2009年05月20日

貧乏サヴァランのジャー?

象印の古いジャー。御飯の保温ジャーではなくて、只のジャー。
先日、実家の物置から発掘された。

バナナの叩き売りは一度だけ見たことがある

この中に、氷やら、缶ジュース(飲み口の穴を開ける小さな缶切りの付いたの、飲むと何だか鉄サビっぽい風味がした)やら、葡萄(種有り)やらを詰めて、海水浴に行った記憶がうっすらとあるが、じきにレジャー専用の四角いクーラーボックスを購入して、使わなくなってしまったようだ。

何に使う当ても無く貰ってきたが、テーブルとともに激しく昭和を主張して、「幼くてうろ覚えの時代とモノ」を、今になって鮮明に眺めさせてくれる。

長年蓋をしたままだったせいか中が臭いの

森茉莉の「貧乏サヴァラン」で、彼女が冷紅茶に使う「岩屋の氷室さながらの涼風をさざめかせているダイヤ氷」を満たした大型ジャーとは、きっとこのタイプのものだろうと、想像して楽しんでいる。

(「貧乏サヴァラン」を収録する著書「私の美の世界」は昭和43年刊行)


  


Posted by いたのり at 22:14Comments(0)

2009年05月18日

「喫茶探偵」を更に潜入捜査する

喫茶探偵」の更なる調査報告です。

黄モッコウバラも散って幾分地味・・・でもない、相変わらず「探偵」のくせに、お店は神宮寺三郎の髪型以上に目立ちまくっております。

いつ来てもステキ
「謎」のイメージを大切にしたいので店内写真は控えめにします

今回は他に誰も客がいないのを幸いに、更にじっくり店内を観察しました。

ええと、まずこれ。
マジに林海象監督御本人の「探偵認定証」です。

林監督の本名です

探偵警備士養成所なる所で、実際に犯罪学、民法、法医学、素行調査や尾行術等の探偵術を学んで身につけていらっしゃるそうです。(つまりプロとして開業できるってこと)

探偵養成所・・・「探偵学園Q」(団探偵学園Dan Detective School)みたいなのを想像してはアカンだろうな。やっぱ。

奥で開業している設定だが、2話で雑誌が休(廃)刊

ただ、「世界探偵協会」も「日本探偵協会」もググってみましたが、なんかカッコイイと言うより先に胡散臭さが・・・。「謎の事件の真相究明<<<<<人様の秘密(主に浮気)を探る」が一般的な探偵(てゆか興信所)の仕事っぽいから仕方がないか。


次にコレ。その名も「探偵十訓」。

探偵5シリーズでおなじみ

大時代な文言のせいでしょうか、オバサンこれ見て何故か石ノ森章太郎と小池一夫の漫画「多羅尾伴内」を思い出しました。(片岡千恵蔵版はジイちゃん世代だ)

「ある時は片目の運転手(運転に向かない気がする)、またある時はインドの魔術師・・・」と、変装すればするほど目立つ、そんな名台詞のシメ、「しかしてその実体は・・・正義と真実の使徒(しと)藤村大造!」を「人(ひと)」だと、ず~っと勘違いしていた自分はバカでした。(藤村大造は江戸っ子かい!?)


昔の姿がそこかしこに残る

閉店して久しいものの看板がまだ残るここの前身の「純喫茶三茶」は、結構その道(純喫茶界?)で知られた店だったそうな。

灰皿を始め、食器には皆「三茶マーク」があしらわれていて、これもそのまま使われているテーブルや椅子、内装と共に、元店主の並々ならぬこだわりが伺われます。こういう店だったからこそ、「喫茶探偵」「BAR私立探偵」のコンセプトにピッタリあてはまったのでしょう。

こんがりチーズトースト
このテーブルも寄木細工みたいな仕掛けがある(ウソ)

ガケ書房で良く貰ってくるミニコミ誌のSCRAPですが、ここの2階に事務所を構えています。(地図には三茶アパートとある。1階のドアを開けるといきなり階段という、自分の学生時代には良く見られた構造だと思われる。)

株式会社だったりする

SCRAPはイベント企画もやっていて(てかそれが本業?)、チケット予約制ですが、来週24日「ぼくの初恋の人を捜してください!!」という謎解きイベントがあるそうです。

ガケで貰った

31日まではここ「喫茶探偵」で、1オーダー+500円で参加できるコラボ企画「ミステリーカフェ 隠し部屋の殺人」をやっております。時間があれば挑戦したい。

隠し部屋を見たい

さて、今回判明した中で一番驚愕の事実!
隣の建物が完全に取り壊され、それによって「探偵」の全貌(というか側面全体)があらわになったのですが・・・

写真は途切れていますが、かなり奥深いです

長い~!ウナギの寝床だ~!
最深部には何が隠されているんだ!?

「探偵十訓」をモットーに、銀行(京都銀行、すぐ近く)やスーパー(なかむら生鮮館里ノ前店)やタコヤキ屋(たこなぐり)に行くふりをして、今後も調査を続ける所存でございます。

ステキな立地

  


Posted by いたのり at 00:18Comments(5)

2009年05月13日

自炊に聖地巡りにどうぞ*京大周辺ガイドブック2009

けいおん! 哲学の道が出たじゃん!」

5話を見た豚児が言っておりますが、母ちゃんそーゆーネタばっかやってんじゃないから!要するに京都は「絵になる場所」が多いのだ。

4羽の雀がラブリーな「けいおん!」背景推奨地

さて、今年も生協ルネで買い求めました。京大周辺ガイドブック

京大生御用達の安価で盛りの良い定食屋や、ファストフード店が掲載されていて(もちろん白川通のマクドナルドも!)、通常の旅行ガイドブックよか「けいおん!聖地巡礼」にも大いに役立つと思われます。

210円

今回、主婦であり、かつて受験生の母であった自分の目を引いたのは、自炊学生に大推奨のスーパーマーケット紹介ページ。

何と!品目による価格のレーダーチャートを導入です。さすが難関受験をかいくぐった若人の編集です。

各店舗の比較が主婦にも嬉しい

う~む、こんなもん2度と目にしないで済むと思っていたのにさ。豚児のソレは、全っ然平均化されていないガタガタチャートで担任泣かせ。そういやコイツの育てたポケモンは、どいつもこいつも「こうげきりょく」ばっかり突出しててバランス悪かった。

ラーメンは絶対に外せない

地図の精度は高いものの、開店閉店が目まぐるしい地域性(特に今出川通)の為、載っていない!載っているのに無い!ということもありますが、実際に歩いてそれを書き加えて行くのが楽しい、そんな京都街歩きマップ(左京区重点)のベスト1です。前述したように学生用ですから、特にB級グルメ食べ歩きに威力を発揮します。オシャレカフェ巡りにも便利。

今年からケータイショップも載るようになり、さらに利便性が高まりましたが、バス停がやっぱり欲しいなあ。

雀荘ならぬスズメのお宿は南禅寺の車止めです 

娯楽施設としてゲームセンター、ネカフェ、漫画喫茶も掲載されていますが、雀荘はガン無視なところに時代を感じます。(百万遍界隈に行けば無いことはない。昔は大学とセットで、特に体育会系は合宿時にOBのお相手をする為に、麻雀は必須科目だったりした。)

只今放映中の萌え麻雀アニメ「咲 -Saki- 」で、新しい客層(オタク)が開拓されているのかしらん?


京大周辺ガイドブック記事はこちらも

  


Posted by いたのり at 22:24Comments(4)

2009年05月08日

もったいないもったいない*真如堂の手水

「京都変なものフォルダ」より、真如堂の手水。

一見フツー

見た目普通ですが、何かヘンだ。良く見るとなにやらハイテク装置が仕組まれているようだ。

御用の方はボタンを・・・
井戸から汲み上げているようです

手水って四六時中ちょろちょろと水が流れ出て、拝観者の手や口を清めるように水を湛えているものだとの常識を、見事に覆してくれました。ボタンを押すとチョロチョロ~っと、柄杓半分ほどの水が出る。

チョロチョロ・・・

でも、なんかケチ臭いって言うかなあ~。常時注がれていないと水が淀んで見えて、清涼感、清浄感に著しく欠ける気がする。

それともこれが音に聞く「京都の始末」、世界に誇る日本の美徳「もったいない」なのか?


「これを導入してから水道料金が激減!設置したお寺さんから喜びの声が続々と!あなたの寺、神社に是非一台!どんなタイプの手水にも接続可能!まずはお問い合わせを!見積もり無料!!!」

こんな謳い文句が頭に浮かびました。

高台のせいか井戸も深いようで

地図で見ると白川通のバス停「真如堂前」から近そうですが、実際は坂道、階段をかなり登る必要があります。これだけ標高差があるからこその「(井戸)水を大切に!」なのでしょう。

お年寄りは表山門からどうぞ

お寺の真裏だから、バス停「真如堂」でないとウソやん!!!訪れるなら吉田山荘ツインテール狛犬の神社のある神楽岡通から正面正攻法でどうぞ。

真如堂は猫見スポット

紅葉の名所として昨今つとに名を高める真如堂ですが、そもそも永観堂が激混みで、「近くにもっと静かで綺麗な穴場がありまっせ。」と、タクシー運転手さん達が観光客を案内したのがきっかけで、今日(こんにち)の繁栄となったんだそうです。へぇ~。

新入社員研修も受け入れています


関係無いけど、平安神宮境内の手水はカッコいいんだぜ!

ドラグーン、ドランザー、ドラシエルはどこだ?

行けっ!ドライガー!(ベイブレードかよ・・・)

ゴージャス風呂みたいに白虎の口から水が出たらもっと良いかもー。

  


Posted by いたのり at 21:25Comments(0)

2009年05月07日

三条京阪で焼き土下座*高山彦九郎銅像*

お店は混む、バスで河原町辺りに出るにも時間がかかる。京都市内に住んでいると連休は逆に不便。が、田舎(中途半端な垢抜けない土の匂いがする地方の町の実家)に帰るのもイヤ。しょうがない、部屋でゴロゴロして過ごそうと思ったら、両親が揃って上洛してきやがった!!!そんなGW。

木が繁って見づらいので春先の写真

一家で有名観光地に行くことは行きましたが、そこはオタク一家、最後は全員一致で三条京阪のブックオフに寄ろう!と、あいなりました。

ワシズと花輪和一の絶妙なコラボ

子供は「デビルサマナー葛葉ライドウ」のミニゲームの麻雀がさっぱりわからんからという変な理由で「アカギ」を読み始めて、アニメ版「カイジ」も一緒に見ちゃったりしたもんだから、駅前の高山彦九郎像がどうしたって、

Eカードで・・・

焼き土下座に見える件。

勤王論者高山彦九郎が御所方向に望拝する姿であって、厳密に言えば土下座じゃないです。しかし、これから強制マシーン無しで10秒以上耐えようという実に良い面構えだわ。(違うだろ!でも、究極の誠意表現方法だから、あながち違ってもいないような・・・ざわ・・・)

だんのう

こうなると近くのお寺、檀王法林寺の「だん王」も「賭博覇王」になるな。

(「だんうほうりんじ」と読む。「だんおう」ではナイ!團王(だんのう)上人が阿弥陀堂を建立したんだそうな。)


ここ(京阪三条駅)は通勤客も多いくせに惣菜店の一つも無く(パン屋があるぐらい)、お休みモードで炊事がめんどくさい母(オレ)は、結局、帰りがけに叡電元田中で途中下車して、かまどやでホカ弁を買う始末でした。(外食?「天下一品北白川店」も「東龍」も「王将」も行列よ!)

BOOKOFF 京都三条駅ビル店

適当に晩を済ませて、早速買ってきた本をゴロゴロして読んだり、お菓子を食べてバカ話をしたり。お茶の間が京都に移動しただけのGWでした。

  


Posted by いたのり at 00:10Comments(0)