2009年09月28日

こどものゆかた13*内藤ルネのジョンとエミイ

おどけた表情のパンダの小物や、水兵さんやおまわりさんの陶器製の貯金箱で、ファンシー雑貨の一大ブームを作り上げた内藤ルネだが、80年代に入るとその「ファンシーさ」そのものがアダとなり、急速に売れなくなってしまった。

(当時雑貨を扱う仕事をしていたが、デザイナーにもバイヤーにも「ルネはもう古い」と言われていた。子供っぽくなくシンプルでファッショナブルな、本格的なものへと生活雑貨の方向性が変わって行った頃。)

その頃の彼の活動は、「私の部屋」誌上での人形やコレクションについてのエッセイの方が印象に強い。

Jon&amy」は、そんな80年代の代表作。

「ミドリ」から出ていた

カップやステイショナリーを中心にシリーズ展開をしていたが、浴衣もあったとは。きちんとした版権物で、染めもきれい。

柄が細かいので幼児向け

雑貨店や文具店の店頭から消えたルネグッズに代わり、90年代になると彼の描く「アッー!」な「薔薇族」の表紙が、かつてのファンシー少女達を驚かせ、かつ喜ばせ(?)てくれた。

そして21世紀となり、弥生美術館を皮切りに数多くの展覧会、松坂屋のバレンタインフェア起用と再評価。残されたポップで可愛い膨大な量のデザインが、彼の言う「コレクターズファンシー」(現代物だが将来的に価値を呼ぶコレクター好みの何か)を持っていたことを、広く世に知らしめた。


  


Posted by いたのり at 21:40Comments(0)

2009年09月24日

こどものゆかた12*トッポ・ジ-ジョ

トッポ・ジージョ(Topo Gigio)」のリップルの浴衣生地。

先の「オバQ」に比べると、非常に線が達者で、ジージョとガールフレンドのロージーが生き生きと描かれている。

上手い

月曜の夜・・・だったかな。同時期の人形劇「ひょっこりひょうたん島」に比べるとテンポが遅く、どこかバタ臭かったせいか、あんまり真剣には見ていなかったようで、覚えているのは「トッポジ~ジョ~チャ~オ~」という歌だけだったりする。

イタリア~ンと日本の夏の融合

後年新しくアニメが作られたが、こちらも今ひとつであんまり覚えていない。さっき調べたらジージョの声が中尾隆聖で、猫が郷里大輔だった。「トッポ」がイタリア語で「ねずみ」であることを知ったのも、確かこの時。


  


Posted by いたのり at 23:08Comments(2)

2009年09月22日

こどものゆかた11*オバQ

オバケのQ太郎ゆかた生地」。

懐かしい

オバQ・・・合作故かどうか不明だが、長らく単行本が再版されなかった藤子不二雄作品。アニメは「怪物くん」「パーマン」もだが、必ず不二家のオープニングテーマとセットで思い出す。

リップルの子供用浴衣って、何故か蛍光ピンクや蛍光オレンジが使われているものが多い。可愛いけれど暑苦しい感じは否めないが、これは普通の色合いで、絵柄のわりにサッパリしている。

男の子にも女の子にも人気

版権物かどうか不明だが、そこそこ達者な絵で、もしかしたら漫画家志望の青年が、模写練習を兼ねてアルバイトで下絵を描いたのかも?と、「トキワ荘」めいた想像が膨らむ。


  


Posted by いたのり at 22:29Comments(2)

2009年09月19日

平安シアトル系眺めの良いカフェ2*三条大橋と錦のスタバ

お洒落なほっこりカフェや、歴史の感じられる喫茶店巡りは、既に京都観光の定番となった感があります。

が、常連客っぽい人ばかりで入り辛かったり(四条の某有名店)、客商売のくせにすんげー無愛想だったり(河原町の某有名店)、テラス席がホコリまみれだったり(某京大近くの超有名店)、ハコが小さく数人で満員、古い町家利用故にあちこち段差がある、トイレが店内に無い上に和式(これは年配者連れに困る)だったりして、期待を裏切られることもままあります。ガイド本はアテにならねー。

無愛想かつ客は皆2階席に追いやられる

そんな訳で、お休み処としては「当たりも無いが酷いハズレも無い、トイレはきれい」なカフェチェーン店にお世話になることが多いです。

中には六角堂の隣のスタバのように「大当たり!」な店もあって、チェーン店侮りがたしですが、こちらのスタバもなかなか京都らしい眺めを楽しめるので記しておきます。

鴨川がバッチリ

まず「京都三条大橋店」。

三条大橋の袂にありますが、夏場は「納涼床(のうりょうゆか)」(「川床(ゆか)」とも呼ぶ)が、テラス席として設けられています。(写真は朝で、まだ床席は開いていない)

ちなみに貴船方面の山あいの川に設けられたそれは、字は同じでも「納涼床(のうりょうどこ)」「川床(かわどこ)」と呼ぶんだそうな。流しソーメンたけーよ。

真夏の日中はお休み

周辺の納涼床のある日本料理やフレンチの店は、ランチ(真夏にはやらない)でさえ3千円前後。夜は万札必携で、そんな中で極めてリーズナブルに京都感を満喫できるこの席は、夕方になるといつも大人気。

橋の向こうは三条京阪駅

もっとも真下の支流の流れはど~んよりしていて、いかな風情はあれどそれさえ凌駕する京都の夏の暑さ。鴨川と東山連峰は、エアコンの良く効いた店内席から眺める方が無難だったりします。

外人観光客も多い

焼き土下座(?)の高山彦九郎像のある三条京阪駅から三条大橋を渡ってすぐだから、観光のついでに立ち寄るのに便利。



隣のアラレ屋さん、その隣のタワシ屋さんも良い感じで、気分は「孤独のグルメ」か「散歩もの」か。まっすぐ行けば同名の居酒屋のある「池田屋」跡、「けいおん!」で一躍名を馳せた「JEUGIA(ジュージヤ)」のある三条名店街にも歩いて行けます。

Wikipedia「納涼床」

おっ、なんかいい感じ

懐かしいなあ


次は「京都錦小路店」。

錦市場の西(大丸の裏手)にあって、お向かいがなんつーか「青果店」ではなく、昔ながらの「八百屋さん!」としか言いようの無いお店で、この2店が錦小路を挟んで向かい合う風景は、六角堂店程ではないもののシュールです。

向こうは錦市場の入口

錦市場からちょっと外れているせいか、野菜の値段は錦より少しお安く、観光客や地元の人らしき客でそれなりに繁盛しています。春に破竹を買い求めましたが、柔らかくて美味しかったです。

そう言えば店名を知らない

そんな京都のステキ風景(八百屋の隣の公衆トイレもバッチリ!)を見下ろせる2階席ですが、一度1階店舗から出てエレベーターか階段で上らねばならないせいか、案外空いていることが多く、一人客でもまったりできます。

雑踏の中の孤独

しかし、なんだな・・・コーヒーを飲んでも、その後に「お茶」が飲みたくなるという・・・俺ってつくづく日本人だな。

やまだしやで番茶を買って帰ろう。



京都観光の裏技ってほどではありませんが、年寄りや子供連れの場合は特に、これらカフェやファストフード店をトイレ休憩ポイントとして、事前にしっかり場所を確認しておくと重宝します。緊急用として、コンビニとパチンコ店もチェックしておけば尚便利。


  


Posted by いたのり at 23:05Comments(0)

2009年09月17日

平安シアトル系眺めの良いカフェ*六角堂隣のスタバ

引き続き六角堂、正確には「六角堂の隣」でございます。

六角堂の隣・・・意外!?それはスタバ!!!

ほっこり修行タイム

眺め良すぎ

なんっつーかもう、本当に隣も隣で、見よ!この眺め!!!
西側がガラス張りで、お堂がバッチリ!
なんというありがたいロケーション!

お隣

隣のビルにあるスタバなんすけど、寺側にもドアがあって直接出入りできるんだわ。(お寺の閉門10分前になると出入り禁止になる) 

さすが京都。景観条例の「烏丸通りからガラス越しに見える六角堂を遮らない」という条件を満たすために、全面ガラス張りの大きな窓になったんだそうな。(HP参照)

スターバックスコーヒーHP・京都烏丸六角店詳細

夜間はライトアップされる六角堂が、烏丸通側から見えるって。かっけ~。

4時50分閉門

しかし、シュールだ。「聖☆おにいさん」のお二人さんが、仲良くキャラメルマキアートを飲んでいても驚かんわ。

くつろぎのひと時

せっかくだから何ぞあやかる品をってんで、カフェコンパナを注文しました。クリームが六角形。

好物

六角堂は車止めも六角形。厨子はハニカム構造・・・ということはありません。

車止め

漫画家諸先生及び、「ガンダムの神様達」のサインや絵が眺められる近くの京都国際漫画ミュージアムのイクスカフェに次ぐ「絶景カフェ」として、謹んで認定させていただきました。

居心地が良いせいで客の回転が悪いのが難ですが、窓側の席は待つ甲斐があります。

狭いが緑が多くて静か


  


Posted by いたのり at 00:36Comments(4)