2009年10月17日

ホンダムマークは御神紋???

またまたネタが前後してすみません。

「毎年体育の日近くになると、お囃子が聞こえると思ったら、この辺のお祭だった。」

東鞍馬通りにて

そう豚児に教えてもらった翌日(11日)の午後、祇園祭のコンチキチンに良く似た拍子が、だんだん近くに聞こえてきます。

音のする方角(カレーのアジャンタの方)に行ったら、東鞍馬通りの向こうから、大勢のさらし法被姿の人々に太鼓に剣鉾、お神輿が練り歩いてきました。この界隈の氏神様北白川天神宮の還幸祭です。

布令太鼓

一乗寺の八大神社でも見ましたが、こちらもまた大層立派な剣鉾です。粟田神社のそれが有名ですが、祇園祭の山鉾の原型だと言われるだけあって、あちこちの神社に伝わっているのかな?

剣鉾

剣鉾は「壱之鉾」「弐之鉾」「参之鉾」と称されるものが3本あるそうです。一見、よくある氏神様の秋祭りという風情ですが、太鼓、剣鉾に続いて裃姿の氏子(世話役?)、「大人神輿」「女神輿」「子供神輿」が3基、宮司さんを乗せた人力車と、なかなかどうして「京都」です。

男衆
造形芸大前にて
子供神輿も本格的
車夫の半天には「同志社大学」の文字

通りに「白川太鼓」と書かれた旗がありましたが、京大青龍会(ホルモーかよ)ならぬ、「布令太鼓・白川太鼓青龍会」という保存会の方々が継承活動をしているそうです。

リカーハウス前にて

法被の柄が独特というか、いくつも紋が入っていて、後で神社に行った時に氏子である各家庭の玄関に掲げられた提灯にも、同じような数種類の紋が描かれていました。それぞれの家紋かと思ったら違うようで、描かれたのは「立ち楓」「立ち葵」「三階松」、あとはちょっと見たことの無い「刀が2本」。この内の二つが描かれたものが、数種類のバリエーションとして確認できました。

法被
ちょっとカッコイイ紋

「立ち葵」ったら「戦国BASARA」的な意味で、家康よりヒーローの国最強本多忠勝の家紋じゃん!郷土の英雄の紋所に、ちょっと嬉しくなりました。(BASARA3では家康がイケメンヒーローになるぜ!)

ホンダム紋
三階松

葵紋だから徳川家ゆかりの何かがあるのかな?神社本殿の提灯の神紋は一般家庭や法被のそれとはまた違い、何だか色々込み入った事情があるようです。

綿菓子を買おう

神社は銀閣寺の北側の山あいで、入口には屋台が数件並んで子供達で賑わっていましたが、100段以上の階段を上がった先の本殿は、還幸祭も済んだせいか既にひっそりとしていました。

祭りは終わった

天神さんですが御祭神は菅原道真公ではなく、天使突抜(てんしつきぬけ)の五條天神社と同じ「少彦名命(すくなひこなのみこと)」です。

白川女の碑もあり、春は隠れた桜の名所でもあります。

白川女の碑がある


  


Posted by いたのり at 22:00Comments(2)

2009年10月16日

ゆるゆる建仁寺

書店に行ったら「ミシュランガイド京都・大阪2010」が並んでいました。ケチ臭いことに、きっちりシュリンクしてあって中身が見れない。行きっこない(オタクはそんな所に金は使わない)店ばかりだから別にいいけどさ。

で、その出版記念イベントの場が祇園の建仁寺で、先頃大々的にニュースになっていました。

ここから見る庭がサイコー!
三段腹どころじゃない

寺にビバンダムくん・・・シュールだ。

よく使用許可したな建仁寺!と思ったが、ここは3年程前に「リカちゃんキャッスルin京都」というイベントをやって、時代劇のロケにも良く使われる所。わりかし寛容なお寺さんらしいです。

複製

そもそも建仁寺って、あんまりメジャーじゃなくって、かの有名な国宝「俵屋宗達の風神雷神図」を所蔵していても、本物は国立博物館。寺に展示してあるのは精密に複製された陶板画で、もひとつ有り難味が無い。

あんまり人がいない

法堂(はっとう)の双龍の天井画は平成の作で、これも京都感を味わうのに必須の「歴史」に欠ける。

結局ここが全国的に名を轟かせたのは、例の「仏像盗難事件」によるもので、あの一件以来、自分は周りの人に「建仁寺って、京都のどこ?」と、やたらと尋ねられるようになりました。(犯人が割と地元近くの人間だったと言うのもある。)

本当は広くて静かで、何回行っても「ゆる~い」雰囲気の良い所なのに、実に残念です。

建仁寺HP

建仁寺と言えば金魚

この夏も行きましたが、本坊のガラス窓や襖が全て取り払われていて、風通しの良くなった書院というか大広間で、観光客がゴロゴロ寝っ転がっていても、全くお咎め無しの状態。これが「ZEN」の自由さか・・・と変に感心しました。見るからに警備も手薄っぽいけど、これでいいのだろうか?

(法堂へ渡る途中の木戸の電子ロックは、どう見ても警備には役立ってないよなあ・・・。)

いい味
ステキすぎる

そんな「ゆるさ」の象徴が、以前トップ写真にも使いましたが、潮音庭を臨む縁側(?)に置かれた豚の蚊遣りと、○△□(まるさんかくしかく)の庭を臨む部屋の窓辺に釣られた風鈴、卓上の金魚鉢と蚊遣りでした。

風鈴、金魚鉢、蚊遣りの「夏の3点セット」
まるさんかくしかくの庭

このステキすぎる「夏のしつらえ」!!!

建仁寺のアイドル

ガラスの縁をツンツンするとエサをくれるのかと顔を出す金ちゃん達に癒されに、またゆ~っくり行こうと思います。

エサ係がいるんだろうなあ

場所は京都観光のメッカ、祇園花見小路の奥。

本物の舞妓さん目当ての外人観光客に加えて、週末はすぐ前にある祇園甲部歌舞練場隣の「ウインズ京都(場外馬券売場)」に来た競馬ファンでごった返しており、考えてみれば「古刹にビバンダム」以上にシュールな光景が、禅寺の眼前で激しく展開しております。

  


Posted by いたのり at 23:56Comments(0)

2009年10月13日

ピンクの京都タワー

ネタが前後して申し訳ありません。
10日の晩にこっち(京都)に来たのですが、駅を出ると正面の京都タワーが、何やらなまめかし~いピンクに!

観光客が喜んで写真を撮っていた

タクシーの運転手さんも「何でっしゃろな?観光シーズンでライトアップですかねえ?」。(フロントガラス上部がブルーなので、タワーが紫色に見えておかしいと思っていたそう。「ピンクなんですか!?」と驚いていた。)

下宿に着いて早速この話をしたら、「乳がんのピンクリボン活動のイベントなんだって。他にもピンクのラッピングバスとかあるんだって~。」と、豚児が教えてくれました。(「カーチャンも検診行けよ」とも)

観光用のライトアップかと思った

京都タワーピンクライトアップ」と言って(まんまじゃねーか!)、乳がん啓発活動の「ピンクリボン京都」の企業協力の一環で、タワーは10日のみの点灯なんだそうな。ラッキー!いい時に見れちゃった。

福知山城や京都府庁、市役所もピンクになりました。(こちらは12日までライトアップ)

乳がん検診、かなり前にやったきりだな。自己検診は(万事テキトーな自分では)アテにならないから、これを機会に行かなくちゃ。

京都府HP「ピンクリボン京都2009」
ピンクリボン京都実行委員会HP

通常のライトアップ

↑普段はこんなん。

  


Posted by いたのり at 00:39Comments(2)

2009年10月11日

時代祭巡行アルバイトまだ募集中だったよー(^o^)/

前あったのは時代祭巡行でも楠公行列のアルバイトでしたが、行列全体での募集はまだしています。

時給は去年と同じ

パンフレット売りは定員になったのか募集はありませんでした。

お仕事がお仕事だけに髪や肌着の色等制約はありますが、京都らしいアルバイトをしたい学生諸君は是非参加を!

(「鴨川ホルモー」にも出た葵祭のアルバイトより参加は容易)

お申し込みは平安神宮まで!

ケータイも厳禁

頭数が揃わないと話にならないので、急な欠勤は厳禁です。もしもの際の代理人の目処を立ててから応募してください。

あと、普段履きなれない「わらじ」で、靴擦れならぬ「わらじずれ」になる可能性があるので、各自バンドエイドを忘れずに!だそうです。


葵祭行列エキストラアルバイト募集見つけました!
  


Posted by いたのり at 18:59Comments(2)

2009年10月07日

赤い霊柩車からホルモーまで*白川一本橋

京都サスペンスロケ地案内に移動する
「科捜研の女」「遺留捜査」等の京都のロケ地歩きに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。








一度でいいから見てみたい、船越、紅葉(もみじ)のロケ現場

・・・歌丸です。

シルバーカーで渡れる幅

週末辺りになると必ず殺人事件が発生するものの、警察に地検、科捜研はおろか、葬儀屋さんに舞妓さんまでが解決してくれる検挙率の高い町、それが京都。動機は大抵「怨恨」だから犯人も絞りやすいわな。

そんな、ドラマでおなじみの場所と言えば、南禅寺の水路閣、祇園巽橋、嵐山界隈、そしてここ、知恩院前の白川の一本橋周辺です。

向こうに商店街入口がある

橋の由来が脇の石碑に記されています。延暦寺の千日回峰を終えた行者が入洛の際に最初に渡る橋で、付いた名が「行者橋」。江戸時代には粟田祭の剣鉾(けんぼこ、祇園祭の山鉾の原点)が渡る「曲渡り(曲差し)」が呼び物だったともある、実に歴史と由緒に満ちた橋です。

昔からある橋

川端の柳並木が美しい落ち着いた景観です。

行者橋からの眺め

もともとが「サスペンスドラマなんかで良く使われる場所は?」と訊ねたら、「山村美紗『赤い霊柩車』でんな!」と、タクシーの運転手さんが張り切って案内してくれた所です。

映画「鴨川ホルモー」にも登場しましたが、聖地巡礼(?)らしき観光客よりも、地元の人が渡っている姿の方を良く見ます。目の前の知恩院参道に続く広い橋を使うより、ほんのちょっとショートカットできることもありますが、人をして「渡りたい!」と思わせる魅力満点!

ロケ用に作ったとの噂もあり

これも「川床」の一種かな?張り出したデッキにベンチが置かれ、一本橋と白川の景色を眺めながら休憩できます。



さらさらとせせらぐ澄んだ川水、さわさわと揺らぐ柳並木、浅瀬ではしゃぐ子供達・・・。確かにここでなら、「狩矢さん・・・私・・・」と、何でも素直に話せそう。人通り結構あるけど。

すぐ向こうに古川町商店街という、これまた雰囲気満点なアーケード商店街があって、こちらは良く「京都地検の女」のロケ地になっとります。

レトロな商店街
「京都地検の女」の撮影協力をしている商店街

建仁寺今宮神社もロケに使われますが、運転手さんによると、最近は時代劇を見ていても、あんまり市内のメジャーなお寺が出ないそうで、噂だと某寺院で立ち入り禁止の場所に入ってしまって、以後出禁になったとか・・・。そんな訳で市外の遠くの方で撮影をしているそうな。

時代劇のロケ地探訪サイト
「時代劇の風景」





「この前テレビで『はぐれ刑事』を見ていたら、藤田まことの背広がですね、後ろにシツケ糸がついたまんまなんですわー。衣装さんも気いつかへんのかいなー。」

かなりのドラマ通らしく、こんな鋭いツッコミも聞かせてくれて、趣味のもの以外には極力お金を使わない典型的オタクのオバサンですが、タクシーだとこういう面白話が聞けることがあるので、たまに交通費を奮発します。

のんびり

この手のネタを振ってみて、ノリが良い詳しい方だったら即チャーターして「京都時代劇サスペンスドラマツアー」をして別の視点で古都を楽しむことができますが、「ロケはさーっと準備して、撮影したらさーっと行ってしまいますよって、なかなか偶然には行き当たれませんなあ。」ですって。


2010年「相棒・元旦スペシャル」にも登場!

とうとう京都サスペンスのロケ現場を見ることができました!
キャサリンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!*南禅寺水路閣+駒井家住宅


「科捜研の女」「相棒 特命係西へ!」等の、京都のロケ地巡りに特化したサイトを作りました。こちらからどうぞ。

京都殺人ロケ地案内に移動する


  


Posted by いたのり at 22:00Comments(0)