2009年03月22日

大人の修学旅行R*二条城休憩所でコーヒ牛乳を飲みつつ考えた

引き続き修学旅行の王道「二条城」・・・のレトロな休憩所で、「何で京都は何回も来ているのに関わらず、しっかり見た気になれないのか?」の謎を考えております。

我が家は親子2代小学校の修学旅行は奈良京都で、泊まったとこも同じ本能寺の隣の、県指定の宿「本能寺会館」。親子共通の話題で会話が弾んで、これはこれで実によろしい。因みに中学の修学旅行がこれまた同じく日光東京方面。豚児は新幹線だったが、父母の頃はだな、「こまどり号」という修学旅行専用列車だったんだぜ。

京都は「コーヒ」表記が多いが、ここは「コーヒー」もある

そんな具合に大抵の日本人にとっては「京都旅行=修学旅行」、もしくはそれに近いスケジュールの慌しい団体旅行だもんで、「今度行ったらゆっくり見よう!」と、人は心に決めるようです。

で、再び京都を訪れた際には、例えそれが個人レベルの旅でも、「せっかくの京都だから、ここも見よう!あそこも行きたい!」と欲張って、結局「よく見たような、見ていないような」という同じ轍を踏む羽目になるようです。

湯煎したコーヒ牛乳の紙蓋をおばちゃんが開けてくれました。懐かしい味

オフシーズン(特に冬)のガラ空きの有名寺院等を、一日せいぜい2~3箇所ゆっくりじっくり見て回る方法が、「行ったことは行ったけど、あんまり記憶が無い状態」に陥らないで済むと、ようやく悟ったところで、これはタクシーの運転手さんが「まあ、ボクらは儲かりませんが・・・」の前置き付きで教えてくれた「京都の賢い観光の仕方」だったりする。

誰もいない冬の永観堂(仏像が盗まれないか心配)

それには、観光名所や伝統文化が目白押しの中で、「ここもあそこも」の心理的誘惑にまず勝つことが要求されます。でも何かすぐ近くにあるのに行かないでいると、物凄い損した気になるのよ~。

人に「京都に行った。」と話すと、ほとんど必ず「どこ廻ったの?○○寺は?××は行った?」と訊かれる&「行ってない」と答えると「あそこはいいよ~。」と言われて何故か負けた気もする、そんな心理戦に惑わされないのが重要。

二条城地面にこんなんが。埋めたケーブルの目印か?

あっちもこっちも観光にいいよ!行かなくっちゃ!え~、行ってないの?(プ)とシーズン毎にJRや旅行雑誌に旅番組が煽りまくってくれる辺りが、「良い所だからもう一度行きたい。」じゃなくて、「あんまり良く見られなかったから、また行きたい。」気持ちにさせる姑息なリピーター誘致策のような気もする。

電圧が弱い?

あと、これは受け入れ側の問題ですが、その場での説明がガイドブックとまるっと同じで、これでは観光が「レンタルデータ写真やライターの記述の通りか確認をする単純作業」になってしまう。最近はもっと詳細な説明やミニ知識みたいなのが寺社のHPに載っていたりしますが、ネットじゃなくて現場で知ることに意味があると思うのに・・・。

休憩所からの眺め

立派、綺麗、歴史ある、風情あるだけじゃない、その裏の、どんなくだらない小さなことでも良い、一般にあまり知られない「何か」をその場で知ることで、初めて知的好奇心が満たされて「細部にわたって見た気になれる。」

(オタク心が満たされるって言うのかな?嘘ネタは困るが、昔の少年雑誌の柱の豆知識みたいのでいいんだが。)

「へ~、そうなんだ的小ネタ」のTV番組だらけですが、何故か京都はトリビアやVOWネタがあまり表に出なくて(一見さんお断り的閉鎖性や観光イメージ保持の為もあるでしょうが)、それがいよいよ「見ているはずだが良く知らない。」に拍車をかける気がします。


  


Posted by いたのり at 15:01Comments(0)

2009年03月21日

大人の修学旅行R(リサイクル?)*二条城の昭和レトロ休憩所

桜のライトアップで混まないうちに、二条城に「大人の修学旅行」としゃれ込みました。

二条城公式HP

比叡山の良い眺め

関係無いけど、「オトナの修学旅行」と強調すると、例えば東寺は東寺でも「東寺デラックス」方面の小沢昭一的イメージになるのは何故だろー?

(更に関係無いけど、大学の合宿で毎年行ってた伊豆には「夜の伊豆の踊り子」さんの館があった。男子がOBに連れられて・・・)

休憩所はこの近く

さて、二条城・・・う~む、小学校の修学旅行と、家族旅行だかで来た記憶はあるんだが、あんまり覚えてないんだわ。

京都の有名観光地って、修学旅行や、その他団体旅行の弊害っていうかすべからくソレで、「行ったことある。でも時間無くてあんまりしっかり見ていないし、覚えてない。」って所ばっかり。

今回の「見どころ」

これではイカン!と訪れた二条城ですが、「等身大人形(またマイキー新キャラかw)があって、修学旅行の時と変わらないなあ。」程度の感想しか持てないや。

昭和にタイムスリップ!
掲示板の古さがたまらん

二条城内部は撮影禁止なので、例によって外で「変なもの」を探しつつ、「何回も来ているのに関わらず、しっかり見た気になれない京都」の謎をちょっと考えてみました。

フィギュ和(みうらじゅん)がいっぱい!

とりあえず、オワットル感が激しく漂う休憩所兼売店にヒッジョ~に心引かれたんで、ここを今回最大の見どころ、「大人の修学旅行」観光推奨ポイントとしておきます。昭和の修学旅行を髣髴とさせます!

つづく



コレまだあるんだ~!


  


Posted by いたのり at 22:37Comments(0)

2009年03月10日

笑う狛犬、美少女狛ネズミ*哲学の道・大豊神社

まだまだ寒いけれど、哲学の道を自転車でひとっ走り!(ちょっとジャリ道だし、土産物屋だけでなく一般家屋が連なる生活道路だからスピードは出せない)

豚児に可愛い「狛犬」ならぬ「狛鼠」がいると教えてもらったので、「大豊神社(おおとよじんじゃ)」に参拝です。

いつもの京都銀行の脇。空いてるし・・・

毎度のように銀閣寺の手前、白川通今出川交差点の「哲学の道」看板を基点に出発。銀閣寺に向かって、暇そうな人力車の車夫さん達の横を疎水に沿って右折。

ここから本格的に哲学の道。桜はまだまだ

ハイシーズンだと自転車で通るどころではない哲学の道ですが、今はガラ空き。

とりあえず営業中の「よーじやカフェ」や休業中のお店を横目に、南禅寺方面にどんどん漕ぐだけ。この間すれ違ったのは外国人観光客ひとりと中年男性二人連れ。(双方ともごっついカメラを持っていたから撮影旅行らしい。確かに今時分でないとゆっくり写真は撮れない。)

いや~、いい時来たわ。貸しきりサイコー!!

永観堂も貸しきり!サイコー!!!

タクシーの運転手さん達は、口を揃えて「京都は冬が良いですよ。ゆっくり見られますよ。」と勧めてくれます。シーズンオフで商売上がったりだから来てね!というのを割り引いても、確かに「冬の京都はイイ!」。(夏は祇園祭と五山送り火の混雑要因があるから、それを外さないといけない)


穴場的な存在

神社入口の看板があったので、とりあえず自転車を道端に置いて石畳を登ります。

さびれ気味

珍しい狛鼠に狛猿に狛鳶が売りらしく、あちこちに道標があって親切。大して広くはない、幾分荒廃したムードの境内に人影は無し。(お守りやグッズを販売する社務所は開いていた)

しだれ梅

拝殿前の枝垂れ紅梅が風情があります。ここら一帯を椿ケ峰と呼ぶそうで、椿も多いです。

奥に社があります

奥のお社の前には、聞いた通りの可愛い狛ネズミちゃんが、誰が付けたか椿の花簪でおめかしをして、う~ん、ラブリー。

ぽっちゃり気味の美少女よん

が、一瞬この子の「擬人化」した姿を想像した自分は、大バカオタクだわ。(ツインテールでお花付けてるの。西又葵辺りの絵で開運グッズを作ればイケルかも!鷺宮神社に負けるな!)

こっちはスレンダー美少女で

狛鼠は縁結びの大国社、狛鳶は火難除けの愛宕社、狛猿は災難除けの日吉社と、それぞれ社の前に鎮座しています。

何でトンビが火難除けなのか???
表情豊か

本家狛犬も負けじと愛嬌を振りまいていました。笑ってるじゃ~ん。

笑っとるwww
萌えグッズが欲しい


大豊神社前から更に南に行けば、若王子神社で哲学の道はおしまい。
俳優、栗塚旭氏経営の喫茶店「若王子」は、入口が荒れ放題って感じで、四半世紀近く前の京都旅行で存在を知った店ですが、さすがに廃業しちゃったのかなあ?

荒れ果てている感じ


  


Posted by いたのり at 22:38Comments(4)

2009年03月03日

ちょっとホラーな雛祭り*春の人形展・宝鏡寺

思い立ったが吉日で、翌日早速行ってまいりました~!
「宝鏡寺の春の人形展」

宝鏡寺門跡ホームページ

人形展は春と秋

桃の節句、雛祭りの3月3日に行くなんて、いいじゃん!が、寒い・・・雨だけど行くか~と、下宿を出ようとしたら霙に~。

雪の百々御所

到着する頃には雪。

ここは歴代の皇女が住持となっている為、「百々御所(どどのごしょ)」とも呼ばれています。(町名も「百々町」・・・ド ド ド ド ド ド ド 、いや、何でもない・・・)

「門跡」ってのは、お寺の格を表す言葉だそうな。左京区の霊鑑寺曼殊院みたいな山深い門跡寺院を想像していましたが、思いっきり街中の、でも静かなお寺さんでした。

地方からの供養も受け付けています

門を入って、すぐ右手に人形塚。人形供養を受け付けていますが、ああいう供養の場の写真とか見ると、びっくりする位状態の良い雛人形や、名のある人形師の作と思しき市松人形とかあって、人形好きは「もったいないなあ~。」と思ってしまいます。

御所人形

その「もったいない精神」がコトの発端となったのが、山岸凉子の恐怖マンガ「わたしの人形は良い人形」ですが、いちまさんを気味が悪いとか怖いと言う人が多いのが、実に不本意です。まあ、「絵になる」から色々と扱われるのでしょうが・・・。

雅やか

お寺の中は撮影禁止ですが、撮影OKの所もあって、人形師伊東久重の手による等身大人形は、十二単を始めとする衣装もすてきでしたが、グラスアイが素晴らしく美しかったです。(「マイキー!」とは格が違う!)

凄い目力

因みに、祇園祭の月鉾の稚児人形「於菟麿(おとまろ)」は、三世伊東久重の作。

大きな内裏雛

お雛様は明治期の享保雛が多く、非常に保存状態の良い大型のものがありましたが、大名の財力と華美な生活を髣髴とさせる徳川美術館での段飾りを見た目には、少し・・・いや、かなり寂しかったです。

生活感溢れるお道具…箪笥長持ちでは無く「おくどさん」

でも、しんしんと冷え込む薄暗い部屋と人形たち、手入れされた庭・・・幽玄美を堪能できました。(新しく描かれた襖絵のバンビが可愛かった。円山応挙画のワンコもラブリー)

でんでんむしみたいで可愛い「ひちぎり」

御所人形「おとらさん」「おたけさん」も見られて満足。この二人の主(あるじ)で、魂が入って日中は書のお手伝い、夜は寺の夜回りをしたという「ローゼンメイデン」もびっくりの「万勢伊(ばんぜい)さま」はお休みかな?

孝明天皇遺愛の「孝明さん」は、只今貸し出されて出稼ぎ中だそうな。(受付の方がそう言っていた。) 人形も大変だな。

髪型は稚児輪?

撮影可の等身大人形とお内裏様の並ぶ玄関脇の「使者の控えの間」には、各地の人形イベントのポスターが貼ってありましたが、「あしや人形感謝祭」のそれは貼られたのかいな?

Rozen Maidenで町おこし

小さな「お人形用のお守り」を購入しました。人の厄災をその身に代わりに受けるのが人形(ひとがた)ですが、近世になって愛玩用に用途が変わると「ウチの子」にもお守りをという発想が生まれたのかしらん?

「売ってるのはここだけ!」を力説

お守りの説明文・・・「その人形が人を悲しい目や辛い目に遭わせるようになるとは考えたくありません。いつまでも私たちに心の安らぎを与え、吉祥の人形となりますように願いをこめて・・・。」ってのに引っかかる。

え~、つまり何か変なもんが憑かないようにって目的ですか???まあ、いいや。深く考えんどこ。

スーパードルフィーやプーリップに持たせても、特に構わないみたいですが、コレ系は避けた方が無難でしょう。

ウチの大切な娘。動いたらドールマスターだ~!

そう言えばこの手のやつに「憑いた」って話は聞いたことないな。

  


Posted by いたのり at 23:59Comments(0)

2009年03月02日

宵節句の雛かまぼこ*錦市場 丸常

なんか麗しくないオタクネタが続いたから、女の子らしい京都らしい可愛いものについて。

かまぼこです

今回の京都行きで、もしかしたら買えるかも!と、期待していた品がありました。大村しげさんの本「京のおばんざい」で見て、ちょっと憧れていた「ひな板(ひな蒲鉾)」です。

「出町ふたば」にも菱餅が並んでいました

菱餅や雛菓子の「ひちぎり」同様に、お雛様の時しか店頭に並ばない「お雛様のお膳」用の食べ物で、普通の半分くらいのミニサイズの蒲鉾です。作っている所も少なくなった京都の「可愛い」です。

俵屋吉冨のひちぎり

錦の蒲鉾屋さんを探したらありました!店先は一足早く春爛漫。

錦市場にて
華やか

本来は、お雛様に供えたお下がりをいただくものですが、下宿で早速食べました。(日持ちは3~4日位)

「包丁をするのにためらう」と、しげさんが書いていますが、確かに可愛い花模様を切るのが惜しい。

子供が「おばんざい」を作るのに使っている
原材料(魚)の味がしっかり!

「グニャグニャじゃなくて、しこしこしてる!」
「すり身の味がして美味しい!」
親子で過ごす、急に寒さが戻った京都での宵節句でした。

「六盛」ロビーのお雛様

宝鏡寺の春の人形展は、3月1日から4月3日まで。行こうかな。

宝鏡寺の人形展に行きました


  


Posted by いたのり at 23:06Comments(0)