2009年11月07日

秋の田の刈穂のノーベル賞とほっこり門*京大北部キャンパス

「今年のそうだ京都行こうのポスターは、どこのお寺?」
と、尋ねられました。

え~と、どこだったっけな。(長岡京市「光明寺」)
テレビCMも綺麗だね。
でもアレ、去年の紅葉だから、今年はどうかなあ。台風もあったし・・・とは言いませんでした。(旅行会社のパンフ写真だって、去年のか下手したらレンタルポジのいつの物やらだ。最近はフリー素材も多いし。)

去年の真如堂

気候が段々とおかしくなり紅葉シーズンもどんどんズレて、11月でもなかなか色づかない、12月でOKみたくなると、この手の広告にも「写真はイメージです」と入るようになるのかなあ。

そんな京都の秋・・・。

いきなりな光景

写真は京大農学部の実習用農場です。百万遍の知恩寺の裏手近くに、こんな田畑やビニールハウスがあるとは知らなんだ。農具を積んだ軽トラが似合いそうな、自分ち周辺とどっこいな、中途半端な田舎の秋の景色。

銀閣寺側から修学院方面に白川通を行くと、北大路を超えると田畑が急に多くなりますが、その手前の上終町(かみはてちょう)は、「お上のおわす都はここまで(つまり、ここから先は田舎)」という意味だと聞いたことがあります。

立ち入り禁止

去年だったか一昨年だったか「新京野菜プロジェクト」と称して、農学部が開発(品種改良?)した京野菜を使ったメニュー(サラダ)を、時計台前のカフェテリア「カンフォーラ」で美味しくいただいた記憶がありますが、ここから生まれたのかなあ。

玄米先生みたいな人が畑を耕していないか期待しましたが、収穫は既に済んで稲束が干され、東南アジア方面からの留学生っぽい兄ちゃんが、自転車で農道を突っ切って行くのみでした。

農場のお隣には、馬術部の馬場があるようです。

馬らしき姿は無かった

奥の理学部には、ノーベル賞の湯川秀樹博士の銅像がありました。この方の随筆「旅人~ある物理学者の回想~」は、昔の京都の姿や生活を良く伝えてくれて愛読しています。

湯川博士の随筆は面白い
記念館ってなんだろう


現在は登録有形文化財となっている大正13年に竣工された、北部キャンパス(農学部と理学部)への表門と門衛所は、ちょっと変わった形です。



レトロな味わい

いかにもな仰々しい大学の正門のイメージからかけ離れた、瓦屋根でシンプルな五角形の出入口が可愛い、クウネルやソトコト辺りの「ほっこり系雑誌」に好まれそうなデザインです。まったりほっこり門。

「森ガール」ファッションの撮影に使えそう

レトロでほっこり


農学部グラウンドの脇から北部キャンパスを抜けるのは、御蔭通から今出川通への近道で、近所の人も良く使っています。

グラウンドから大文字山がバッチリ
広域避難所指定


ほっこり系門の先の今出川通の向こうには、映画「鴨川ホルモー」で、安倍(山田孝之)がウキウキと自転車で行くシーンに映った大きなお地蔵様(本当は地蔵では無く大日如来像)があります。

安倍君の自転車通学コースのロケ地については、また後日。

大日如来

  


Posted by いたのり at 01:19Comments(8)