2008年07月04日

お土産総長カレーは安いか高いか

京大カフェテリア「カンフォーラ」に行くと、人気メニューの尾池総長プロデュースの「総長カレー」レトルトタイプをお土産に買ってきます。豚児の好物でもあります。

カンフォーラで食べるのと同じ味

630円もするからハッキリ言ってカンフォーラで食べた方が、ごはんもラッキョも付いて安い!でも課題やレポートで忙しかったり、「ゴハン作るのメンドクサイ」という時の非常用に助かると言っています。(コンビニ弁当やスーパーのお惣菜だって、サラダとか買えば値段はそれぐらいするし、しかも食べたくないような脂っこいオカズが入っているし。)

付け合せは自家製

同じレトルトカレーでもマトモなものを食べた感があるから、手抜きしてしまった、いい加減なもので済ませたという罪悪感(?)をそんなに感じないで済むらしい。

これに浅漬けの素で作った浅漬けや、市販の糠漬けの素(炒り糠)に湯冷ましを入れて混ぜて、適当な野菜を突っ込んでできた自家製ぬかづけを添えれば、それなりに栄養バランスも取れてバッチリ。サラダを一品作る手間も要らず、残り野菜の有効活用ができ、おかげで冷蔵庫でキュウリが液状化するという恐ろしいことも無くなったようです。

天然生活かクウネルの表紙みたい

包丁で指を切ったり、お鍋で火傷をしたりギャルゲーの基本みたいなことをひと通りやったものの、当然萌えも無く、ただただ痛いだけの下宿一人暮らしだそうな。ガンバレヨ


  


Posted by いたのり at 23:05