2009年06月20日

天元天使突抜突破一丁目

数年前に古布古着物にハマって、その時にマリンバ奏者でアンティーク着物を着こなす通崎睦美(つうざきむつみ)さんのエッセイ「天使突抜一丁目」を読み、この風変わりな京都の地名を知りました。

てんしつきぬけ

わ~!ホントにある!!!

かつては「天使の宮」と呼ばれ、広大な鎮守の森を有していた「五條天神社」まで、森を突き抜けるように参道があったから「天使突抜」と名前がついたそうな。

見下ろされる五條天神社

天神(てんん)と言えば菅原道真が思い浮かびますが、ここの創建は平安時代初期で彼とは無関係。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)で、この中の少彦名命が天から遣わされた使者「天使」であって、天神(てんん)と読むらしい。

ビルを背景に、ムキムキした狛犬が出迎えてくれました。

筋肉質な五條天神社の狛犬

「天使の宮」より裏手の高層マンションが突き抜けて目立つ、他にも新景観条例前の駆け込みで建てたのか、マンションと、町家を取り壊した跡地利用と思しき駐車場が目に付く町並みでした。

なんだかスゴイ

駐車料金が高い

残酷な天使がロンギヌスの槍で突き抜くイメージやら、グレンラガンやら、オタクはろくな事を思い浮かべませんが、本当にこんなステキな名の場所があることを、この目でしかと確認しましたので、以上御報告まで。

普通の町並み

追記・・・更に調べたところ、豊臣秀吉の都市改造政策によって、五条天神宮の鎮守の森を貫通して南北に道が作られ、「天使突抜通」と名付けられたとありました。そこらじゅうでやらかしてるな、秀吉。

  


Posted by いたのり at 01:03Comments(4)

2009年06月18日

キリコが飲む「くびくびカフェ」のコーヒは・・・

キリコが飲む ウドのコーヒは苦い (声・銀河万丈)

家宝
装甲騎兵ボトムズ番宣ポスター・本宅サイトでも陳列中の我が家の家宝
東京おもちゃショーのタカラブースで友人が貰ってきてくれた


京都では何故か「コーヒ」という表記が多い。

そして、京都のコーヒ(ブレンド)は苦味より酸味の勝ったものが多い印象。焙煎浅目が好まれているのでしょうか?イノダ、前田、からふね屋・・・大手ほどそんな傾向が感じられます。

不法占拠で大学から訴えられました

さて、その立地にただただ興味シンシン!思想的背景一切無し!好奇心丸出し!で、おじゃましてきたカフェがこちら、

京大正門、時計台前のクスノキんとこの「くびくびカフェ」!

さすがにマグロの生首は止めたらしい

数年前、看板メッカの百万遍の石垣上に、石垣撤去に反対する方々が立てこもって、注文するとコーヒーの入ったバスケットが櫓(?)から下ろされて・・・という「石垣カフェ」をやっていたそうですが、「くびくびカフェ」もその系統らしい。ほっこり系とかシアトル系なんかとは、全然方向性が違います。

Wikipedia「石垣カフェ」

観光地にある顔出し看板を模してある

とは言えど、入ってみたらちゃんとメニューもあって、紅茶やハーブティーもOK。味は開店当初より大幅に向上したそうで、オオヤコーヒー(ここではコーヒー表記)の豆を、カセットコンロとフライパンで自家焙煎しています。

クスノキは春に赤い新芽が出る

お値段は「1くびくび」ぐらいでお願いします

界隈だと、一乗寺の恵文社の近くの「つばめ」がオオヤコーヒーだったかな。「田中美穂植物店コーヒショップ」で販売の豆も。不勉強で京都に来るまで知りませんでしたが、絶大な支持を集めているようです。

押井守作品を見てる気分

「反対運動」もいよいよ長期化して、店主(?)はここに住むそうで、石垣カフェもですが、そういうことが「できる」のが、非常に京大らしいと感じた次第で、デモや立てこもりがあると「京大の時代祭」とネットで揶揄されていますが、確かに押井守的世界で納得。

同時に、大学、職員、エクスタシー(看板に書いてある団体名)ってシチュエーションに、「フランス書院」という単語も激しく頭に浮かんだっす。ノンケ、じゃない、ノンポリの考えることはこの程度。

フードメニューも計画しているのかバジル栽培中

ついでに言っちゃうと、桂キャンパス行きのバス停脇のゲバ文字看板コピーが、昔話題になった椎名林檎の「勝訴ストリップ」の姉妹作みたい。

勝訴ストリップの姉妹アルバム?


何故か「くびくび」という、為替レートが1くびくび=年収の一万分の一程度(200~300円、コーヒー1杯の値はこのぐらいでお願いしますとのこと)の通貨(?)が発行されていて、これがもし、「ゼニー」や「マッカ」だったら、このゲーオタオバサンは喜んでカンパしちゃったかも。

ルピーやガバスでもいいよ

変な例えですが、北白川の「ミュー」が野外営業しているような雑然としたテントの中で、カフェ御用達デュラレックス耐熱コップで供されたコーヒーは、焙煎深めの少々アメリカン。自分で入れたのと良く似た味わいでした。

雨降りそう

普段とは全く違った視点で、京大を見ることができました。


追記・・・その後、楠の下から移転し(させられ)ました。

顔出し穴からの眺め


  


Posted by いたのり at 20:18Comments(2)

2009年06月17日

シャーク深町は探偵でカレーを孤独にグルメする

カレーネタ続きで、「喫茶 探偵」で探偵カレーなるものを食しました。(メニューにそう書いてあるし)

孤独のグルメ

店主の林海象監督がレシピを忘れたとか、色々いわく因縁があるらしいカレーですが、ほろほろに煮込まれた肉が時々顔を出す他は、キーマ風の見た目の極めて優しい味わいでした。

満腹

名前からしてハードボイルドな、香辛料で火照った頬や額に冷やした拳銃を当てる的な、スパイシーなものを想像していたのでちょっと意外。

油っぽくなくて、でもコクはあって盛りが良くって、食べ盛りの学生に推奨。固ゆで卵の輪切りを乗せて食べたい!

隠し部屋は夏はエアコン無しだそう

なんにしろ「探偵」なる店で、ふうふう熱いカレーを食べていると、谷口ジローの「事件屋稼業 」と同作者の「孤独のグルメ」(祝!復活)がビミョ~に混ざったみたいで可笑しい。

ビターです

カレーの後は、雑誌を読みつつ濃~いコーヒー・・・じゃない、ここは京都であるからして、コーヒを一人ハードボイルドに啜るのであった。

チープで可愛いクリスマスオーナメント

  


Posted by いたのり at 00:38Comments(0)