2009年08月16日

始めチョロチョロ中パッパで時間短いよ!*五山送り火

(前回の準備中記事の続き)

さて、今年は大文字の他を見ようぜ!ってことで、とある秘密スポットに出向きました。

↓サムネイルなので、ポチして見てね!
3箇所いっぺんに写せた

なんと!4箇所一度に見られるの。広角レンズなら左端の左大文字も写ったでしょうが、とりあえず3箇所一度に写せました。

法

妙

舟形

遠くにギリギリ左大文字

「五山送り火」と言うものの、送り火の形は「大文字(右大文字)」「妙」「法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」と6つある。

「五山」じゃなくて「山」じゃね?とツッコミたいですが、これに関する情報はありませんでした。「大文字五山送り火」が正式名称ならそれでいいけんど・・・。


点火時間は、

「如意ヶ嶽大文字山・大文字」・・・8時
「万灯籠山(松ヶ崎西山)・妙」・・・8時10分
「大黒天山(松ヶ崎東山)・法」・・・8時10分
「明見山・舟形」・・・8時15分
「大北山・左大文字」・・・8時15分
「水尾山(曼荼羅山)・鳥居形」・・・8時20分

で、燃焼時間は各30分程度。始めチョロチョロで、形がしっかりと見える中パッパ状態は20分かそこらで、事実、4箇所に堪能したので、8時30分丁度にガケ書房方面に行ったら、すでに大の字は風前の灯状態でした。

おしま~い

追記

後で調べたら「妙、法」を1セットで数えて、五山とするそうな。

「大文字焼き」と言うと、地元人に「五山送り火」だと訂正されますので要注意。

  


Posted by いたのり at 22:57Comments(2)

2009年08月16日

只今準備中*五山送り火・大文字山

今晩の五山送り火の大文字山(如意ヶ嶽)での準備の様子が、ガケ書房のこちら側から遠目に見えました。(「見ろ!人が以下略・・・」状態で、作業する人が動くのが見える)

白川通りだとここが良く見える
テントが指令所

祠がある大の字の中央に指令所があって、そこから作業の指示が出されるそうな。

16日は午前中に行くのがベスト

下宿の大家さんが保存会の一員で、銀閣寺の前のテントで護摩木奉納の受付をしていました。大抵午後3時前には受付を終え、それから最後の護摩木を山に上げるそうで大変です。

銀閣寺参道は人でいっぱい
今出川交差点近くから

銀閣寺の参道まで行くと大文字山は見えません。「白沙村荘 橋本関雪記念館」の前ぐらいから、今出川の交差点、京大農学部手前までの北側の歩道から見えます。京大のカンフォーラの前からも見えます。

鴨川デルタ辺りは屋台とかも出て大変な人だそうですが、お祭りじゃなくて「お盆の送り火」ですから、遠くから粛々と眺めるべきでしょう。

30円パインジュースサイコー!

銀閣寺キャンデーでパインジュースを飲んで帰りました。ここも今晩は凄い人だろうな。午後8時に1番目に点火されるので、それまでに夕食を済ませてまた出て来よう。


燃焼中の記事に続く


昨年の護摩木奉納と五山送り火の記事はこちら


  


Posted by いたのり at 18:12Comments(0)