2008年07月15日

宵々山でマスターキートン!

今日は宵々山。
宵々々山、宵々山、宵山・・・
クリスマス・イブイブと浮かれているのと同じようで、ちょっと可笑しい。

烏丸四条に出て、厄除けの粽(ちまき、入場チケット代わり。食べられません)を購入して月鉾に登りました。鉾の中も会所飾りも写真撮影禁止でしたが、正面に乗せる稚児人形の「於菟麿(おとまろ)」は中々の美少年。

鉾の中では最も背が高くて(約26m)重く(約12t)、ビル2階の会所から橋を架けて出入りしていて、一般家屋の2階より高い。巡行を眺めているより大きさが実感できました。

ビルの2階から出入り

大きいも大きいけど、あれだけの人数載せて人力で移動、しかも組み立てには釘は1本たりと使っていない・・・日本伝統の木造建築技術の高さよ!中では囃し方がお囃子中で、コンチキチンの超近接ライブ!広さ(3畳も無いと思う)はともかく天井が思っていたより高くて驚きました。円山応挙の「草木図」が美しかったです。さすが動く美術館。

北観音山を見上げる。濡れないように片づけ中

折りたたみ傘が壊れて、行きにどこかで買おうと思っていたのをコロッと忘れていて、あいにく物凄い夕立になり、新町通りの北観音山の前で30分以上雨宿りをしました。散々京都は夕立が多いの天気が変わりやすいと言っていたくせに・・・。しかし、傘があっても移動が大変な大降りで、観光客は皆軒下。

やっぱり足が速い(笑)

でも、町家の軒下で時代劇のワンシーンみたいな雨宿りなんて初めての体験。親子でちょっとワクワク気分。しかも目の前山鉾!そこを屏風祭りの町衆のお座敷に呼ばれたのでしょうか、蛇の目傘に雨コート姿の舞妓さんと芸妓さんが、足早に歩いて行きました。いいねえ~。

お宝展示

小降りになったので屏風祭りを拝見しつつ、ついでに夜店で買い食いもして(露店がいっぱい!)、あちこちの町会所へ行きましたが、京都らしい風情が一番盛り上がったのは鯉山でした。

CO2削減で蛍光灯になって明るくなったそう

細い路地の奥にあって、伝左甚五郎作の木彫の鯉と鳥居とお社の脇に、何故か厨子とお寺さんみたいな蝋燭台もあって、その周りを可愛らしい浴衣姿の子供たちが囲んで「ろうそく一本献じられましょ~」だったか「ろうそく一本とーもそ」だったか、そんな歌を歌いつつ献灯を促しています。

この右側で子供達が歌っている

そんな京情緒満点な会所で、山鉾の前掛けや胴掛け、見送り等に張り巡らされる16世紀のベルギー製タペストリーを見て、思い出すのは「マスターキートン」の祇園祭の話。

いやあ、ロマンがあっていいねえ。漫画は対になったスペイン製タペストリーの一方が・・・って話だったけど、ここのは元は1枚だったタペストリーを9枚に切って山鉾に使われているそうです。作者はこの辺から着想を得たのかしら?

雨上がりに提灯の明かりが映える

鯉の滝登りの図の登竜門のお守りを購入して、ぶらぶら歩きを続けました。夕立のおかげで、うだるような昼間の暑さが消えて快適!帰りは歩行者天国の烏丸通りや四条通の人出を避けて、錦小路を抜けましたが、店の閉まった夜の錦ってのもなかなか新鮮でした。

町家の2階から山伏が見下ろす

後で知りましたが、山鉾の提灯は今年からCO2対策で白熱電球から、電球色の蛍光灯になったんだそうな。エコ宵山。


2009年版マスターキートン的祇園祭ルポはこちら
「祇園祭のひみつ5*宵山 鯉山 マスターキートン*」


厄除けの粽と鯉山のお守り


  


Posted by いたのり at 23:17

2008年07月15日

御多福コーヒーとクッキー*知恩寺手作り市*

15日だから、知恩寺手作り市に行きました。これで何回目かな?

出店要綱・案内図はこちらから
知恩寺手作り市ホームページ
 
手作り市の日

何も無い日

普段は自転車の京大生が行き来しているぐらいの百万遍の広い交差点が、今日は人でいっぱい。

もちろん今出川通の歩道も、境内も人、人、人。でもそれ以上にお店もいっぱい。冬や気候の良い時分に比べると、出店者は若干少ないかな?

ウチの人形にはサイズが小さかった着物。残念

ラブリ~なミニ文化人形

見た感じ手作り好きなアマチュアと、実際に店を持つプロとが適度に混ざってる感じで、作り手のセンスの如何によって垢抜けた品だったり泥臭い土産風だったりして、個性が溢れて一軒一軒見ていて楽しい。

フリマやバザーでありがちな、怪しいブランド物を扱うバッタ屋風の店は皆無で快適。

が、手作り業界も模倣やらなんやら世知辛いもんで、「写真を撮らないでください!」とえらく威嚇的な売り子さんもいます。ある程度経験があれば、写真なんか無くても似たもんは作れるがなっ。

ディスプレイに凝る

色合わせが良い

近隣のカフェが飲み物や焼き菓子を商っていたり、焼きたてのパンのお店に、石鹸にアロマ、野菜や漬物に鉢植え、整体のお店まで。

ガケ書房の近くのパン屋さん「ちせ」も出店

いつも出店、ケーナのおじさん

初めて来た時、案内してくれた豚児(手作りにはあまり興味が無い)が言うには、「だいたい出店者はいつも同じだから、別に毎月行くこと無い。」と、アッサリしたもの。季節の移り変わりとともに多少品物は変化するだろうが、確かにそうかもね。

とは言え、こういう物は基本的に一点ものだから、まさしく一期一会。近所だったらやっぱり毎月行きたい!

文字通りガマ口

これでも空いている方

ルパン三世みたいなもみ上げのマスターが目印(?)の、大人気の御多福コーヒーさんのアイスコーヒーで一服。朝早かったから並ばずに済んだ。本堂階段が座り込み飲食禁止になったので、脇のお堂の石段でひと休み。

もみあげwww

アイス250円(ホット200円)

全体の価格は、自分も作っていたから解るが、材料費がバカにならない為それなりのお値段。学校なんかのバザーと違って「手作り」=「安い」とは限らないのだ。

でも、何よりここでは作り手と物を介して話ができるのが嬉しい。手作り熱が一番高まっていた時期にここを知ったら、狂喜して毎月新幹線で通っていただろうな。

いつか出店したい

夏だから金魚モノが多い

「武者小路実篤的カボチャやジャガイモが転がった絵+相田みつを風ありがちな言葉」みたいな色紙作品も多く、「こんなん誰が買うんだろー??」と思ってたら、4月に両親を案内した時に嬉々として買っていました。とほほ。

境内は側溝や木の根っこがボコボコあるから、お年寄りは足元に注意!

足元注意!

夏場で金魚と蛙グッズが多くて目移りする中、針山がセットされた可愛い金魚柄の箱を購入。

紙箱とつまみ細工のコラボ


一乗寺の「恵文社」でイベント中の夜長堂さんが出店していたので、作者御本人にお話を伺いつつカードを買って御満悦。モダンな柄の古裂がモチーフですが、パソコンで取り込むようなことはせず、全部手作業ですって。

夜長堂さんのポストカード

昼近くになって雲行きが怪しくなってきたので、毎回お堂の脇で女の子が一人で出店している御贔屓の焼き菓子のお店で、クッキーを買って急いで帰りました。サクサクほろほろで最高に美味しい!しかも安い!(原材料値上がりでちょっと値上げしたけど気にならない。大阪から来ているそうな)

色々なお店で買ったけどここが一番美味しい!

お茶にしましょう


追記

「念珠繰り」のことを「百万遍」と言うが、ウチの地元ではお通夜にお棺を囲んで皆でやるものだった。他の地域ではどうなのだろう?

昨今は通夜も葬儀も式場でするのが一般的になってしまったが、子供の頃は良く見た光景で、一周するごとに庵主さん(尼僧)が、廻した回数を数える木札をカタンカタンと動かすのを興味津々で眺めていた。

手作り市の日の午後から行われる、本家本元の「知恩寺の百万遍」に一度参加してみたい。

大きなお数珠

参加自由

  


Posted by いたのり at 15:20