ツッコめて楽しめます。

大日如来

バックに映る大きな2体の石仏は、お地蔵様では無く大日如来像。お堂の脇には、「知恩院、比ゑいさん、北野天満宮、銀閣寺」等と、各方向に寺社名が刻まれた道標があります。江戸末期の嘉永二年(1849)に立てられたものだそうな。

京都は「道しるべ」が多い

一通り有名所の方向が示してある


その後、どこかで正気に戻ったらしい安倍君は、無事に大学に向かいます。軽快に百万遍交差点の石垣前看板群から東大路に左折、同じくホルモー映画では「吉田代替りの儀」ロケ地の節分行事で有名な吉田神社に通じる東一条通を行き、京大正門から高村(濱田岳)の居る時計台前の楠に到着します。

石垣前の看板、11月祭で豊作

「ひぐらし」看板出たよ~!

京大本部正門ですが、元第三高等中学校の正門で明治26年竣工。可愛いクウネル風の北部キャンパス正門や、折田先生出現地点でロケ地のひとつでもある南部キャンパス旧三高正門と違い、特に際立った特徴はありません。

まっすぐ行って今出川通の向こうに石仏がある

南部キャンパス旧三高正門

ここも映画でおなじみ

そんな正門を目立たせているのが、門扉に年がら年中クリスマスよろしく飾られた金銀モールと靴下で、部外者には大いなる謎です。

サンタに合格を願うの?

守衛の方に尋ねても「何やろねえ?」。
どうやら在校生が飾っているのは確からしい。願い事を書いて靴下に入れておくと、何か良いことでもあるのかしらん?受験生にサービスとか?


こんなとこに洗濯物干すなや

時計台前の楠の大木には、11月祭の直前に行ったら、枝先に洗濯物と思しきパンツとシャツがヘンポンと翻っていました。吉田寮から持ってきた高村の私物か?


学祭に紛れてアピればいいのに

楠の下にあった「くびくびカフェ」は、少し東側に移転しています。11月祭では店の前に上のような看板が出ていましたが、学祭とは関係無いなんて言ってないで、どうせなら近くのヤキソバやクレープの模擬店と提携して、店内持ち込み大歓迎にして、外来者に運動の主旨を強力アピールすればいいじゃんね。


  


Posted by いたのり at 23:40Comments(2)

2009年11月21日

鴨川ホルモーロケ地6*京都大学吉田寮

鴨川ホルモー」は万城目学の原作だと、高村(濱田岳)は岩倉具視リスペクトなのか岩倉に下宿していましたが、映画では京大の「百万遍寮」こと吉田寮住まい。この辺、安倍(山田孝之)の住む銀月アパートメントと共に、レトロファンにとって大きな見どころになっています。

東大路沿い、庭球コートの隣

思わず絶句する凄まじい中の様子ですが、映画だからデフォルメしている・・・訳ではなく普段からあんな風らしく、都築響一の写真集「賃貸宇宙(下巻)」には、映画まんまのカオスな生活空間が載っています。

敷地といい、ちらりと覗き見た寮内といい、お母さん的に「すっげえ掃除がしてえ!!!」と、ムズムズ。何故かアネクメネとか限界集落という単語が頭に浮かびます。

汚屋敷
ゴミ箱の意味が無い

年一回ぐらい寮生総出で掃除デーとか無いの?もし真剣にやったら、ワイドショーなんかで取り上げられる「汚屋敷」片付け行政代執行で、市の清掃車十数台ってレベルじゃないな。



建物自体の雰囲気は、オバサンの自宅(愛知県)近くの山あいのガラボーの廃工場や、今は取り壊された日清紡の寮って感じ。レトロって言うよか「アナクロ」。

アナクロ


1913年(大正2年)竣工で、旧三高寄宿舎(湯川秀樹が自著に記してたとこ?)の廃材の再利用で建てられたとか。現存する最古の大学寄宿舎で老朽化が激しく、とうとう建て直しが決定したとの報道がありましたが、実は寮の自治会は大学側の申し入れには承諾はしていないという、70年代安保の頃から良く聞く話のま~んま。

入口
11月祭に出払ったかひと気が無い

門の向こうの看板が可愛い絵柄(しかも啓蒙する内容が単なる「ゴミ捨てるな!」)のくせに、赤ヘルゲバ棒でたまんない。(萌えイラストは、まだこの業界には入ってこないらしい。かきふらい先生に描いてもらったら・・・看板が盗まれるか)

もしかして、敷地の大量のゴミや建築廃材っぽいのは有事の際のバリケード用だったりして。だから片付けないのか?

可愛い顔してゲバ棒・・・

今回のホルモー映画で、初めて内部にカメラが入ったとありましたが、背景に「こんなだから立て替えよう!」という管理側と、「こういう思想の場、生活文化(?)を残すべき!」という自治側の思惑の微妙な綱引きを感じました。



AED搭載自販機がある


ま、そんなこと知ったこっちゃないノーテンキゲームオタクが、薄暗~い吉田食堂で想起するのは、ズバリ「サイレン(SIREN)」!

バイオハザード」や「サイレントヒル」じゃない、ジャパニーズホラーの世界!あの2階の窓辺にいる屍人に視界ジャックするんだ!



建物の脇には、いかにもアイテムが入っていそうなうち捨てられた一輪車があったりして、盛り上がるなあ。地面はイチョウや他の枯葉が堆積して腐葉土になってるっぽくブカブカ。実に落とし穴が作りやすそう。(映画は寮の中庭だったが、ゴミ穴だろうが安倍が落ちた。因みに特典映像で主演の山田孝之は「(吉田寮には)住みたくない!」とキッパリ。)



何とな~く臭い気もして、高校時代に旧制高校や元旧制高校の大学出の教師が、授業の合間に語ってくれた寮生活・・・特に「寮雨」の話をふと思い出す。

って、それは地面に落ちた銀杏の実の臭いだってば!(くせーんだよアレ) 結構落ちていたけど、これを拾って11月祭で売るってことはしないの?(真如堂は境内の銀杏を一包み200円だかで売っていた。)

ステキだけど中はカオス

気になる寮費ですが、以前「月400円」というコメントをいただきましたが、この寄宿料に自治会費、光熱費が加わるようです。入寮希望者は経済状況等の審査が色々あるそうな。

怪しいオブジェも


以上、11月祭の喧騒に紛れて、「おや?何故かこんなとこに出てしまったぞ」とばかり見て歩いた感想でした。
(普段はちょっと近寄り難い雰囲気。皆さん学祭に出払っていたのか、ひと気が無かったです。)

折田先生になれるよ!
  


Posted by いたのり at 02:36Comments(11)

2009年11月18日

鴨川ホルモーロケ地5*紅葉(ムラ有り)の金戒光明寺山門

赤いと3倍の法則が当てはまることを発見した、京都の紅葉シーズンでございます。人出が3倍。永観堂拝観料も約3倍

金戒光明寺山門

話の順序が前後しますが、映画「鴨川ホルモー」では、安倍(山田孝之)とライバル芦屋(石田卓也)とのラストの一騎打ちの場として、「くろ谷」こと金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の山門が使われました。





立派な山門を持つ広大なお寺さんで、真選・・・じゃない新選組発祥の地という幕末レキジョ観光スポットですが、あんまりメジャーではない静かな所です。ロケにぴったり。

さすがに紅葉シーズンになると、お隣の真如堂から歩いて来る人が多いですが、永観堂、真如堂から廻ると「空いてる!」という印象が強い。

山門は只今「秋の特別公開中」です。山門拝観料一般800円なり。

くろ谷金戒光明寺HP

黒谷北門から真如堂はすぐ

因みに黒谷北門から出たすぐ先が真如堂。会津藩士の墓所を見ながら真如堂まで歩くコースは、前回記したように墓地と階段歩きまくりで、お年寄りにはオススメしません。

門の向かいに交番がある

くろ谷表門から山門や本堂へ行っても、階段が多いことは変わりません。吉田山の山すそで高低差が激しく、真如堂の方から見るとその名の通りの「谷」です。

山門近くにいた。誰?

ホルモー競技の正式ユニフォームの足元は下駄で、走って上るのがさぞかし大変だったと思います。山門横(保育園脇)に普通の道路があるけど、それじゃあ絵にならないしね。

階段
また階段

鴨川の荒神橋下の川岸の公園から始まった「十七条ホルモー(映画と原作では違う)」ですが、地理がある程度わかると、二条城近くの三条会商店街、先斗町の通り(歌舞練場の南側、BAR「SENT JAMES CLUB(セントジェームスクラブ)」の看板がバッチリ映った)、祇園巽橋の辰巳大明神、八坂の塔前の八坂通りと、お前らテレポートでもしてるのか!?と、アリエナスな京都市内の縦横無尽な走り回りっぷりが笑えます。

この先を走り回っていた

凡ちゃん(栗山千明)は直前に京大吉田南キャンパスの門(旧三高のレトロな木の門、折田先生像が出現するとこ)で早良京子とやり合っていたから、これまた下駄で吉田山を迂回して走ってきたのかなあ?恋の力は偉大だ。

木製の門
20日から京大11月祭

で、11月18日現在の紅葉ですが、真如堂はまだまだ色付いていない木も多い中、美しく色付く木もある・・・が、「枯れた」ようにも見えるのもあるムラッ気の、「まちまち」「ぼちぼち」な状態でした。

真如堂HP

こっちはまだ早い感じ
こっちは見ごろ

枯れてるし・・・

追記・・・2010年元日放送の「相棒SP 特命係、西へ!」では、金戒光明寺山門の上から杉下が京都市内を見下ろしていました。


  


Posted by いたのり at 23:38Comments(0)