2009年08月27日

聖地で珈琲*京都国際マンガミュージアムEXカフェ

引き続き京都国際マンガミュージアムですが、オタク一家にとっては企画展よりもメインなのが併設のEXカフェでございます。

カフェは入口すぐ

御来館・・・てか御来店の漫画家諸先生方による壁面のサインで知られる、マンガファンにはミュージアム本館よか聖地度が高い、「京都オタク観光推奨スポット」です。

去年一昨年と見ていますが、サインは順調に増えていました。

増えてるし

こっちも

↓一昨年の壁面、ガンダム関連は増えていない
(サムネイルだからポチして見てね)




しかし、知らない名前や絵もあるし、全盛期を過ぎた作家も多い。漫画を描くより、大学のキャラクターデザイン学科とかで、教授をしている方も多そう。バロン吉元(サインあり)は大阪芸大キャラ造の教授だが、「龍まんじ」の名で妖艶なアクリル画を描いていてビックリした。京都造形芸大は去年新田たつおが講師をしていて、精華大学のHPには板橋しゅうほう竹宮恵子(サインあり)、村上もとか(サインあり)の名があった。


大林、沢田、村瀬とコロコロ作家が並ぶ

お子様客にウケるのは、ムラッセ(村瀬範行)の「ケシカスくん」に続き、現役コロコロ作家の沢田ユキオ先生のサインです。ペンギンや田中太郎が加わる日も来るのだろうか?(コロコロは現在「イナズマイレブン」が腐女子人気的に旬だから困る)


異彩を放つメビウス

「なんか一人異質な感じ・・・」と、豚児が眺める先には・・・

確かに異質だ

メビウスだよ~!!!フランスのSF漫画の大家(「おおや」じゃないよ!)で、宮崎駿大友克洋を始めとする日本の作家に、ゲームに、映画に多大な影響を与えたお方だよ。知らないんだなあ最近の若い衆は。


せんなり食堂で全巻読破したぜ

京都と言えば「みうらじゅん」、下は貸本漫画家のヒモトタロウ


今回最もウケた逸品。

宗像教授に隣に座して欲しい

谷口ジロー
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!


この人もメビウスに繋がりがあるよね。

描いてある場所がイイねえ。返却口の脇で、「珈琲など飲むのではなかった・・・あ~、胃が痛い・・・すっぱい・・・」と、漱石先生が後悔しています。次は井之頭五郎を描いてください。(二度来て描くのもOKみたい)

せめてカフェオレにすれば・・・



福本伸行に、「あしたジョー」の隣にカイジの横顔を描いて欲しい!荒木先生には、ミケランジェロの如く天井に ド オ オ ン とジョジョを描いて欲しい!と、オタク一家の会話は弾みました。

コーヒー啜りつつマンガ談義


追記

こちらのカフェは2010年10月24日で閉店し、その後リニューアルオープンしました。

関連記事

「漱石の上のポニョ」更にサインが増えました

「元祖ミヤホンさんマリオ」exカフェに宮本茂氏のマリオとサイン!

「京都マンガミュージアムのカフェはしばらく閉店」

  


Posted by いたのり at 00:56Comments(0)

2009年08月13日

音楽の森は懐かしFM番組、ここは古書の森*下鴨納涼古本まつり

夏休み~ってことで一家で京都です。と言っても、毎度「お茶の間」が豚児下宿に移動しただけです。

油照りの盆地の暑さですが、緑と日陰が多くて目に涼しい。あと、アスファルトの道路と花見小路のような石畳とでは、全然照り返しの温度が違う。地下街の廃熱がみんな地上に出る上、やたらと広いアスファルト道路ばかりの名古屋はあぢー。

古書研究会とな?

そんな訳で、木陰でゆっくりと本を見て回れるステキイベント「下鴨納涼古本まつり」に、ちょっくら行ってまいりました。

緑陰古書道
普段はこんなん

日盛りはいかに鬱蒼たる「糺の森」(ただすのもり・その昔、罪人を問いただす場であったそうな)も暑いだろうから、夕方出かけました。(6時まで開場、最終日16日は午後4時終了)

足湯ではない。かなり冷たい

先に行った下鴨神社の御手洗の池(みたらしの池、みたらし団子発祥の地のすぐそば)は、道の駅なんかの足湯の如く素足を浸せるようになっていて、水がとっても冷たくて気持ち良かったです。

が、会場は蒸し暑い~。風が無い~。団扇や扇を持って行くべきだった。ひぐらしが鳴いて小川がせせらぐものの、草いきればかり感じられて、興味のある本のイベントで無かったら、さっさと撤退するレベル。

しかし暑い、秋の知恩寺の方が良かったか

「海月文庫」というお店があったので「おっ!」と思って見に入ったら、自分の知っている「海月書林」ではありませんでした。「この名前(くらげ)、最近多いんですわ~」と御店主が仰っていました。

心配御無用!

近辺の古書店の参加が多く、一乗寺の萩書房のおなじみの看板も出張していました。

なんだか眼だらけ

東鞍馬通りの欧文堂、茶山駅近くの紫陽書院、京大近くの吉岡書店井上書店、今出川通りの竹岡書店と、それぞれ店売り以上に個性的な品揃えで出店していました。(白川通りの文庫堂、全適堂は出ていなかった)

面白いのは2世紀までかな

のりPは初日にお買い上げ

書籍の他に、ポスターや付録、絵葉書と面白そうなものがいっぱい。でも、この暑さと湿気、紙に良くなさそう。

ちょっと悩んだが止めた

懐かしい表紙、流行ったねえ


いっつも閉まっている一乗寺の線路近くの謎の店、石川古本店を発見!

漫画以外にも色々

漫画専門で完全予約制と古書店のガイド本とかには記されていますが、実際はこういうイベント出店と目録販売が主で、お店はほとんど開けていなくて倉庫状態なんだだそうな。でもいいや!こうして色々見ることができたから!もちろんここがマンガ本が一番多かったです。

ジョニー・ライデンwwww

汗を拭き拭き、売店のかき氷で体内からクールダウンして、パパとぶらぶら見て歩きました。暑かったけれど楽しかったです。

古書の屋台(夜店)って昔はあったよね


そんな本日の戦果。昭和49年の「小学五年生」と、昭和46年の「学研の学習科学・6年の読み物特集号」。

小五の表紙の女の子は手塚理美!

「読み物特集号」は、6年生の時に実際に買ってもらって読んでて、ボロボロになって捨てたことを後悔してたので嬉しい!改めて読み返すと、光瀬龍の推理もの、福島正美のSF、他にも宮永岳彦が挿絵を描いていたり、子供向けと思えない豪華メンバー。

二紀の重鎮

「小学五年生」は、ユリ・ゲラー、小野田さんに、横山光輝の連載「ダイモス」と、同い年の中年ヲタ夫婦のハートにズキュウウウン!のネタ満載!

文は中岡俊哉!給食のスプーンを必死で擦りました

少年マガジンでも図解してた

夏休みって、お盆の後はあっという間に過ぎてしまう。「夏休み帳はやったけれど、自由研究どうしよう~!」「B紙とマジックペン(研究発表用に書かねばならない)買ってこなくちゃ~!」とアセる気持ちを毎年思い出しますが、今年は特に強力に、そんな小中学校の頃を思い出したぜい。

せっかくだから懐かしのFMラジオ番組、羽田健太郎がご案内する『音楽の森』のオープニングテーマ、ドビュッシー作曲「アラベスク第1番」、シンセサイザー冨田勲


  


Posted by いたのり at 00:30Comments(2)