2009年11月13日

永観堂は「赤いと通常の3倍」以上!

少しは紅葉

「紅葉のライトアップが始まりました」

そんなニュースに誘われて ひとり京都を訪れました

静かに微笑む石仏さまに ちょっと会釈でご挨拶

燃えるような紅には まだ程遠い古刹の境内で

遠い日の あのアナウンサーの言葉が ふと頭をよぎります

「見ごろは11月下旬頃からです」

涙目のエトランゼがそぞろ歩く 暮れ行く秋の古都・・・

・・・細川俊之です 


せっかくだから本家本元のワールドオブエレガンスを


っちゅーことにならんように、紅葉観光をお考えの方には金閣寺銀閣寺HPのライブカメラや、永観堂HPの写真のチェックをオススメするオバサンです。

「もみじの永観堂」ですが、この時期になると開催される「寺宝展」とセットになって、普段は500円の拝観料が倍プッシュで1000円になります。

紅葉シーズンの「けいおん!」聖地

更に夜間のライトアップ前に一旦閉門。入場者は総入れ替えとなる為、再度ライトアップ入場料金600円を支払って入らなければなりません。入れ替え制を知らないで来た観光客と寺の人がモメているのを、去年目の当たりにしました。

「あんな寺宝展やゆうていらんもん見せて、よう高い料金取るわあ。お客さんに文句言われるんはボクらなんでっせ~。」
と、タクシーの運転手さんもボヤいていました。

赤は3倍!

赤いのは通常の3倍・・・赤く色づくと通常価格500円が1600円!?「シャアの法則」が、永観堂の紅葉に当てはまるとは、ガンダムファンもビックリっす。


修学院バス亭にて。時間3倍どころか満員で乗車拒否もあり

訪れる観光客の数も、バスの所要時間も、場所によっては3倍どころじゃないので、「赤い時」は色々と注意が必要です。永観堂はバス停「南禅寺永観堂道」から近いですが、観光ゴールデンコースの5系統で満員。帰りも銀閣寺方面から既に満員で「後のバスにしてください」と、乗車拒否されるのも常。

地下鉄の蹴上駅か哲学の道方面から歩く方が、まだ空いていて風情もあって楽しいです。

真如堂は猫が多い

同じく紅葉で有名な(でもって猫が多い)真如堂ですが、永観堂があんまり混むから、「近くで紅葉の綺麗な良いとこありまっせ」と、穴場としてタクシーの運転手さん達が案内していたら、今や堂々たる名所になってしまったそうな。

真如堂裏の階段

最寄のバス停は「南禅寺永観堂道」から二つ目の「真如堂前」ですが、実は「前」どころか「」もいいとこで、しかも坂道と階段を上ることになるので、お年寄りや足に自信の無い方は、神楽岡通から正面に廻った方が良いでしょう。


ラストの芦屋と対決の場

特に紅葉の名所ではありませんが、山門は映画「鴨川ホルモー」のラストの対決シーンのロケで使われた「くろ谷」さんこと金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)が、地図上ではお隣なものの高低差が激しく、真如堂から会津小鉄の墓を見がてら歩くと、広い墓地を通り抜けて、更に墓地の中を長い階段を下るハメになる。

見晴らしは良い

逆だと当然上ることになって、これまた大変。お墓方面はスルーして、真如堂正面の道を南に行ってすぐの黒谷北門から入りましょう。

お墓の中をずっと階段

こんな具合に真如堂は高い位置に建っているので、井戸水が枯れやすいのか、ボタンを押すと一回分チョロチョロと水が出る、珍しい節約タイプ手水になっています。

チョロチョロっと水が出る


  


Posted by いたのり at 22:51Comments(4)