2009年06月20日

天元天使突抜突破一丁目

数年前に古布古着物にハマって、その時にマリンバ奏者でアンティーク着物を着こなす通崎睦美(つうざきむつみ)さんのエッセイ「天使突抜一丁目」を読み、この風変わりな京都の地名を知りました。

てんしつきぬけ

わ~!ホントにある!!!

かつては「天使の宮」と呼ばれ、広大な鎮守の森を有していた「五條天神社」まで、森を突き抜けるように参道があったから「天使突抜」と名前がついたそうな。

見下ろされる五條天神社

天神(てんん)と言えば菅原道真が思い浮かびますが、ここの創建は平安時代初期で彼とは無関係。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)で、この中の少彦名命が天から遣わされた使者「天使」であって、天神(てんん)と読むらしい。

ビルを背景に、ムキムキした狛犬が出迎えてくれました。

筋肉質な五條天神社の狛犬

「天使の宮」より裏手の高層マンションが突き抜けて目立つ、他にも新景観条例前の駆け込みで建てたのか、マンションと、町家を取り壊した跡地利用と思しき駐車場が目に付く町並みでした。

なんだかスゴイ

駐車料金が高い

残酷な天使がロンギヌスの槍で突き抜くイメージやら、グレンラガンやら、オタクはろくな事を思い浮かべませんが、本当にこんなステキな名の場所があることを、この目でしかと確認しましたので、以上御報告まで。

普通の町並み

追記・・・更に調べたところ、豊臣秀吉の都市改造政策によって、五条天神宮の鎮守の森を貫通して南北に道が作られ、「天使突抜通」と名付けられたとありました。そこらじゅうでやらかしてるな、秀吉。

  


Posted by いたのり at 01:03Comments(4)