2009年01月30日

北白川かゆうま日記*三嶋亭の牛肉でスキヤキ!

寺町通アーケードを歩く度に、ショーウィンドウを覗くお店。
それが「三嶋亭」。

左隣は骨董店。寺町の由来が書かれている

場所は京都サンボアの路地を挟んだ隣。
奥深いから「きんたろうのお店(ライト商会)」の隣にもなります。一番の目印は、はす向かいの「かに道楽」。

ライト商会はこの奥
建て増しを続けたような建物

少し前の雑誌サライに載っていましたが、すき焼の名店として名高く、池波正太郎も好んだとありますが、値段的にちょっと~。文明開化ムード溢れた数奇屋造りの店内(HP参照)が、そりゃ気になりますが、1ヶ月の食費が軽く吹っ飛ぶわ。

三嶋亭HP(お値段もこちらから)

そこで節約主婦のお眼鏡にかなったのが、ショーウィンドウに並ぶ店頭売りの牛肉。「小間切」「切り落し」だって、相当期待できるはず!

店内ではスライサーからシャッシャッとお肉が切り出され、白い上っ張りの店員さん達がテキパキ働いていて、「敷居が高い感」は全くありませんでした。ほっ。

残念、「切り落し」は売り切れ

「何が食べたい?何でも作るからね!」と(仮面ライダー電王のデネブみたいに)聞けば、必ずと言っていいほど、
「肉!」
という答えが返ってくる豚児ですが、カセットコンロも購入したことだし、すき焼きやるぜ!

以前タウン誌で見た「九条葱と牛肉だけ」の、シンプルにして美味しそうな一品に挑戦しました。

旬の九条葱

大量の九条葱(錦市場だとお高いので、これは近くのナカムラで調達)を笹打ちにして、お砂糖と、割りしたを用意して準備完了!小間切肉と一緒に入れてくれた脂身を、熱~くした鍋に「しゃあ!」。

竹の皮であって欲しかったような
脂身をタップリとサービスしてくれました

「いや~、なんつーか、内田百閒の牛肉の薬食いみたいですな~。」
と、親子でワクワク。

お味は・・・臭みが全く無くて柔らかく美味!特に脂身って匂いが気になりますが、ぜ~んぜん!シラタキとか、春菊とか余計なものは一切いらない。今が旬の九条葱が柔らかくてウマー。

キッチンに転がってて芽が出そうになっていた玉ネギも投入したら、せっかくのすき焼が牛丼というか学生下宿的ていうか、所帯じみてしまったけど気にすんな!

おいしい!本当に!

「後で日本酒でうがいをして、蜜柑を食べるのさっ!」
「大丈夫、もうにほはなひ・・・ってね。」

「きょうはらへたの・・・」
「かゆい・・・」
「・・・うま」

百閒先生とバイオハザードという、甚だ変な会話で盛り上がって、北白川の夜は更けるのであった。

クリスマスの特売!
新京極より静かな寺町通アーケード


  


Posted by いたのり at 20:19Comments(0)

2009年01月28日

薔薇の名前*寺町通二条 プーゼ

珍しいバラ苗のお店に続いて、珍しいバラの花を置くお店のこと。

初めて見た!ラナンキュラ

寺町通りの「POUSSE(プーゼ)寺町二条本店」

市役所横を通って、三月書房に行く途中にあります。

雑貨のセレクトもステキ

入口のディスプレイ棚がシャビーシックっていうか、甘すぎない可愛らしさで、そこに園芸種とはまた違った、初めて目にするバラの切花がいつも飾られています。

シャビーシック

どれも名前がきちんと書かれているところが親切で、お店の人に(買うわけでもないのに)品種名を聞くのが憚られるチキンなバラオタクには嬉しい。(自他共に認めるオバサンに進化してからは、割と平気で聞けるようになったけど・・・)

名前をメモメモ

Il Nome della Rosa
は~、うっとり。

ブルーミルフィーユもラナンキュラも、切花品種のせいか苗の販売は見たことがありません。切花品種って、ステムが長くて棘が少なく、花持ちが良くて香りが良い、四季咲き、強健といった好条件を大抵備えているから、是非育ててみたい。

読めない書けない・・・

右隣が日本唯一の手木版和装本の出版社「芸艸堂(うんそどう)」。

梶井基次郎の「檸檬」でおなじみの「八百卯(やおう)」もすぐ近くですが、閉店してしまいました。

梶井さんは顔が残念

  


Posted by いたのり at 00:12Comments(2)

2009年01月27日

薔薇に萌え工場に萌え*四条 大丸京都店屋上

大丸デパートの屋上に、初めて行ってみました。(地下お惣菜売り場ぐらいしか、あんまり用が無いからなあ・・・)

下の錦市場の喧騒がウソみたい

「なーんだ、気持ちいいじゃないか。」

うどんやフランクフルトの売店はありませんが(レストラン街はある)、ベンチがあって、園芸コーナーがあって・・・。

「ここはいっちょ、シャボテンを買わないと!」と促す、孤独のグルメ井乃頭モードの豚児は置いておいて、ごくごくありがちな屋上園芸コーナーかと見て歩けば・・・。

ずらりとバラの大苗

!!!なにこのバラの大苗の品揃え!!!

こんなにも沢山!しかもローズオブローゼス京成バラ園という有名ナーサリーの純正品!それも当のナーサリーのネットショップでは売り切れの人気品種が!

「ピエールドロンサール」の枝変わり、四季咲きで人気の新品種

「ブルーヘブン」を作出した河本バラ園の苗木も!(ここのヘブンシリーズの品種名って、ウリエルとかアブデルとか、「ペルソナ」や「エヴァンゲリヲン」もビックリの天使の名でステキなの。紫色の「ルシファー」が欲しい!)

「ブルーヘブン」の卸元はタキイ。取り寄せて大切に育てています。

水害のせいで土中の雑菌が活性化しちゃったのと、庭師(わし)が疲れて手入れを怠ったせいで、地植えのが病気が出たり、根腐りしたりで何本かダメになって、新しい品種が欲しいと思っていたところなんで嬉々として購入。価格はごく普通で、送料分得した!が、新幹線に乗ってわざわざ買いに行った高価な苗だと、言えるっちゃ言える。

悩みに悩んで見送った

お店の人が「バラ苗は2000本以上ありますよ。」と、さり気にスゴイことを言っていました。

「カフェ」は持っているが「カフェラテ」も欲しいなあ

京都、四条で見つけた、秘密の薔薇の空中庭園・・・。


屋内にはペットショップもあって、うずらが2羽ケージにいて、「卵を産みます!」のPOPの説明通りに可愛い卵がふたつ、傍らに転がっていました。

が、「これ、すぐ下(錦市場)の三木鶏卵で買ったんじゃねーの?」と、失礼にも懐疑的な親子であった。

工場萌え!
植物とダクトの異様なコラボ

あと、ここ、写真のように冬空にパイプやらダクトやらが映えて、なかなか工場萌え~!!!


7階の「京都模型」で鉄道ジオラマをしばし眺め、地下でお惣菜を買って下宿に戻りました。

大苗は、帰宅後早速鉢に植えて、大切に育てています。


珍しいバラの切花を扱うお店についてはこちら


  


Posted by いたのり at 00:29Comments(2)

2009年01月24日

総天然色ゼリー*四条 喫茶ソワレ

喫茶ソワレ」のゼリーはキレイです。

体に良いかどうか、ちょっと悩む色合いではありますが、ステンドグラスみたいな美しさで、目に美味しい。中でもフルーツたっぷりのヨーグルトポンチの色彩感覚は、絶大なインパクトを与えてくれました。

薄暗い中で目が覚めます

極彩色・・・いや、「妖星ゴラス」に「海底軍艦」、チャールストン・ヘストンの「十戒」あたりの映画の謳い文句だった「総天然色・テクニカラー」って言葉が、お店の時代感とともにピッタリ来ます。
(「空の大怪獣ラドン」はイーストマンカラー・・・って何ソレ?)


ゼリーの味は、色によって特に違いは無く、柔らかさとぷるぷる度は絶妙。

ひんやりゼリーミルク

ストローで吸うと、ゼリーミルクのガラスの器の底に、じゃりじゃりとグラニュー糖が残っているところが、冷たい牛乳を甘くして飲んでいた幼い日・・・モノクロテレビに東郷青児の複製画、足踏みミシンに鏡台のあった茶の間を、昭和の夏を思い出させてくれます。

入口左にひっそりとあります

1階入口左には、「いのち短し恋せよおとめ 赤き唇あせぬ間に(以下略)」を代表作に持つ、北原白秋らと「パンの会」を結成した吉井勇(よしい いさむ)による

珈琲の 香にむせひたる ゆうへより
ゆめみるひとと なりにけらしな


という歌碑が埋め込まれています。おお、耽美派。
京都祇園に縁の深い歌人で、

かにかくに 祗園はこひし 寝る時も 
枕の下を 水がながるる


の石碑のある祇園白川では、毎年11月8日に祇園甲部お茶屋組合による「かにかくに祭」という催しが行われるそうな。
(「かにかくに」とは「とやかくと、あれこれと」という意味。京都では、この名のお店やお菓子を良く見かけます。)


祇園白川の「かにかくにの碑」
「昼も夜もあそんでいた吉井勇という人」と森茉莉にバッサリ書かれていた


ポンチもゼリーも、文人男性客が気軽に口にする、モダンでハイカラな味わいだったことでしょう。

  


Posted by いたのり at 23:33Comments(2)

2009年01月21日

もしかして、ふ~じこちゃん?*四条 喫茶ソワレ

レインボーマンやらメタルダーと、「日本の心」「大和魂」は激しく感じられるものの、雅さ麗しさに欠けるネタが続いたので、「喫茶ソワレ」でお耽美してきましたの。ほほほ。

中世っぽい塔のある外観
青い光に誘われて・・・

がっ、毎度ショーウィンドウに飾られたカードの絵が、オバサンは気になってしょうがない。

懐かしの「純喫茶」って感じ
お土産に東郷青児カップをどうぞ
モンキー・パンチ展でこんなん見たような

モンキー・パンチの峰不二子

・・・ではなく二科会の東郷青児の絵らしいです。

昭和中期に一世を風靡した画家でして、実家にもあるんだよ複製画が・・・。しかも色紙・・・庶民的過ぎて泣ける。

店内にも彼の作品が飾られていて、「モダンで(当時の)高級感溢れる昭和レトロ」が味わえて、去年バアちゃんを案内したらウケました。

複製版画っぽい

1階奥に飾ってあるのは、二紀会の重鎮、宮永岳彦の作品(複製版画?)であることはわかりますが、他はどなたの作やら・・・。

2階にも東郷青児の素描と、高級クッキーの缶蓋とかで見覚えある絵柄の油絵。額の下に作者名のプレートが貼ってあるので、朝イチとか、お客さんがいらっしゃらない時に確認してみたいです。

塔の内部?

そして、何故か天井近くにミロのビーナスの石膏像。

ここの店主は、店舗の外観から内装、そしてメニュー(後述)に至るまで、確固たる美意識を貫いています。

ステキなランプ

お客は自分も含め圧倒的に妙齢の御婦人が多く、青い光は女性を美しく見せる効果があるからとか、ガイドブックで読んだ覚えがあります。小皺や法令線が目立たなくなるのかしら?

どんぐりモチーフが可愛い!

幻想的な青い光とレトロなシート席、多くの額絵、重厚な彫刻の腰板、テーブルのランプ・・・と、雰囲気満点なしつらえは、アンティークドールやドルフィー、恋月姫や天野可淡の創作人形が似合いそう。

実際に人形をセッティングして撮影したらステキだろうな~と、勝手に空想してうっとりしています。

ほの暗さが気持ち良い

ゴスロリ少女(甘はダメ!黒!)も似合うだろうな。



(以下、ステキ喫茶店の夢を壊したくない方は見ないでください)







しかし、立地は相変わらずアレだ。新しい店できてるし。

コスプレ専門店できたよwww

  


Posted by いたのり at 21:48Comments(0)