2009年04月16日

さよならLマガ・・・*北白川疏水脇遊歩道

今週に入ってからの雨で、桜はすっかりおしまい。
それでも、遅咲きの一枝や八重桜が目を楽しませてくれます。

今日限りの花見

雨だと買い物に出るのが面倒臭い一方、「雨だから」洗濯掃除その他に追い立てられずに済む。大国屋に疏水脇を歩きがてら買い物に行き、帰りに「しずく」で一服です。

銀月アパートメントの枝垂桜もおしまい

最近見かけなかったなと、店置きのL magazineを手にしたら、何と去年で休刊していました。なるほど見ないわけだ。ネットの発達で週刊誌さえ「情報が遅い!」と感じるようになった昨今、出版不況も重なって色々大変なのかしらん。

そこそこお世話になりました

創刊から31年とありましたが、そんなになるんだ。学生時代は大阪で過ごしていたけど、自分はプガジャ(プレイガイドジャーナル)派だったからなあ。

客は自分ひとり

80年代若者カルチャー、レンタルレコードの黎紅堂、ビックリハウス、漫金超(まんがゴールデンデラックス)、文化屋雑貨店、アメリカ村、友達が下宿していた下北沢の闇市みたいな駅前商店街・・・コーヒーと逝く春、そぼ降る雨のせいか、ちょいとおセンチに青春時代を思い出したゼ・・・ククク、若かったゼ・・・。

(「おたく族」って言葉も、82~3年に出てきた言葉だったっけ。平光琢也、赤星昇一郎、郷田ほづみ~キリコーッ!~の「怪物ランド」が深夜番組「ウソップランド」でギャグにしてたのをはっきり覚えている。)

日が暮れてからは歩きたくない

日は長くなっているものの既に辺りは薄暗く、人通りの途切れた疏水脇の遊歩道は少々不気味です。遠くから「セーイ!ハットハーット!!」と、アイシールド21みたいな掛け声がすると思ったら、京大グラウンドでアメフト部(Gangsters)が練習中でした。

向こうにアメフトフィールド、手前はサッカー部

  


Posted by いたのり at 22:08Comments(5)