2009年04月07日

レトロな台所完成

春風とともに(星のカービィだ!2Pと「ちゅう」をするのが楽しいのよ!)シャキ神が光臨して、ようやくキッチンの形が整った。

去年の水害で、足部分が泥水被った先代に代わるものを探し続けて半年。やっと見つかった!理想的レトロテーブル!

生活感ありまくり

昭和ムードってか、モロその時代のもので、かつて同じものが伯母の家にあった。同様なアイアン脚の、天板がグリーンのミニテーブルが実家の台所にはあって、上に蝿帳(はいちょう、知ってる?)や台秤が置いてあった。懐かしいなあ。

見ようによっては、いや、どう見ても京大周辺の定食屋っぽい安食堂感が漂う。いいんだ、どうせ上に載るのはサバの塩焼きやお浸しの類だ。

ここは変わらない

がたつきも無く、状態は良好。軽くて丈夫。唯一の難は物が置ける便利仕様の為に、地震の際に下にもぐりこめないこと。いいんだ、新聞や主婦雑誌をちょい置きするのに本当に都合が良いから。

あざといもの

壁が寂しいから何か貼ろうかと思って色々出してみたが、なんだかレトロムードを狙い過ぎて「あざとく」なってしまうので止めた。

カントリー、アンティークの基本(笑)医療棚は食器棚に

「定食屋や学食のプラスチックの、あのでかいソース入れが似合うな。」
「いやいや、ダサイ花柄のテーブルクロスでしょう。」
「コップにワタナベシトロンジュース(粉ジュース)のメロン味作って入れて置きたい!」

中年夫婦の会話も弾む。

あざといものは戸棚の裏に隠して飾る

  


Posted by いたのり at 23:52Comments(2)