2008年12月15日

ネコの寺*新京極 誓願寺

誓願寺は新京極のド真ん中、六角広場前にあります。

小さん師匠もいらっしゃったようで
目の前は新京極通り

第五十五世法主安楽庵策伝上人は、人々にわかりやすく笑い話を含めた「説教」をされ、それを集めて著した「醒睡笑」は、後世落語の元祖ネタ本となりました。「落語の祖」と称されており、よって、ここは落語の発祥地なんだそうな。それで本堂に小さんの扇子(「寄席芸人伝」的に言えば「風」)が飾ってあるんだ。

安楽庵策伝上人

他にも清少納言や和泉式部に信仰され、芸事上達の寺としても知られているそうですが、自分にとっては母方の祖父母の菩提寺の総本山で、前を通る度に立ち寄って拝む親しみのあるお寺さんです。(父方の方の総本山は知恩院。観光地ばっか。)移転しても、戦で焼失しても必ず復興し、周辺が栄えるという(今は新京極ね!)逸話も持つ景気の良いお寺です。

誓願寺ホームページ

鐘撞き堂の猫

先日も立ち寄り、お坊さんと「祖母のお骨を納めさせていただきました。」なんて話をしていたら、鐘楼に猫が!「あ、猫!」とオバサンが言うと、「誓願寺は、猫がようさんおるんですわ~。」

「新京極中の猫が来るんとちゃうかなあ・・・。猫寺や・・・。」
と、彼の見る先の屋根には猫が4匹!!!

猫のたまり場
町のド真ん中

猫寺!
イイ!
実にイイ!

この光景を、小野敏洋の絵で脳内変換して眺めるオバサン。(バカ)

本堂前にも

何度もここに来ていますが、こんなに猫を見たのはこれが初めてで、エサをやるとか一切していないのに集まって来るそうです。恐るべしネコ寺。

造形芸大に次ぐ猫スポットとして、早速マイマップに記しておこう!


ライト商会のきんたろうは、近所の野良とバトルした名誉の傷跡が耳にありますが、こいつらとやりあったのかな?真如堂も猫が多いって案内の人に聞いたから、観光シーズンも過ぎて静かになったところで、改めて「猫見」に行こっと。


誓願寺の猫その2

  


Posted by いたのり at 23:20Comments(2)

2008年12月14日

猫Macその後のその後・・・

寒さもいよいよ本格的な京都ですが、気掛かりなのは例の造形芸大の猫ちゃんズです。木目調も猫Macも無くなって、どうしているんだろう・・・と思っていたら、




お持ち帰りしたい!

ダンボールハウスが!

(仮)ってとこに、「作る気マンマン」「新作近日公開予定!」って意気込みが感じられて、大いに期待が持てます。

で、暫く後に・・・




近代建築

環境建築的なデザイン性を感じさせます。

ポイントは機能性とデザイン性を兼ね備えた、まんまるな出入り口。三角クジか直検競争(@動物のお医者さん)の箱みたいでもあるが。

既に何匹か入居中のようですが、基本野良ですから手を突っ込んだらバリバリにされるだろうなあ。

反対側には試作品なのか、「ダンボールハウス改」も置いてありました。

試作品?
しあわせ

猫Macと木目調猫ハウスはこちら


  


Posted by いたのり at 00:04Comments(0)

2008年12月13日

商店街でwktk2*出町 桝形商店街

桝形(ますがた)商店街を歩くのは楽しい。

豆餅の「出町ふたば」から少し北に行った、書店(その後閉店)の脇から入ります。(自分的に寺町通側入口から入るより盛り上がる。)

ちなみに京阪や叡山電鉄の駅のある川端通の辺りは「出町柳」で、川の西側の河原町通りの方は「出町」なんだそうな。

いつも賑わっています

アーケードの長さ自体は大して無いものの、食品、日用品が主なラインナップで主婦天国。目と鼻の先に八百屋さんと、魚屋さんと、スーパーが2軒と並んでいても、それぞれにお客が入って共存共栄。ちょっとした買い食いから本格和食まで食べ物屋さんもいっぱい。なつかし~い雰囲気の玩具屋さんもあって、いつかあの一昔前のミニ四駆を買っちまいそうだ~!

寺町通り側に近い、乾物や調味料を主に扱う「マツヤ食料品店」なんか、何故か阿闍梨餅まで売っているのだ。

なんでだろー?

夕方なんかかなりの人出で、バアちゃんを連れて行ったら大喜び。(「ふたば」がハイシーズンだったせいで、かつて無い大行列で、並んで買っている間、商店街をぶらついて来るよう提案。結果、大ウケ。)

奥からお餅を搗く音が聞こえる「ふたば」
左は秋用

豚児が「友達が来た時に鍋がやりたい。」と言うので、カセットコンロは自宅で使っているのと同じもの(イワタニカセットコンロ「雅」、立ちが低くて鍋の中が見やすいスグレモノ)を楽天経由で送ったけど、鍋が無い。イズミヤの家庭用品売り場も気に入るのが無くて、カナートでも見つかんない。

もしかしてと思って桝形商店街の金物雑貨店さんに行ったら、ばっちり求めるタイプ発見!広口で、あんまり深くなくて、普段使いもできて、18-8ステンレスでお手入れ簡単、大きさも手ごろ、もちろんお値段も!

「やっぱ、男の学生さんが集まったら鍋ですわー。」と、オバサンの出す鍋の条件と風体から、瞬時に下宿生の母と見破ったらしい御店主が、そう話しつつ包んでくれました。

溢れる手作り感

入口に「今日も元気だ!」とキャッチコピー(?)が掲げられていて、かつて「元気が出る商店街」というテレビ番組の企画があったなと思い出しつつ、確かな生活感と活気に元気を貰っています。


オリジナル萌えキャラ等で商店街興し中
「京都商店街萌えキャラ化計画2!?マジで!!」


アニメ化来ました!!!
「京アニキター!たまこまーけっと聖地巡礼*京都出町・枡形商店街」


  


Posted by いたのり at 01:11Comments(4)