2009年02月04日

四つ目がとおる*吉田神社節分祭神事

楽しい屋台歩きに続き、吉田神社節分祭(前日祭)です。

吉田神社HP

本宮に参拝して福豆(豪華景品のくじ付き)やお札を購入。



境内には鬼(のコスプレ)がいて、小さい子(特に赤ちゃん)を見かけると撫でてくれます。厄払いになって大層喜ばしいことですが、赤大泣き。

親は喜ぶ
子供好き

小学生ぐらいだとナマハゲみたく吼えて威嚇もしますが、キャーキャー騒がれて大人気。一緒に肩を組んで写真に納まったり、大変フレンドリーな赤鬼青鬼黄鬼さんです。

はい、ポーズ!

最も位の高そうな鬼(面も衣装も他のと格が違う)が裃姿の先達(禰宜さん?)の後を、水干姿も可愛い女の子達を後ろに従えて、厳かに上のお社(全国の神々を祀る大元宮)まで行列して行きました。

後姿も可愛い

どこかの学校の校外学習らしき児童の一団が来ていて(一緒に記念撮影もしていた)、その子達も後にゾロゾロ続いて、ハメルンの笛吹き状態。

はい、チーズ!

「階段になりますよ。」と、先達者が小声で鬼に注意を促していました。着ぐるみもだけど、被り物は足元が見難くて危ないのだ。

足元注意

この四つ目の鬼、元は方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼を払う役目を負った役人で、袍(ほう)を着用し、金色の4つの目の面をつけ、右手に矛、左手に楯を持っています。鬼を払う役目だったのが、何故か後世になって「払われる鬼」そのものに立場が逆転してしまったそうで、何やら星野諸星的ミステリー

獅子頭にも通じるような

ここの節分祭のメイン行事は、前日祭の2日午後6時から執り行われる「追儺式(ついなしき・鬼やらい神事)」で、平安時代から行われる宮中の大晦日の年中行事の鬼払いの儀式が、そのまま伝わっているそうです。

遠くに鬼

一旦下宿に戻り夕方早めに出直しましたが、既に本宮前は凄い人だかり。神事の流れを説明してくれる解説のお姉ちゃんの声と、鬼の咆哮と笙や篳篥(ひちりき)の音色、祝詞が聞こえ、篝火や鬼の頭が時折見えるだけ。う~ん、残念。

矢が飛ぶのは良く見えた

あ~、しかしここ、万城目学の「鴨川ホルモー」で、男子部員がマッパで「レナウンイエイエ踊り」をしてたトコでないかい?

来週京大に来るよ~(^o^)/

所謂「豆を蒔く」ことはせずに鬼を追い払う。最後に逃げる鬼に向けて矢を射るという古式陰陽道的な神事。来年はもっと近くで拝見したいと思います。(屋台巡りを兼ねて行く気マンマン!)

ヒトガタ
陰陽師の世界

月明かりの下、吉田山を抜ける細く暗い道に、胡乱な長髪長身の男性(稗田礼二郎)や、マントにステッキの恰幅の良い紳士(宗像教授)が佇んでいても不思議じゃない夜でした。

節分行事巡りについてはこちらもどうぞ
「節分ツアーに行こう!1」(6まで続きます)

  


Posted by いたのり at 02:07Comments(4)