2017年02月11日

謎の研究所リターンズ

「京都変なものフォルダ」の謎研(謎の研究所)画像が、ようやくちびっと増えました。


「デキゴトロジー」ってあったよね

梨木神社近くの意識高そうな研究所。生涯学習のイノベーションをクリエイトしてコモデティ化とともにアサインする。マ、そんな感じのとこみたいです。


横溝正史ファンとしては隣の蔵の窓の方が気になる


続いて嵐電太秦広隆寺駅から至便どころか、ホーム直結どころか、ホームそのものにある研究所。


立地が良すぎる研究所


隣のエコグッズの店は営業を確認した

バレエやダンスの研究所ってのは、ワリと良く見かけるネーミングですが、日本舞踊は珍しいかも。達者な毛筆風看板が、日舞感をことさら強調しております。



お師匠さんの名前もグッときましてですね、脳内では玄関をガラガラ開けると、「あら、遅かったわねえ。さ、お稽古しましょ!」と、奥から稽古着のハコちゃん(岩下尚史)がイソイソと現れます。

岩下尚史「大人のお作法」



あ、太秦広隆寺駅は、元々はこれを撮影しに行ったのです。「怪奇大作戦 京都買います」!!!


♪ちゃんちゃんちゃ~ん ちゃちゃちゃちゃちゃちゃ ちゃちゃちゃらら~ん


こちらは下立売通で見つけた物件。



介護関係は他人事じゃないもんで、真剣に研究内容を読んでしまいました。HPを見ると、おむつフィッター◯級おむつ検定といった、断捨離トレーナーや大人片づけインストラクターを遥かに凌ぐ、ユーキャンやヒューマンアカデミーなんかじゃ見かけない資格検定が、ガシガシ目に入ります。


この日は個別相談の日で中には入らず

この先自分自身も世話になるであろう分野ですが、できることなら人の手を煩わさないように、若い衆のリソースを使わなくて良いように、ココでもフランスベッドでもパラマウントでもいいから、Z-001号機みたいのを、早よ研究開発してくんろ。

老人Z HDマスター版 (DVD)




おまけ

京阪三条駅近くの旧有済小学校にあるNPO。グラウンドキーパー養成機関じゃなくて、「味気ない学校の校庭を芝生化しよう!」という運動母体らしい。



  


Posted by いたのり at 22:53Comments(1)

2017年01月22日

だるまちゃんとだるまちゃん*達磨寺他

縁起良さげな画像を更に探し出しました。(が、内容読み直したらなんか縁起悪いです。ごめんなさい。)



上京警察署前に鎮座する、妙~に鼻がリアルなダルマさん。


てんぐちゃんの もってるような あかくて ながくて とんぼの とまる はなが ほしいよう@加古里子

後から鼻だけ粘土で盛り上げたみたいな作りに、つきたて餅をくっつけた「だるまちゃんとてんぐちゃん」を思い出した。鼻息も荒く交通安全を啓蒙しているのだろうか?(交通事故死ワーストワンの地元愛知県警ならアリかもだが)


その男、副署長』の河原町署にも大きな交通安全ダルマがあったな

MOE(モエ)2017年3月号 付録だるまちゃんクリアファイル




ヘン!と言えば、化野念仏寺近くの店の前にあったコレがぶっちぎり!


子供が泣くわこんなん


小さいのもいるwオリジナル和装品の会社でした

『ゲゲゲの鬼太郎』に出てきそうな(妖怪相談所の妖怪だるま的な~)物件で、よっぽど観光客に尋ねられるのか(そりゃ訊くわな)、「日本一の良縁ヒゲダルマ」として親切に英語と中国語で説明・・・というよか「長寿、良縁にヨシ!」といった効能書きがあるだけで、何故?どうしてこうなった?的謂れ因縁的説明は無い。

(詳しくはわからないとのこと。目立ちまくりで「ちょっと店の人に聞いてみよう」となるから、店舗の差別化と客寄せにはなってるっぽい)


嵯峨鳥居本の通りは『赤い霊柩車シリーズ』で時折見かける


達磨の数と種類で勝負!は、JR山陰線円町駅近くの、その名もズバリ達磨寺こと法輪寺でした。(京都サスペンス突き落とされ階段ナンバーワンで、電電宮のある嵐山の法輪寺とは違う)


見どころは達磨堂






変わりダルマが色々あったが嵯峨野のヒゲダルマと同種は無かった


正面のでっかいのは賽銭箱代わりの「おさいせんダルマ」

達磨堂に奉納された数と多様性に感動・・・というよか、高齢両親が暮らす実家を、生活が、介護がしやすいように片付けている最中に、大量に出土した品と被りまくってて軽くめまいが・・・。


この辺実家にあるある物件

昭和レトロは好きだけど、干支にダルマに七福神にタヌキといった置物、埃だらけで長年うっちゃられた「縁起悪そうな縁起物」を始め、手入れも修理もされずに只「ある」だけの膨大なモノに心底参って体壊した(咳喘息&欝気味になった)から、以前のように素直に面白がれないの(´;ω;`)

護王神社のイノシシコレクションも同様で、「縁起物だから納めようね」と、老親をなだめすかして持ち出した品も多かろうと、穿った見方をしてしまうようになった自分がイヤ(ヽ´ω`)


作動しない


「こーゆーのどうする?」と同世代の友人同士で片付け情報交換

そういう負の感情抜きで見れば、そこここにダルマモチーフがあしらわれた面白いお寺さんで、お庭も綺麗でオススメです。(本堂2階には貴寧磨(キネマ)殿の名で、日本映画創業以来の関係者の位牌が並ぶ。)










ネズミの国の隠れミッキーみたい

京都観光ナビ・法輪寺(達磨寺)

ここは『和久峻三ミステリー 新・赤かぶ検事奮戦記(17)飛騨高山~京都~黒部、死体なき殺人!内部告発者の妻は危険な香り』(なげーよw)のロケ地でもあり、「会社が奉納した巨大ダルマに、殺害された取締役の死体が隠されていた」というエライことになっとりました。橋爪功がでっかいダルマを切り裂いて遺体を発見してたぞい。


おまけ

清涼寺(千本釈迦堂)前の自販機で見つけたご当地萌えキャラ。昨年夏に登場した鳥居本三姉妹ですって。ひばりちえみいづみって、いつの時代の三人娘だよ!?会社や業界団体の高齢エライさんへのアピールの為でしょうか?


いちいち自販機でドリンク買って変身するのか?

近畿自動販売機サービス「二次元」イメージキャラクターを初起用!



1/26 追記

達磨寺は他にもどこかで見覚えあると捜したら、『狩矢父娘シリーズ13・嵯峨野トロッコ列車殺人事件』でした。

  


Posted by いたのり at 15:31Comments(2)

2017年01月08日

幸運の四つ葉再び*四つ葉タクシー個人バージョン

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

新春にふさわしい「去年京都で撮った中で、最も縁起の良い写真」とネタをUPします。



再びご縁がありました!四つ葉タクシー!

今宮神社前で雨が降ってきたので停めたタクシー。あれ?なんか行灯(あんどん、タクシーの屋根に付いてる社名表示灯)に四つ葉が付いてるぞ?でも、以前乗ったヤサカタクシーとはだいぶん様子が違うような?(プリウスのエコタクシー自体は珍しくない)


ヤサカバージョン

「四つ葉タクシー・・・ですよね?」と運転手さんに尋ねたら、「四つ葉タクシーは四つ葉タクシーでも、個人で、ヤサカのは1400台中の4台ですが、この四つ葉は京都中探しても私の1台だけ!」という超希少種であることが判明。


♪四つ葉だ

(オバサンは知りませんでしたが)『AKB48 ネ申テレビ』というTV番組の番外編で、SKE48が、おぎやはぎから数々のムチャぶり司令を受ける「SKE学院京都修学旅行に行く」という企画がありました。



その中で「四つ葉タクシーを探せ」という司令があり、そこでSKEのコたちが「探しているヤサカのではないけれども四つ葉タクシーを見つけた!」と紹介されたと、(車内テレビで録画を見せてくれながら)乗車中色々と話してくださいました。

(『元ヤサカタクシーのドライバーさんが、許可を得て個人の四つ葉タクシーを運行している』と番組内で説明される。)


1時間06分から幸運のタクシー捜し(1時間15分辺りで登場)

これは凄い!写真を撮りたい!というオバサンの申し入れを快諾してくださり、上七軒の入口の広いとこ(ドラマの背景でたまに見かける北野天満宮東門の前)に停車して、貸し切り個人撮影会敢行!ありがとうございました。



「是非ナンバーを撮ってください!」とのことで、見ればヤサカ版より気合入ってて、「96-08」(クローバー)です!おお!これは撮らねば!!!


行灯の他にも四つ葉がいっぱいでお得感がある

実は以前は「42-80」(よつば)だったんだそうですが、乗客から「42」が縁起悪いとクレームがあったので、クルマを替えた際にナンバーもクローバーにしたんだそうな。こっちのが外国人観光客にもウケそうですね。


丁度雨も上って写真撮りまくり

ヤサカ版四つ葉タクシーに乗った時には、記念としてカードをいただいたと話したら、「うちもやってます。」と手渡されたのがコレ。


ヤサカ版より手作り感ある

「四つ葉タクシーだとわかってくださるお客様にだけ渡している」そうで、ヤサカタクシーでは乗車した途端に「おめでとうございます!」と運転手さんが寿(ことほ)いでくれたのを思うと、かなり謙虚です。

(つまり何も気がつかない何も言わなければ、普通のタクシーと同じで、オバサンの場合は「乗車する時に写真撮ってはったから、『四つ葉』わかってはるんやなと思った。」とのこと。)


ありがとうございました~お気をつけて~^^

上賀茂神社式年遷宮記念のヤサカ双葉葵タクシーは、見ることも乗ることも叶わなかったオバサンですが、ほぼ10年ぶりとは言え、たまーに訪れる京都で2回も四つ葉タクシーに、うち1回は個人版に乗るという幸運に預かることができました。ここで皆様にラッキーのおすそ分けをして、年頭のご挨拶とさせていただきます。



以前乗車したヤサカの四つ葉タクシーの話はこちら

※パクリまとめサイトなんかが大好物なネタなので、不本意ですが画像にウォーターマーク入れました。以前の四つ葉タクシーネタもNAVERまとめに転載されてるし、メンドクサイ世の中だなあ(´・ω・`)

  


Posted by いたのり at 21:14Comments(3)