2009年01月24日

総天然色ゼリー*四条 喫茶ソワレ

喫茶ソワレ」のゼリーはキレイです。

体に良いかどうか、ちょっと悩む色合いではありますが、ステンドグラスみたいな美しさで、目に美味しい。中でもフルーツたっぷりのヨーグルトポンチの色彩感覚は、絶大なインパクトを与えてくれました。

薄暗い中で目が覚めます

極彩色・・・いや、「妖星ゴラス」に「海底軍艦」、チャールストン・ヘストンの「十戒」あたりの映画の謳い文句だった「総天然色・テクニカラー」って言葉が、お店の時代感とともにピッタリ来ます。
(「空の大怪獣ラドン」はイーストマンカラー・・・って何ソレ?)


ゼリーの味は、色によって特に違いは無く、柔らかさとぷるぷる度は絶妙。

ひんやりゼリーミルク

ストローで吸うと、ゼリーミルクのガラスの器の底に、じゃりじゃりとグラニュー糖が残っているところが、冷たい牛乳を甘くして飲んでいた幼い日・・・モノクロテレビに東郷青児の複製画、足踏みミシンに鏡台のあった茶の間を、昭和の夏を思い出させてくれます。

入口左にひっそりとあります

1階入口左には、「いのち短し恋せよおとめ 赤き唇あせぬ間に(以下略)」を代表作に持つ、北原白秋らと「パンの会」を結成した吉井勇(よしい いさむ)による

珈琲の 香にむせひたる ゆうへより
ゆめみるひとと なりにけらしな


という歌碑が埋め込まれています。おお、耽美派。
京都祇園に縁の深い歌人で、

かにかくに 祗園はこひし 寝る時も 
枕の下を 水がながるる


の石碑のある祇園白川では、毎年11月8日に祇園甲部お茶屋組合による「かにかくに祭」という催しが行われるそうな。
(「かにかくに」とは「とやかくと、あれこれと」という意味。京都では、この名のお店やお菓子を良く見かけます。)


祇園白川の「かにかくにの碑」
「昼も夜もあそんでいた吉井勇という人」と森茉莉にバッサリ書かれていた


ポンチもゼリーも、文人男性客が気軽に口にする、モダンでハイカラな味わいだったことでしょう。

  


Posted by いたのり at 23:33Comments(2)

2009年01月21日

もしかして、ふ~じこちゃん?*四条 喫茶ソワレ

レインボーマンやらメタルダーと、「日本の心」「大和魂」は激しく感じられるものの、雅さ麗しさに欠けるネタが続いたので、「喫茶ソワレ」でお耽美してきましたの。ほほほ。

中世っぽい塔のある外観
青い光に誘われて・・・

がっ、毎度ショーウィンドウに飾られたカードの絵が、オバサンは気になってしょうがない。

懐かしの「純喫茶」って感じ
お土産に東郷青児カップをどうぞ
モンキー・パンチ展でこんなん見たような

モンキー・パンチの峰不二子

・・・ではなく二科会の東郷青児の絵らしいです。

昭和中期に一世を風靡した画家でして、実家にもあるんだよ複製画が・・・。しかも色紙・・・庶民的過ぎて泣ける。

店内にも彼の作品が飾られていて、「モダンで(当時の)高級感溢れる昭和レトロ」が味わえて、去年バアちゃんを案内したらウケました。

複製版画っぽい

1階奥に飾ってあるのは、二紀会の重鎮、宮永岳彦の作品(複製版画?)であることはわかりますが、他はどなたの作やら・・・。

2階にも東郷青児の素描と、高級クッキーの缶蓋とかで見覚えある絵柄の油絵。額の下に作者名のプレートが貼ってあるので、朝イチとか、お客さんがいらっしゃらない時に確認してみたいです。

塔の内部?

そして、何故か天井近くにミロのビーナスの石膏像。

ここの店主は、店舗の外観から内装、そしてメニュー(後述)に至るまで、確固たる美意識を貫いています。

ステキなランプ

お客は自分も含め圧倒的に妙齢の御婦人が多く、青い光は女性を美しく見せる効果があるからとか、ガイドブックで読んだ覚えがあります。小皺や法令線が目立たなくなるのかしら?

どんぐりモチーフが可愛い!

幻想的な青い光とレトロなシート席、多くの額絵、重厚な彫刻の腰板、テーブルのランプ・・・と、雰囲気満点なしつらえは、アンティークドールやドルフィー、恋月姫や天野可淡の創作人形が似合いそう。

実際に人形をセッティングして撮影したらステキだろうな~と、勝手に空想してうっとりしています。

ほの暗さが気持ち良い

ゴスロリ少女(甘はダメ!黒!)も似合うだろうな。



(以下、ステキ喫茶店の夢を壊したくない方は見ないでください)







しかし、立地は相変わらずアレだ。新しい店できてるし。

コスプレ専門店できたよwww

  


Posted by いたのり at 21:48Comments(0)

2009年01月16日

ショック!これがメタルダーかるただ!京都アンティークセンター

寺町通りの京都アンティークセンターで、「超人機メタルダーかるた」を買ってきました~!!!

ダメメタルダーコレクション

本当はお正月中にUPしたかったのですが、色々忙しくて遅くなってしまいました。

期待と、それを裏切られることへの期待とを胸に、パッケージを開けてみましたが、こいつは凄いぜ!

概ねマイナス方面の期待と予想をした通りの平凡な読み札でしたが、たま~におかしなのもあって(同じくメタルダーファンの)パパと一緒に盛り上がりました。

クールギンのマントは内側が赤!へんなポーズって・・・
ストロープは毎回出るオイシイ役
バブリーな桐原コンツェルン

う~む、やっぱ、こんな読み札であって欲しかった。

・・・ぴんからきりの だいうんどうかい
・・・きみのせいしゅんは かがやいているか
・・・かぜよ くもよ たいようよ こころあらばおしえてくれ
・・・このよにはたして ロマンはあるか じんせいをいろどる あいはあるか (え?違う?)


あと、シルバーカークスから発進するメタルチャージャーを改めて見て、夫婦揃って泣きました。どう見ても、その辺の立駐から出てくるファミリアです。制作側とマツダの目指したものが未だにワカラン。経済性?街中でも目立たず小回りが利くとこ?(AZ-1で出動していた「ブルースワット」の方がずっとマシじゃん!)

かと言って、華麗なるドライビングテクニックでRX-7を操る高橋涼介みたいな剣流星ってのも変だ。マジメに交通法規をしっかり守って運転しそうだからなあ。

まっすぐ行くと一保堂茶舗

京都アンティークセンターの壁面ショーケースですが、業者さんが個々に出している所謂「レンタルケース」だそうです。それで内容に統一性を欠いていたのか。


「京都アンティークセンターとメタルダーかるた」

  


Posted by いたのり at 00:33Comments(0)